唯「ねぇいつまで部室に居るの~?バス行っちゃうよぉ」

澪「嫌だー!離れたくないよー!」

純「澪先輩…諦めてください…」

律「そうだ!諦めろい!」グイグイ

澪「離せー!」グスグス

梓「澪先輩が嫌がってるじゃないですか!離してください!」

律「ちょっと!邪魔すんな!」

トンちゃん「ギャオオオオオッス!!」

律「ひぃい!」


紬「こら!澪ちゃんいい加減にしなさい!」

澪「うぅだって…」

紬「だってじゃない!このままだと修学旅行行けないでしょ!?」

澪「そうだけど…」

純「澪先輩!おみやげ待ってます!」

澪「うぅ…行ってきます…トンちゃんと梓、しっかり護衛しとけよ。」

梓、トンちゃん「了解!」



律「おい!いつのまに佐々木と出来てたんだよ!」ツンツン

澪「う、うるさい!ていうか鈴木だぞ!」

律「教えろやい!このこの!」ツンツン

澪「り、律には関係無いだろ!」

律「だよね…」

紬「りっちゃん落ち込まないで…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



憂「ねぇこのカメなに?」

梓「トンちゃんだよ。見たことなかったっけ?」

憂「いや、前見たときはもっと小さかった気がする。」

梓「成長したんだ~。」

純「ていうか、ひとんちにカメ持ってきちゃっていいの?」

トンちゃん「すいやせん…」

憂「いいよいいよ。たくさん居た方が寂しくないし…」

梓「だよねー。あ、唯先輩からだ、あはは楽しそうだね」

憂「ほんとーだーなんで私にメールしないんだろうねー」

梓「さぁね。あはは」


純「あ、澪先輩からだ…」



From澪
Sub 寂しいよ~!
こんなことなら純を無理やり連れてくれば良かった(泣)



純「おいおい…」

梓「澪先輩はなんて?」

純「た、楽しいって!」

梓「良かった~!!」グッ

憂「梓ちゃんは澪先輩のこと好きなの?」

梓「好きっていうかー信仰しているというかー」

純「私も澪先輩好き!」

憂「そうだよね~純ちゃん1年の時からファンだったし」

純「そう!梓とは年季が違うの!」

梓「なに対抗意識出してんだよ~」グリグリ

憂「競っちゃう純ちゃん可愛い~」

純「だって本当だもん!」フン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



純「…」カチカチ

憂「ふぁ…あれ?純ちゃんまだ起きてたの?」

純「だって澪先輩が寝かせてくれないんたもん…」

憂「メールで完撤しちゃう勢いだね」クスクス

純「ほんとにそうなるかも。あの人寝ないからな…」グスグス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1日目
From澪
Sub 喉が…
純…喉が乾いてきたよ…



2日目
From澪
Sub 血
血 血が飲みた イライラ 律ぶん殴った



3日目
From澪
Sub あ
ちのみたい のみたい じゅん



純「澪先輩かなりきてるな…」



どうも!修学旅行から帰ってくる澪先輩を待っている純です!
なんだか禁断症状?が出てるみたいで、ちょっと不安です。


あ、またメールです。
ん?琴吹先輩からだ。



From琴吹
Sub 逃げて!
純ちゃん逃げて!



えぇ!?逃げろって…
とりあえずトイレに隠れとくか。



純「なんかホラー映画でやっちゃいけないことの定番やっちゃってるし」クスクス

澪「そうだな」


!!


純「み、澪先輩もう帰ってたんですか?」

澪「あぁ、バスがトロいから先に帰っきてしまったよ…」

純「えーっと、澪先輩なんか目赤いですね…」

澪「あぁ、これはなどこでも純を見つけるためだよ…」

純「なんか、歯も伸びてません?」

澪「そう、これはな…こうするためだ!」ガブ

うぎゃー!!澪先輩!手首に噛み付かないでください!

純「せ、せんぱい…ど、動脈いってますって…」ドクドク

澪「ンフー!ンフー!」ゴクゴ

あぁ…視界が暗くなってきた…
でも、一生懸命私の血飲んでる澪先輩可愛いな…

純「…」ナデナデ

澪「ジュルジュル」

GAME OVER って感じだ…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



8