梓「先輩それって……」


ガチャ

憂「お姉ちゃんお菓子もってきたよ」

梓「…………」

唯「…………」

憂「あれ?」


唯「うい~……」

憂「お姉ちゃん?」

憂 ハッ

憂「お姉ちゃんまさか……」


梓「そっか――憂も知ってたんだね」

憂「えっ…あ、違うのこれは――」

梓「帰る」ダッ

憂「あ、梓ちゃん!」



憂「行っちゃった……」

唯「どうしよう……」


唯「携帯つながらないや」

唯「私今からあずにゃんの家に――」

憂「お姉ちゃん、今日はもう遅いからあしたにしよう」

憂「律さんたちにも相談しないと。あしたみんなで謝ろう」

唯「うん……」




そのころ 梓の家

梓「…………」グスン

梓「みんな私抜きで楽しんでたんだ……」

梓「私なんていない方がいいんだ……」

梓「…………」グスン


梓「ずっと一緒だと思ってたのに……」

梓「ずっと……」




翌日の部活

律「なにー! 梓に全部ばれただと!?」

唯「うん……」

澪「それで、梓は?」

唯「憂にきいたけど、今日学校に来てないって……」

紬「そんな……」

澪「私たちひどいことしちゃったかもな……」

律「そう…だな」

紬「ごめんなさい! 私が悪いの、私が福引なんかするからっ」

律「ムギのせいじゃないよ」

澪「そうだよ、ムギは悪くない」

澪「みんなで謝ろう」

澪「精一杯謝ればきっと梓だって許してくれるよ」

律「そうだな、じゃ今からみんなで梓の家に――」


ガチャ


さわ子「みんな……」


律「なんださわちゃんか、悪いけど今日はティータイムは――」

さわ子「ティータイムはいいわ。それより言わなくちゃいけないことがあるの」

律「なんだよ、今それどころじゃ――」

さわ子「きいて!」

律 ビクッ


律「な、なんだよ…怒鳴ったりして」







さわ子「梓ちゃんが……自殺したわ」



律「は?」





唯「うそ……」

さわ子「残念だけどホントよ」


唯「うわああああああああああああん」

澪「唯!」

紬「唯ちゃん!」

唯「私のせいだよぉぉぉぉぉぉ」

律「落ち着け唯!」




3年後


律「おーい! 私たちのデビューシングル「Don't say "lazy"」のPVができたぞ!」

澪「ホントか!」

唯「みたーい!」

紬「みんなでみましょう」


再生中


律「うわ~すげーな!」

唯「うんうん! これは大ヒット間違いなしだね!」

澪「おいおい」


律「そういや澪のセンスもずいぶんまともになったよな~」

澪「なんだとぉ」

紬「まぁまぁ、私はあのころの曲も大好きですよ」


唯「そうだね…あのころは……」

律「唯っ!」

唯「あっ……」

律「その話はしないって約束だろ」

唯「ゴメン……」

律「いいんだよ。わかれば」


紬「あら? ちょっと今のとこ巻き戻して」

澪「どうしたんだよムギ?」

紬「ほらここ、これなにかしら?」

澪「ホントだ、なんだろこの影……」


唯「なに? どうしたの?」

澪「ほらこれだよ。この唯のとなりに映ってる影みたいなの……」


律「おいこれって……」

紬「このシルエットは……」




唯「うそ……」










唯「あずにゃん……」


澪「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」