純「家別方向なのにここまで送ってくれてありがとうございます!」

澪「良いよ、帰り道で純になにかあったら大変だし…」

結構血抜いちゃったからな。ぶっ倒れられたら大変だ。

純「先輩男前ですね…もっと惚れました!」

単純な女だな。

純「あ、あの…お別れの…」

澪「お別れのキスか? …ん…」

純「…あ、ありがとうございます…ふふ、先輩顔真っ赤…」

澪「い、良いだろ別に…」カァ

純「可愛いですよ!それじゃあ、また明日!」バイバイ

澪「ああ…」バイバイ

澪「さ、帰るか…」テクテク

澪「…」テクテク

澪「う…うぅ…」


うわーー!!!!!!!!恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい!!!!
私は血が飲みたいだけなんだからな!そのためにやってるだけなんだからな!!
くそーー!!!!恥ずかしくて死んじゃうよーーー!!!!



澪「うわー」ジタバタ



梓「澪先輩!」

澪「!! …びっくりしたー…あ、梓…見てたのか?」

梓「純になんてことしてるんですか!!」

澪「お、怒るなよ…お互い同意してやってるんだから問題無いだろ…?」

梓「大ありです!純が澪先輩好きな気持ちにつけこんで…ひどいです!」

ちっうっせーな…

梓「軽音部のみなさんにバラしてやる!」

澪「は? おい梓やっていいことと悪いことがあるぞ!」

梓「澪先輩が純を傷つけるのはいいこと何ですか!」

澪「良いんだよ!」

梓「バカ!!マジキチ!!」

澪「ま、マジキチって…! 吸血病の人に謝れ!」

梓「うるさい!変態女!」

梓…短い付き合いだったな…

澪「トンちゃん!殺れ!」

こんなこともあろうかと、トンちゃんを背中に貼りつけておいて良かった…

トンちゃん「キュイー!!」


梓「ふん!」ベシ

トンちゃん「ぎゃひ!」

澪「おい!トンちゃんをギターケースで殴るなんてひどいじゃないか!」

梓「ふん、カメなんかどうだって良いじゃないですか…」

澪「たかだカメと侮るなよ…?」

トンちゃん「う、うぐぐ…ギャオオオオオッス!!!!」

梓「トンちゃんが大きくなった!」

澪「さぁトンちゃん、たっぷりお食べ。」

梓(やば…)


梓「と、トンちゃん?トンちゃんはそんなことしないよね…?」ビクビク

トンちゃん「……」

梓「トンちゃんは私の大切な後輩…トンちゃんが居れば先輩達が卒業しても寂しくない…」

トンちゃん「……」

梓「トンちゃんは私のことどう思う…?や、やっぱり嫌な先輩だったかな…」

トンちゃん「う…グス…」

梓「ごめんね…嫌な先輩で…さぁ食べて…いいよ?」グス

トンちゃん「そ、そんなことない!姉貴は最高のお方でやんした!」

梓「トンちゃん!」ギュ

トンちゃん「姉貴!」ギュ

ちっ使えないカメだ!


澪「どけトンちゃん!このチビ女がぁ!」ザク

梓「ぎゃあぁ!な、なにするんですか!」

澪「死ね!死ね!」ザクザク

梓「痛い痛い! この!」バイーン

澪「ぎゃぁ! 梓!先輩をギターで殴るとはどういう根性してんだ!」

梓「うるさいです!このままだと殺されちゃいます!」バイーン

澪「ぐは!…いい加減にしろ」ガシ

梓「あぅ…い、たい…痛い痛い痛い! 手離してください!」


澪「ふふ、痛いか?じゃあもっと痛くしてやるよ、ほら!」ボキ

梓「ぎゃぁぁ!」ジタバタ

澪「ごめんなー梓ぁ しばらくギター弾けないなぁ」ボキバキ

梓の手はちっちゃくて折りやすいなぁ。
私もこんな手が良かったな。

梓「ひやぁぁ! み、澪先輩…指はやめ…」

澪「なに?なんか言った」バキビキ

う~ん、いい音だ。いい詩が書けそう。

梓「!!!…ひ…ひ…」ビクンビクン

普段の梓もこんくらいおとなしかったら可愛いのに。



澪「別にどこ折られようが関係無いだろ? だって梓はもう死ぬんだから…」



梓「…え? …嫌だ…死にたくないよぉ…」ガクガク

澪「ごめんな」

梓「嫌だ~…うわ~ん!」ビシャー

澪「あはははは! 見ろよトンちゃん! こいつおしっこ漏らしてやがる!」

トンちゃん「へ、へい…」

梓「痛いよぉ…死にたくないよぉ…お母さん助けて…」

澪「あんたのママは助けに来ないよ!ガブ!」

梓「あぐぅ!…ぐ…」ドバー


ふふふ、やっぱり頸動脈はたくさん血が出るなぁ

梓「ぐぅ!…ブクブク…」ビクンビクン

澪「はは!ブクブクだって!トンちゃんの水槽みたいだな!」

トンちゃん「へ、へい…」ビクビク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



梓「…」

澪「あれ?もう死んじゃったのかな?」ゲシゲシ

トンちゃん「あ、あのダンナ…梓さんの血は飲まないんで?」

澪「あー?こんな性格の悪いやつの血なんか飲んでられっかよ!さっさと埋めて帰るぞ!」

トンちゃん「へい…」

澪「お前はへいしか言えねぇのか!」ベシ

トンちゃん「へ、へい…」



5