―――――――――

 それからの事は、正直いまいち覚えていない。

 でも、怒り任せに澪を突き飛ばし、そのまま私は走って家に帰り、部屋で一人、悔しくて泣いていた…そんな記憶だけはあった。




律「……はぁぁぁぁ………」

律(仕方ないとはいえ……あの時ゃ相当に子供だったなぁ…ま、今もだけどさ………)

 今にして思えば、当時の自分を張っ倒してでも変えたい過去だ…。 なんでああなっちゃったんだろ…。


澪「………くー…くー…zzz」

 後ろのベッドを振り返ると、幸せそうな顔で寝息を立てる澪の姿が映る。

律「ったく…はだけてるってえの…」

 はだけたタオルケットをかけ直し、またも私はヘアバンドを見つめ、続きを思い返していた…。

 それからしばらくの間、私も澪も…お互いに一言も口を交わす事は無かった。

 休み時間、遠目に澪を見ると、あいつは前と同じように一人寂しく本を読み…、私も澪の事を忘れようと友達と遊んではいたけど…それでも…それで心が満たされるなんて事は無かった。


 …いつも澪と登下校してた通学路。 2人でお喋りをしてたらあっと言う間だった道のりだが、一人で歩くその道はやたらと長く、友達と仲良くお喋りをしながら歩く同級生がどこか羨ましかった。

