律「そこだアリゲイツいけー!……よっし、レギュラーバッジゲットだぜっ!」

 澪を起こす時間まで暇だったので、私は先程のおもちゃ箱の中に眠ってたゲームボーイをやっていた。

 しかし久々にやると楽しいな…これ……。 このままじゃ、受験勉強そっちのけでポケモンマスターになりかねないな。

 いっそ、ポケモンマスター目指そっかなぁ…


律「…っと、そろそろか」

 現実逃避もそこまでにして、澪を起こす時間が来た。

 私は澪の身体をゆすり、そっと起こしてみる。


律「お客さーん、閉店ですよー?」

澪「んんん……あふ…」

 一言二言声をかけて身体をゆすったら澪は簡単に起きた。

 さすがと言うか…目覚めが早いやつ…。


澪「今、何時…?」

律「10時、良かったら家まで送るよ?」

澪「ありがと……でも、それじゃ律の帰りは…」

律「私はいいって、自転車でちゃちゃっと帰るからさ」

澪「…そっか……っ…ん~~~っ…と…!」

 そして澪は思いっきり伸びをして、意識を覚醒させる。


澪「…ふぅ…よしっ、帰って勉強しよ」

律「頑張るねぇ…」

澪「律だってやるんだからな?」

律「はいはい、わかってますよぉ~」


 そして澪は帰り支度を整え、私は自転車を鍵を手に外に出たんだ。


 …その夜道の事。

澪「そう言えば…思い出したよ」

律「何を?」

澪「あのヒマワリのヘアバンド、あれ、私が律の誕生日にあげたやつだったんだよな」

律「そうそう、やっと思い出したか」


澪「うん、確かあの頃…少ないお小遣いを集めて、律に似合いそうなやつを選んで買ったんだ、懐かしいなぁ」

律「…ああ、確かあれで喧嘩もしたんだっけ…なんだか、懐かしいよな」

澪「あー、そんな事もあった……ってか、今にしてみればあれは律が悪い、男子の挑発に乗って、せっかく私が上げたヘアバンド捨てるんだもん」

律「む~。 今更いじめる事ないだろー?」

澪「ふふっ…それもそっか、ごめんごめん」

律「……でもさ、あれから私達、いっつも一緒だったよな」

澪「ああ、確かに…な」

律「中学入って同じクラスになって…高校でもそう」

澪「なんか、大学生になって…大人になっても私達、ずっと一緒な気がする」

律「はははっ、違いない」

 …そう、これからもずっと、私と澪は一緒なのだ。

 私のバカに澪がゲンコツで突っ込み、私が恥ずかしがり屋の澪を引っ張って…そうやって、持ちつ持たれつでやって行くんだ。

 …それは、どっちかが結婚して、母親とかになっても変わらない。

 これから先何十年、私と澪はきっと…変わらないんだ…。



澪「じゃあここで、またな」

律「ああ、またなぁ~」

 澪の家に着き、軽く別れの挨拶を済ませ、私は自転車を漕ぐ。

 吹きつける夜風は適度に身体を冷やし、それがとても心地良い。

 …ペダルも何故か今日は軽く… 私は一人、上機嫌に家路を疾走するのであった…。


―――――――――――――

律『澪、中学生になってからもよろしくー!』

澪『うん、こっちこそよろしくな』

律『さっそくだけど、部活どうする? 澪はもう入る部活とか決めた?』

澪『いや…それがまだでさ』

律『じゃー、一緒に部活見学行こうっ!』

澪『うん、どこ行こうか?』

律『…まずは、オカルト研究部って所があるからそこに…あ、でも、カエルの解剖ショーとかやってる生物部もいいかなぁ…』

澪『ごめん…私、やっぱり一人で行く…』

律『じょ、じょーだんですよぉ澪ちゃぁーん!』

―――
――

澪『…………っっっ』

律『ほら、先輩来たよ? 手紙とチョコ、渡すんじゃなかったのかぁ?』

澪『律…お願いっ! 私の代わりにコレ渡して来て!!』

律『いや、それ意味ねーから!!』

澪『………ぅううぅぅぅ…』

律『しゃーねーな…私が先輩呼んでくるから、澪、あとは自分で何とかしろよ??』

澪『ちょっ! 律…!!』

………………。

先輩『えっと…たしか君、2年生の…』

澪『せ…先輩っっ!! わ…私の詩、聞いてください!!』

律『…澪……?』

澪『すぅぅぅ………『わ…私の白馬の王子様へ…』!!!』

先輩『…え?』

律『澪ーー!!! そんなでっけえ声でそんな手紙読み上げるんじゃねえええ!!! 人が見てるだろーーー!!!!』

―――
――

澪『ほら律、またここの公式間違ってる! ここ2年生でやったろ?』

律『そんなの覚えてないよーー…』

澪『絶対に桜高受かってバンドするって言ったの律だろ? もう少しだけやってみようよ?』

律『…そうだった……! 澪!もっかい教えてっ!』

…………………

律『合格発表かぁ…あ、あの子、泣いてる…』

澪『………私達は…大丈夫…だよな?』

律『だーいじょーぶだって! あんだけ勉強頑張ったんだし、絶対受かってるよ!』

澪『…ああ、そう……だよな……』

律『じゃあ……行くぞ……!!』

澪律『…………………』


澪『……う…そ……っ』

律『わ…私…たち……』


『―――受かってるーーーー!!!!!』


―――――――――――――――

 その日見た夢はとても暖かく、また懐かしく、私の心を優しく包んでくれていた。

