梓「ねぇ憂、クンニしてよ」

憂「いいよ。ぺろぺろぺろりんちょ」

梓「クンニうまいね、誰に仕込まれたの?」

憂「お姉ちゃん」

梓「ほぅ」



梓「唯先輩、クンニして下さい」

唯「いいよー。ぺろぺろぺろりんが」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

唯「和ちゃん」

梓「ほぅ」



梓「和先輩、クンニして下さい」

和「いいわよ。ぺろぺろぺろりっくす」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

和「澪」

梓「ほぅ」



梓「澪先輩、クンニして下さい」

澪「あぁ、いいぞ。ぺろぺろぺろりろり」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

澪「律」

梓「ほぅ」



梓「律先輩、クンニして下さい」

律「しかたねーなー。ぺろぺろぺろりっしゅ」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

律「ムギ」

梓「ほぅ」



梓「ムギ先輩、クンニして下さい」

紬「よろこんでー。ぺろぺろぺろりーぬ」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

紬「さわ子先生」

梓「ほぅ」



梓「先生、クンニして下さい」

さわ子「仕方ない子ね。ぺろぺろぺろりぶる」

梓「クンニうまいですね、誰に仕込まれたんですか?」

さわ子「純ちゃん」

梓「ほぅ」



梓「純、クンニしてよ」

純「任せといてよ。ぺろぺろぺろもっぷ」

梓「クンニうまいね、誰に仕込まれたの?」

純「梓」

梓「そうだった」



梓「私、クンニ会の頂点に立つクンニマスターだったんだ」

梓「究極のクンニテクを持つ私の教えは大きく広まっていたようだ」

梓「だが究極のクンニを持つ私は究極のクンニを味わえないのではないだろうか」

梓「いや、諦めてはならない」

梓「セルフクンニやってやるです」


梓「よーし、うぐぐ……」

梓「あいたたた、届かないな」

梓「そうだ、このツインテールを両足の太ももに一周させて……」

梓「思い切り引っ張れば頭が自動的に股間へ行くのではないだろうか」

梓「よし、やってみるです」


梓「……よし」

梓「うおおぉぉぉぉおああぁぁぁ」

梓「いてぇ!いてぇぞクソが!!!死ね!!」

梓「おっと、落ち着け私」

梓「結果はこうだ」

梓「頭皮と腰が痛いです」


梓「さて、どうする……」

梓「まぁいいか、ゲームでもやろう」

梓「あはは、逆転裁判はやっぱりおもしろいな」

梓「……発想を逆転させる?」

梓「なるほど、閃いた」

梓「頭を股間に持っていくのではない、股間を頭に持っていけばいいのだ」

梓「やってやるです」


梓「まず仰向けに寝転びます」

梓「脚を垂直に上げて下半身を持ち上げます」

梓「そのまま上半身へゆっくりと倒していきます」

梓「ほらほら、股間が顔に近づいてきました」

梓「いける、まだいける」

梓「……今だっ!!」

梓「ウゴッ」

梓「ぐ、ぐぉおおぉおお……」

梓「首、首が……」

梓「いたた……もう無理だこれ」

梓「まぁいいか、ゲームでもやろう」

梓「あはは、マリオはやっぱりおもしろいな」

梓「……ヨッシー?」

梓「なるほど、閃いた」

梓「頭と股間を近づける必要はない、舌を股間まで伸ばせばいいのだ」

梓「やってやるです」


梓「さて、舌を伸ばすわけだが」

梓「どうやって伸ばすか」

梓「うーむ……」

梓「駄目だ、思いつかない」

梓「一人で悩むからいけないんだ」

梓「先輩達に相談してみよう」

梓「悩みや不安を抱えたとき、相談できる仲間がいるのは幸せなことである」

梓「――アズサ・ナカノ」

梓「名言です」




梓「かくかくしかじかまるまるうまうま……という訳なんです」

律「なるほどなー」

唯「あずにゃんがクンニマスターだったなんておどろきだよー!」

澪「しかし……舌を伸ばす?そんな事が出来るのか?」

梓「何かいい案はないでしょうか」

紬「そんな事もあろうかと、琴吹家で舌を伸ばす薬を開発しておいたのー」

梓「ほぅ」

紬「この薬を飲めば一時的に舌を伸ばすことが出来るの」

紬「効力は約一時間ね」

紬「身体を丸めれば股間までは十分届く長さよ」

梓「素晴らしいですね」

梓「早速飲ませてくれませんか?」

紬「その必要はないわ」

梓「?」

紬「こんなこともあろうかとさっき梓ちゃんが飲んだ紅茶に溶かしておいたの」

梓「ほぅ」


梓「本当だ、舌が伸びてきました」

唯「すごいね~」

澪「さすがだなムギ」

律「ははは、梓カメレオンみたいだな」

梓「ヨッシーです」

律「え?」

梓「ヨッシーです」

律「何が?」

梓「カメレオンじゃない、ヨッシーです」

律「そうなのかー」

梓「二度と間違えるな」

律「あぁ」

澪「気をつけよう」


梓「じゃあさっそくやってみるです」

律「あぁ」

澪「楽しみだな」

唯「あずにゃんはやくはやくー」

梓「……」

唯「……あずにゃん?」

澪「どうした?」

梓「見られてたら恥ずかしいですよ……」

澪「あ、あぁ……そうか」

梓「ほら、ムギ先輩なんて気を使って舌が伸びてきたあたりで既に部室にいませんよ」

澪「さすがだなムギ」

律「あぁ」

澪「見習おう」

律「あぁ」



2