 家から学校までの数分…当たり前の様に歩いていた道のりが、その時は嫌に長く感じられた…。



律「ただいまー」

律母「りっちゃんおかえり、おてて洗ってきなさーい」

律「はーい!」

聡「おねーちゃんおかえりー」

律「さとし、あとでおねーちゃんとあそぼっ♪」

聡「うん、いいよー」

 まだ幼く、舌っ足らずな弟と一緒に私はゲームで遊ぶ。

 そういやこの頃はすごく小さくて可愛げあったな、あいつ。


聡「ぴかちゅ、ぴかちゅ♪」

律「えーい、じゅうまんボルトだ~!」

聡「おねーちゃんすっごーい」

律「えっへんっ!」


律母「そういえばりっちゃん、澪ちゃんから貰ったヘアバンドどうしたの? お母さんせっかく洗ってあげたのに」

律「あれはもういいのー」

律母「あら、澪ちゃんと喧嘩したのかしら?」

律「みおちゃんなんかしらないもんっ」


律母「あらあら、早く仲直りしなさいよー?」

律「むぅー、わたし、おへやいってるもん」

律母「はいはい…もうじきご飯が出来るから、すぐに降りてくるのよ?」

律「はーいっ!」


 せっかくポケモンに夢中だったのに、母の些細な一言で澪の事を思い出した私は部屋に戻る。

 そして、散らかった勉強机の上に置いてあったヘアバンドを見て…。


律「……ふんだ、みおちゃんなんか…みおちゃんなんか……」

 子供らしく、いつまでも意地を張っていたっけ…。



 ―――多分、その時はもう、喧嘩の理由なんかどうでも良かったんだ。 むしろ、早く澪と仲直りがしたかったんだ。

 でも、たった一言、「ごめんね」って言う事がすごく恥ずかしくて、言い辛かった。

 …私が謝っても、きっと澪は許してくれないし。 私が仲直りをしようとしても、きっと澪は仲直りなんかしてくれない。


 そう一人で勝手に思い込み、私は自分から謝る事が出来なくなっていた…。


 …怖かった、あれ以上澪に拒絶される事が…その時の私には溜まらなく怖かった……。

 だから、無理して意地になって、嫌いになろうってして…、でも、どうしてもそれが出来なくて…。


律「…ぐすっ……みおちゃんなんか…みおちゃんなんか……っ…ふぇ…っ…えぐっ…」

 澪がくれたヘアバンドを抱きしめて…私はただ、泣いていた…。


 …それから、モヤモヤしたままの気持ちで私は日々を過ごしていた。

 相変わらず澪とは会話を交わすことも無く…たったそれだけの事で、学校がすごくつまらなく思えて…。

 友達と話すことも、休み時間も、ただ退屈なだけだった…。


 そんな、ある日の放課後だった。

 いつものように私は校庭の端にある遊具で日暮れまで友達と遊び、一人で下校道を歩いていた。

 …その下校途中、いつも通る公園を過ぎようとした時、そいつを見かけたんだった…。


律「みお…ちゃん?」

 ブランコの辺りで、澪が3人の男子生徒に絡まれているのを見かける。

 …絡んでいるのは、隣のクラスで有名な、悪ガキ3人組だった。


澪「やめてっ! か、かえしてっ! そのごほん、かえしてっ!」


男子A「ほらほら、かえしてほしかったらここまでおーいでっ!」

男子B「秋山ー、そんなんじゃいつまでたっても取り返せないぞー?」

男子C「あははっ! ほら、こっちこっち!w」

澪「や…やめてーっ! おかあさんがかってくれたごほんに、らんぼうしないで!」


 その男子らは、本をボールか何かのように放り投げてはキャッチし、澪に取られない様に遊んでいる。

 そして澪は…泣きながら必死に本を奪い返そうと男子達を追いかけて…転んでいた…。


澪「えぐっ…ひっくっ……ううぅぅ…っ…うわぁぁん…!」


男子A「あーあ、なーかせたww」

男子B「それ、おまえだろーw」

男子C「ホラホラ、早く来ないとコレすてちゃうぞー!」


律「……………」

律「みおちゃんなんか……もう……」

 しらない…、そう思って帰ろうとした…。

 でも、泣いてる澪の顔が頭から離れなくて……それで………。


『―――…たすけ…て………』

 たった一言…『助けて』と言うあいつの声が聞こえた…気がした…。

律「……………」

――――――――――――――――――

男子「ほら、こっちこっち……!」

律「―――でやああああああああ!!!!!!!」

 勢いよく助走をつけ、私は無防備な男子の背中にライダーさながらのキックをぶちかます。

男子A「…どわぁっ!!!」

 真後ろからの攻撃にたまらずぶっ倒れ、地面に顔を擦り剥く男子。

 もう、四の五の言ってなんかいられない…。

 これ以上澪の泣き顔なんか見たくなかったし… 私は何より、澪よりもずっと力の強い男子が、揃いも揃って澪をいじめて泣かしているのが…それが一番許せなかった…。


男子B「な…なんだ??」

律「おまえら、みおちゃんを………いじめるなあああああ!!!!」

 大声と共に私は泣いてる澪の前に立ち、眼前の男子を威嚇する。

澪「りっ…ちゃん……?」


男子A「いてててて…な、なんだよ! おまえ!!」

律「みおちゃんをいじめんな! その本、返してやれ!!」

男子C「なんだよ秋山の友達か…なまいきだぞおまえー!」

 怒った表情の男子が私に向かって来る。

律「えいっ!」

 私はすぐさま足元を蹴り上げ、地面の砂を男子の顔目掛けてぶつけてやる。

男子C「うわっ! 砂かけなんてひきょうだぞ!」

律「うっせー! 3人でみおちゃんのこといじめてるおまえたちだってひきょうだろ!」

男子B「こいつ…! やっちまえー!」

律「このーーー!!」

 ―――あとはもう、無我夢中だった。  私は男子の髪を引っ掴み、転ばせ、引っ掻いて噛み付いて、とにかく暴れた。

 そして…。

男子「ちっ、お…おぼえてろよ!」

 私に勝てないと思ったか、男子達は本を残して逃げ帰って行く…。

 決して無傷とは言えなかったけど、とにもかくにも、私は澪を守ることが出来たんだ…。

 そして…砂にまみれた顔を拭き、私は澪に向き直る。

律「みおちゃん…はい、たいせつはごほん、とりかえしたよっ!」

澪「りっちゃん…………」

律「すこしよごれちゃったけど…こうすれば…はい、きれいになったっ♪」

 砂で汚れた本を軽く払い、澪に手渡す。


澪「あ…ありが…とう……」

律「えへへっ、わたし、おとなになったらライダーになろっかな、なんちゃって♪」

 いつも通りのトーンで私は澪に話しかける。

 その感覚がどこか暖かくて…私は、自然体で澪に話しかけているって事がすごく嬉しくて…。 とにかく、喋り続けていた…。


律「へへへっ、わたし、かっこよかったかな」

澪「…どうして?」

律「ん? なにが?」

澪「どうして、たすけてくれたの?」

律「どうしてって…」

澪「わたし…りっちゃんにあんなにひどいこといったのに……もうしらないって…だいっきらいっていったのに…」

 溢れそうな涙を堪えながら澪は私に聞いてくる。 それに私は少し俯き…一言、言葉を紡ぐ。


律「………んんん…みおちゃん、ないてたから…かな?」

澪「わたしが…ないてたから?」

律「うん…そう、みおちゃんがいじめられてたから…みおちゃんをまもらなきゃって、おもって…」

澪「……そう…だったんだ……っ…」

澪「ありがとう……りっちゃん…たすけてくれて、ありがとぅ…っ!」

 涙を堪えきれず…ただただ、泣きながら感謝の言葉を上げる澪…。

 それを見ながら私は、言わなければいけない事を言うべきか、迷っていた……。


律「……………………」

律(いわなきゃ…ごめんねって…あやまらなきゃ…)

