梓「先輩方は部室を出て行きました」

梓「それじゃあ気を取り直して……」

梓「……」

梓「……おい」

梓「何見てんだ」

梓「……何見てんだって聞いてんだよ!!」

梓「見んなよ!!お前も出て行けよ!!早く!!」

トンちゃん「……」


梓「……チッ、シカトかよ」

梓「まぁ、いい。特別だぞ。クンニマスターによる究極のセルフクンニショーの貸切ステージだ」

梓「まったく、幸せなやつです」

トンちゃん「……」

梓「じゃあ、始めるです」

梓「よいしょっ……と」

梓「下着をずらして……」

梓「舌を伸ばして……」

梓「ぺろぺろするです」

梓「これがホントのあずにゃんぺろぺろ」

梓「なんつって」

梓「ぺろぺろぺろりんにゃん」

梓「……」


梓「あれ?」

梓「思ったより気持ちよくないです」



梓「どういうことだ」

梓「まさか」

梓「私のクンニテクは大した事なかった……とでも言うのか」

梓「明らかに憂のクンニより快感が落ちる……」

梓「マジか……」

梓「泣きそう」

梓「……」

梓「うっ…ぅぐっ……ぅぇ…うぇえ…」

梓「うええぇぇええぇん!!うえぇえええぇえぇぇん!!」


ガラッ

唯「あずにゃん!?どうしたの!!何があったの!?」

梓「ふっ……ぐ…ぅっ……ゅ、唯せんぱぁい……」

梓「私……私、クンニマスターなんかじゃなかったんです……」

唯「あずにゃん……」

梓「私のアイデンティティが崩れてしまいました……」

唯「あずにゃん……元気出して。ほら、クンニしてあげるから。ぺろぺろぺろりんが」

梓「あっ…ぁん……」

梓(やっぱり私のよりずっと気持ちいい)

梓(私はクンニ貧民だったんだ)

梓(クンニマスターなんて程遠い……)

唯「あずにゃん?気持ちよくなかったかな?」

梓「いえ、唯先輩の愛が伝わってきてすごく気持ちよかったです」

唯「えへへ~」



澪「何か入りづらいな」

律「あぁ」




梓「……ってなことがあったんだ」

純「へぇ~」

憂「それは大変だったね」

梓「私は井の中の蛙だったんだよ」

純「元気出しなよ梓。ほら、クンニしてあげるからさ。ぺろぺろぺろもっぷ」

梓「ん……」

梓(あれ……)

梓(純のクンニ……私のとそんなに変わらない……)

梓(唯先輩の方がずっと上手い……)

梓(どういうことだ……?まさか……)

梓「純、もういいよ。憂、クンニしてよ」

憂「うん、わかった。ぺろぺろぺろりんちょ」

梓「あぁぁぁっ」

梓(これだ!この快感!)

純「ひどいよ」


梓(純と憂のクンニには大きな差がある)

梓(私と純のテクはほぼ同じ。唯先輩と憂のテクもほぼ同じ)

梓(つまり……)

梓(私から憂までクンニ仕込みが連鎖していったどこかの過程で)

梓(誰かが強力なクンニへと発展させたんだ!)

梓(そう、まるで伝言ゲームで大きく伝言内容を変えてしまった人物のように!)

梓(そいつが……そいつこそが……)

梓(真のクンニマスター)


梓(……落ち着け梓、まずは情報を整理しよう)

梓(まず、クンニ仕込みは以下の順で連鎖した)

梓→純→さわ子→紬→律→澪→和→唯→憂

梓(そしてここからクンニマスターである可能性を除外できるのは……)

梓(私自身、そして私とほぼ同レベルの純)

梓(そして唯先輩と同レベルであった憂だ)

梓(この3人を除外すると……)

さわ子→紬→律→澪→和→唯

梓(こういう事になる)

梓(つまりこの6人の中の誰かがクンニマスター……)

梓(一体……誰が……!)

梓(クンニマスターが分かればそのクンニテクを伝授してもらえるかもしれない……)

梓(どうやって調べる……?)

梓(順番にクンニしてもらうのが一番確実だが……)

梓(ここで気をつけなければならないことがある)

梓(前回、憂から順番にクンニしてもらったときの事を思い出すんだ)

梓(全員にクンニして貰ったのに途中でクンニレベルが変わった事に私は気付かなかった)

梓(これはつまりこういう事だ)

梓(前回の私は、憂、唯先輩とマスターレベルのクンニを最初に受け続けてしまった)

梓(この二人のクンニだけで35回はイってしまったはずだ)

梓(そのせいでその後の私は触れられただけでイッてしまうような超敏感状態に陥ってしまっていた)

梓(だからクンニレベルの境目に気付かなかったんだ)

梓(同じ過ちを繰り返すわけにはいかない)

梓(今回はクンニレベルの低い可能性の高いさわ子先生から遡って行かなければ)

梓(……やってやるです)




梓(さて、まずはさわ子先生だ)

梓「先生、クンニして下さい」

さわ子「またなの?本当に仕方ない子ね。ぺろぺろぺろりぶる」

梓「ふむ」

梓(私と大して変わらない…)

梓「先生、ありがとうございました。もういいです」

さわ子「えっ」

梓(先生はハズレ……と)


残り:紬→律→澪→和→唯



梓(次は……ムギ先輩か)

梓「ムギ先輩、クンニして下さい」

紬「あら、もう一声?よろこんでー。……、とその前に」

梓「?」

紬「私、すごい発見しちゃったのよねー」

梓「ほぅ」

紬「この間の舌が伸びる薬を飲みまーす」

紬「舌が伸びまーす」

紬「そしてクンニしまーす。ぺろぺろぺろりーぬスペシャル」

梓「ひっ!?」

紬「うふふ。凄いでしょう?ぺろぺろ」

梓「アァァアアァッホァアァァァァアッ」

梓(何これヤバイ!舌が……奥まで……っ!!)

梓(ひぎっ!?子宮!子宮口こじ開けてるっ!?んぎぎぎぎぎ!!)

梓「ムギ先輩、ちょ、タンマッ……ふああぁぁぁぁっぁっ!!!!」



梓「……」

梓(ヤバイ……予想外だ)

梓(ムギ先輩の特殊技で40回はイってしまった)

梓(これじゃムギ先輩がクンニマスターだったのかどうか分からないし……)

梓(超敏感状態になってしまった私じゃこれから先の判定も出来ない……)

梓(迂闊だった……)

梓(でも……すごかったな……アレ)

梓(い、いや!あんなの駄目だ!薬に頼ったテクなんてチートクンニだ!)

梓(私が求めるのは真のクンニマスターのテク)

梓(絶対に見つけてやるです)

梓「でも……今日はもう無理だからまた明日かな」


残り:紬(?)→律→澪→和→唯



3