澪「いや~トンちゃんが手伝いに来てくれて助かったよ」

トンちゃん「へい、大掃除ならまかせてくだせい!」

澪「じゃあ、まずはガラス拭いてくれ」

トンちゃん「へい、おやすいごようで。…あ!」パリーン

澪「おい!なにやってんだよ~!」

トンちゃん「すいやせん、なにしろあっしカメなもんでして…」

澪「…… しょうがない…そこの本棚整理しといてくれ…」

トンちゃん「へい、おやすいごようで。…あ!」ガシャーン

澪「おいおい…」

トンちゃん「すいやせん、なにしろあっし」

澪「カメだからってか?使えないカメだな…いったい何ならできるんだ?」

トンちゃん「そうですね、ダンナが太りすぎないようにおせちを全部あっしが食べることならできますよ」

澪「!」ベシ

トンちゃん「あいた!」

澪「はぁ…しょうがな…」




From澪
Sub ちょっと良いかな
梓?今ヒマかな?大掃除手伝って欲しいんだけど…



From梓
Sub 今すぐ行きます
大掃除ならまかせてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



澪「じゃあそのへんのものダンボールにまとめといてくれ」

梓「了解です!」

梓(はりきって来たけど、お腹すいたな~)

梓(ん?これジャムかな?もうほとんど無くなってるし、食べちゃって良いかな)

梓「パク! うえ!まず…これ腐ってるのかな…」

トンちゃん「あ、姉貴!それ食べたんですか!?」

梓「え?た、食べてないよ…」

トンちゃん「これはコウモリジャムって言ってですね、それはそれは恐ろしいジャムなんすよ」

梓(えぇ!どうしよう…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




律「あーダル…」

紬「ガーダル・スピンダルがどうしたの?」

律「…具合が悪い…」

澪「風邪か?」

律「そうみたい、先帰るわ~」

澪「じゃあな」バイバイ

律「え?そこは普通、私も律と帰る!とか言えよ!」

澪「え?何で?私は純と帰る予定なんだが」

律「ひでぇ女だ…もう私がどうなってもいいんだな…」

澪「そ、そういうわけじゃない!」

律「あ~こりゃ40度あるかも~帰り道で行き倒れるかもな…」

澪「…へ、へんなこと言うな!」

律「じゃあな…」ヨロヨロ

澪「まったく…」


梓「はぁ…はぁ…はぁ…」

澪「ん?梓、具合悪そうだな?」

梓「だ、大丈夫です…」

梓(喉が乾いたよぅ…血が飲みたいよぅ…)

澪「そう言ったって顔が真っ青だぞ?そうだ、梓確かネコに変身できるよな?」

梓「はぁ…できますが…」

澪「よし、それじゃあネコに変身して、律と一緒に帰れ。律が行き倒れたら助けてやってくれ」

梓「分かりました…」

梓「にゃーん」ドロン

梓「行ってきますにゃん…」

澪「頼んだ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



はぁ…はぁ…
ネコに変身しても喉の乾きが治らない…
うぅ…辛いけど澪先輩の言う事はちゃんと聞かなきゃ…

律「…」テクテク

律先輩発見!

律「…お、ネコじゃん」

げげ!いきなり見つかっちゃった…

律「おいでおいで」

どうしようどうしよう

律「ほら!ネコじゃらし~」

!!!

梓「にゃー!」ピョン

律「おぉ、反応した!可愛いなぁ」ヨシヨシ

あうぅ…反応しちゃったよ…

梓「はぁはぁ」

律「あれ?お前なんか具合悪そうだな?」

梓「にゃ、にゃー…」

律「よし!うちに来い!」ダキ

律先輩ってちょっと優しいところあるんだな…

梓「にゃー…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



律「ただいま~」

聡「おかえり~早かったね」

律「ちょっと熱出ちゃってさ~。それよりそれより! じゃん!」

梓「にゃ~…」

聡「うお! お姉ちゃんまた拾ってきたの? お母さんに怒られるよ~」ニヤニヤ

律「いいのいいの。だって具合悪そうなんだもん。」

聡「本当だ。大丈夫かな?」

律「明日になってもやばかったら病院連れてくよ。」

聡「姉ちゃんは病院行かなくていいの?」

律「私は自然治癒で治すから良いの!」ニヒヒ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



律「とは、言ったもののちょっとよろけるな…」トントン

大丈夫ですか?律先輩。ここの階段急だから気をつけて!

梓「にゃー」

律「ああ、大丈夫大丈夫、こんな階段ぐらいってうわ!」ズリッ

律「うわ~」ドターン

聡「大丈夫!?」

律「いてて…ちょっとすりむいちゃった…」

血!血だ!

梓「にゃうぅ…」

律「ど、どうした?」

だめだ…我慢できない!

梓「にゃぁ!」ペロペロペロ

律先輩の血おいしいにゃん!最高にゃん!

律「ちょ、くすぐったいよ、あはは」

梓「フンフン」ペロペロペロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



律先輩の血おいしかったな…また飲みたい…

律「はー風邪引くわ、ケガするわで踏んだり蹴ったりだな…」

梓「にゃー」

律「ん?お前はもう治ったみたいだな。よしよし」ナデナデ

律「まぁ今日は寒いからウチにとまっていきな。あ、メールだ」



From澪
Sub 
無事に帰れた?



From律
Sub おう
バッチシよ!なんだよ心配だったら付いてくればよかったのに~(笑)



From澪
Sub そうか
ネコが居たら、帰っていいぞって言っといてくれ。じゃあな



律「そっけないなぁ。てか何でネコのこと知ってんだろ」

梓「にゃん?」

律「澪がさ、お前にもう帰っていいぞーだって」

梓「にゃん」スク

ミッション終了ですね。わかりました。

梓「にゃ~」カリカリ

律「ん?外出たいのか?まだ居ても良いのに」

梓「にゃ~」カリカリ

律「分かった分かった」ガチャ

それじゃあ、律先輩。血舐めさせてくれてありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



11