 考えてても仕方ない、私は一呼吸置き…ごくりと唾を飲み込んで、澪に向かって言った…。


律「みおちゃん…ごめんね……、わたし、みおちゃんにひどいこといっちゃった…」

律「ごめんなさい…っ!」


 ―――言えた。

 長いこと言えなかった言葉…。 言いたくてもつい意地になって言えなかった、謝りの言葉。

 それは簡単なようでとても難しい、謝罪の言葉…。 でも、とても大事な、誠意の言葉―――。


 …でも、それを言ったからといって、澪が私を許してくれるとも限らない……。

 また、あの時の様に怒って私を拒絶するんじゃないか…それを考えると…その時の私は、どうしようもないくらいに怖くなっていた…。


澪「りっちゃん……」

律「ごめんね…みおちゃん…」

澪「そんなこと…ないよ……わたしだって…わたしだって…っ」

澪「わたしだって…りっちゃんにひどいこといったもん! いけないのはわたしなの、りっちゃんはわるくないの!」

律「みお…ちゃん…」


澪「ごめんなさい…ごめんなさい……あのヘアバンド…かわいくて…おっきなひまわりさんが…りっちゃんみたいだとおもって…でも、りっちゃんがひまわりさん、きらいだって…しらなくって…」

律「そ…そんなことないよ! わたし、みおちゃんのプレゼント、すっごくうれしかったんだよ?」

澪「ごめんね…わたし、なにもしらなくて…ごめんねぇぇ…っっ」

律「わたしだって…わたしだって…ぅぅぅ…っ」


律「ごめんね…みおちゃん、ごめんねぇ……っ!」

澪「りっちゃん…りっちゃん…っっ…ぐずっ…えぐっ…!」

 …気付けば私も澪に釣られて、泣いていた…。

 お互いに抱き合いぐちゃぐちゃな顔で泣き、そして最後には…笑っていたっけな…。


律「みおちゃん…なかなおりしよ♪」

澪「うん! りっちゃん…これからもずっと、わたしのおともだちでいてっ!」

律「うん! もうぜったいにきらいなんていわないよっ! やくそくする!」


律「…みおちゃん!」

澪「りっちゃん…!」

律澪「―――だーいすきっ!」


 その翌日から、私と澪は、前以上に仲良くなっていた。

 私は毎日澪のくれたヘアバンドを付けて登校し、それをいくら男子にからかわれようが、もう絶対に外す事は無いと…誓ったんだ。


 …でも、それも小学校まで。 中学になってからは小学校よりも校則が厳しくなり、派手な飾りのついた髪止めは認められないとかなんかの理由で、このヘアバンドはいつしか、おもちゃ箱の奥に仕舞われたんだ…。


 …それから、今に至るのか…。


律「…………懐かしいな…」


澪「くー…くー……zzz」

律「………澪、ありがとな…」

 寝息を立てる澪に向かい、そっと言ってみる。

 何も改めて言う事もないだろうし、澪が聞いたらなんの事かと思うだろうけど、一応ね。


澪「…………ち…ゃん…」

律「…ん? 澪、何か言ったかー?」

澪「ゃん……りっ…ちゃん………いつも…ありがと…えへへ………」

律「澪………」

 …きっと昔の夢でも見てるのだろう、まるで子供のように幸せそうな寝顔で、もう今じゃ絶対に言わなくなってしまった、私のあだ名を寝言で言っている。

 澪も私の様に、夢の中で昔を思い出しているのだろうか。 だとしたら、なんだかくすぐったい事だと思った…。


 でも…澪の口から漏れたその言葉がすごく懐かしくて…暖かくて…。


律「……わたしもだよ…、みおちゃん…」


 私もまた、昔の呼び名で、澪の寝言に応えるんだった…。


4