 …出来る事なら、この夢がいつまでも見られたら良かったかな…。



 それから数日、久々にみんなで学校に集まった土曜日。


律「おいーっす、みんな久しぶり~」

唯「りっちゃんやっほー、あれ? 今日はなんか雰囲気違くない?」

梓「そういえば…何だか今日は女の子らしいって言うか…あっ…」


 己の失言に口を塞ぐ梓だけど、もう遅かった。

律「む…梓はあとで居残りな」

梓「す…スミマセン…」


紬「ほら、きっとあれよ、りっちゃんのヘアバンド…」

律「うん、へへへっ…どうかな? 子供の頃によく付けてたやつなんだけど、今でも似合ってるかな?」

紬「ええ、可愛らしくてとっても似合ってるわー」

唯「おっきなひまわり…なんだか、元気ですごくりっちゃんらしいねぇ~♪」

律「だろだろ? やーっぱ今も現役で行けるんだよな、これさ」


 …そう、今日は小学生の頃に澪がくれた、あの思い出のヘアバンドを付けて学校に来たんだ。

 確かに最初は少し照れがあったけど…一回つけちゃえばもう気になんかならなかったな。



澪「みんな久しぶり……って、りーつ…そのヘアバンド……」

律「いやぁ~、たまには付けなきゃと思ってさ~」

 後から遅れてきた澪が開口一番、私の頭を見て呆れていた。


澪「一緒にいると私まで恥ずかしいからそれはやめてくれ」

 そう言いながら、澪はひょいと私のヘアバンドを取ってしまった。


律「あー澪、何で取るんだよー?」

澪「ほら、代わりにコレ」

 と、澪は鞄の中から包装紙に包まれた箱を手渡す。

 やや小さめの箱だけど、その包装紙には、どこかで見覚えのあるブランドのロゴマークがプリントされていた。


律「…これは?」

澪「多分似合うと思うけど…プレゼントだよ、誕生日の」

律「…あ、ありがとう…」


唯「あー、そういえば、今日はりっちゃんのお誕生日だったねぇ~」

紬「実は私も用意して来たのよ、あとで渡すわね」

梓「澪先輩、何を買ったんですか?」

澪「それは、開けてみれば分かるよ」


律「何だろーなー…」

 包装紙を丁寧に開け、私はその中身を取り出す…。

 …なんか、10年ぐらい前にもあったな、この光景……。


律「…わぁ~…!」

 そうして箱から出て来たのは、有名ブランド会社のカチューシャだった。

 きめ細かいデザインが全体に施されてて…えっと、これは宝石かガラスか何かか…? 所々にうっすらキラキラしたのが付いてて…。

 ぱっと見だけでも、決してそれが安物では無い事を十分に伺わせる造りをしていた。


律「ね…ねえ、付けても良い?」

澪「ああ、多分似合ってると思うけどな…」

 澪の気持ちに感激し、私は早速それを頭に付けてみる。


澪「ん~、ちょっと律には大人すぎたかな…?」

唯「でもでも、さっきのヘアバンドと違って、今度は綺麗に見えるよぉー♪」

紬「大人っぽいわぁ…澪ちゃん、りっちゃんに似合うのをよく知ってるのね~」

澪「そりゃ…10年近くも一緒にいれば…な」


律「澪、ありがとっ!」

澪「そんなに感激されるとなんだか照れる…、でも、律が喜んでくれて良かったよ」

律「これ、一生の宝物にするよ…!」

澪「ああ、大事にしてやってくれ」


紬「なんか…いいわねぇ…」

唯「レズレズだねぇ~♪ えへへへっ」

梓「…唯先輩、意味分かって言ってます?」


 ってやり取りがあり…

律「さてと…じゃあ行きますか…!」

 私はみんなに振り返り、号令を飛ばす。

澪「ああ、今日は久々にみんなで…」
梓「演奏ですよねっ! 私、ずっと楽しみだったんです!」

律「の前に、ムギー、お茶~」
唯「私も~♪」
紬「は~い、ちょっとまっててね~♪」

澪梓「ずるぅ!」

澪「って! 練習するんじゃないのか!!」

梓「そうですよ! 律先輩あんなに気合いたっぷりだったのに!」

律「いやだってさ? ムギのお茶も久々だし…」

澪「ったく……おまえは18歳になっても変わらないのな…」

律「でもでも、それがあたしのいいところ…じゃない?」

澪「…まぁ…間違いないけどさ………」

律「あははっ♪」

紬「みんなー、お茶とケーキが用意できたわよー?」

 そうこうして数分もしない頃、ムギのお茶が出来上がった。

 それと共に美味しそうなケーキの香りが部室に漂い、久々に『部活』をやってるって実感が沸いて来る(なんて、澪や梓に言ったら怒られそうだけどな)



唯「それじゃーりっちゃん!」

紬「りっちゃん、お誕生日…」

唯「おっめでとーー!」
紬「おめでと~♪」
梓「おめでとうございますっ!」
澪「おめでとう」


律「みんな……へへへっ…! あっりがとーーーーーー!!!!!!」


 …一段と暑い夏の日差しが部室を照らし、いつものお茶会を兼ねた、私の誕生日会が始まる。


 窓の外を見ると、花壇には大きなヒマワリの花が、夏の太陽に照らされて元気に咲いていた。

 なんというか、まるでヒマワリの花も、一際輝く夏の日差しも…綿飴みたいな入道雲も、私の誕生日を祝福してくれるように思えた。


 私達の夏は終わらない。

 それと同じように、ここにいる私達の友情も……いつまでもいつまでも、終わる事はなさそうだった…。



 律「思い出のヘアバンド」 おしまい。