澪「純!死なないで!純~~~」

あ、澪先輩が呼んでる…

澪「うわーん…」グスグス

純「だ、大丈夫ですよ…」ヨロヨロ

澪先輩、私の血たくさん飲んで正気に戻ったんですね?
良かったよかった。

澪「ごめん純~!!」

純「ち、ちょっと保健室行ってきます」

澪「一緒に行くよ!」

純「そんな血まみれの顔で行ったら、澪先輩がやったってばれちゃいますよ」クスクス

澪「で、でも!」

純「澪先輩はこの血まみれの床掃除しといてください」

澪「分かった!」

純「よしよし」ナデナデ

純「じゃあいってきます」ヨロヨロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



澪「失礼します3年2組の秋山です」ガラガラ

保険医「鈴木さんのお見舞いかな?」

澪「はい。」

保険医「ネコに襲われたんだって?君は大丈夫なのか?」

澪「?」

保険医「あれ? 君もその場にいたのでは?」

純「私だけに噛み付いたんですよ~。ネコにまでモテちゃって大変です♪」

澪「純!大丈夫か!?」

純「はい!バリバリです!」

保険医「動脈切られて、冗談言えるとは…というかもう塞がっているか…」

純「私回復力ハンパないですから!特に最近は!」

澪「純~!」ダキ

純「み、澪先輩…!」

保険医(爆発しろ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




澪「今日はほんとうにごめんな…」

本当に本当に本当に申し訳ない。もう爆発したい…。

純「あはは、良いんですよ。ある意味最高の愛情表現ですから!」

愛情表現…そうとらえてくれる純はお人好しだな…
あんなのただの欲望からなのに…
でも…

澪「ずっと純に会いたかった…」

純「ふふふ、私もです。ねぇまだ再開のキスしてないですよね?」

再開のキス…純はそういうの好きだな。

澪「ふふ、再開のキスしようか。…」チュ

純「ん… へへ。ねぇ先輩、目逸らさないでこっち見て?」

澪「な、なんだ?」

純「あのね、先輩が私の血に飽きたら私のこと殺してくださいね。」

澪「え、な、なに言ってるんだ!?」

純「先輩に執着されないなら死んだほうが良いです…お願い…グス」

澪「大丈夫だよ…絶対にそんなことないから…だから泣くな」ギュ

純「先輩…」ギュ

大丈夫だよな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




6月14日

朝起きたら、喉の乾きが完全に無くなっていた。
こんなに気分がいいのはいったい何十日ぶりだろう。
あのコウモリジャムとかいうののせいで、最近ずっと異様な乾きに襲われていたせいだな。

あぁ!太陽があんなに美しい!今日は良い詩が書けそうだ!
こんなに世界が美しいだなんて…
もう2度とあんな乾きの世界に戻りたくない。



From梓
Sub すいません
今日ちょっと具合悪くて…先に帰ってます…



唯「あずにゃん大丈夫かな~?」

律「あいつ最近すげー元気良かったのにな。まぁ大丈夫だろう」

唯「てきとーだよー」

律「それより、こっちのカメの方がヤバイんじゃないか?」

紬「死にかけね…」

澪「動物病院に連れていったほうが良いんじゃないか?」

さわ子「大変よ!」

律「どったの?」

さわ子「梓ちゃん死んじゃった!」

唯「へ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




唯「うわーん!!!あずにゃーん!!!」

律「マジかよ…なんでこんな急に…」

澪「安らかな死に顔だな…」

紬「ねぇ澪ちゃん。もう気づいてるでしょ?ちょっとこっち来て」コソ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




澪「私が治ったから梓が死んだのか…」

紬「そうよ、だからコウモリジャムを全部食べて」

澪「食べたらどうなるんだ?」

紬「良いから食べてよ」

澪「教えてくれよ、どうなっちゃうんだ?」

紬「永遠に血が欲しくなる…」

澪「じゃあ食べない」

紬「あ、梓ちゃんに戻ってきてほしくないの!?多分トンちゃんも死んでるわよ!?」

澪「一生私の言う事聞かなきゃいけないんだったら、さっさとくたばった方が良いんじゃないか?まぁカメはちょっと気に入ってたから残念だけど。」

紬「バカ!!あんたが殺したくせに!!」

澪「殺した人間としてもう生き返らせないほうが良いと言ってるんだ…最善の選択だ」

紬「!!」バシン

澪「…叩いたって知らん。あんな地獄はもうごめんだ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



9