憂「そういうことだったんだ」

唯「憂、黙っててごめんね……」

憂「もういいよ。私はもう怒ってないから」

憂「でも次はちゃんと知らせてね。じゃないと私心配するから……」

唯「うん」

唯「それからこのことは……」

憂「わかってるよ。梓ちゃんには…言わないよ」

唯「ありがとう憂」




次の日の朝 通学路にて


梓「唯せんぱ~い!」

唯「あずにゃん、おはよう」

梓「おはようございます。 今日から2学期でね」

唯「そうだね~あずにゃんはどうだったこの夏休み?」

梓「そりゃ楽しかったですよ~特にみんなで一緒に行った合宿とか」

唯「あぁ……そうだね」

梓「またみんなで行きたいです!」

唯「…………」


梓「ところで先輩」

梓「なんでそんなに日焼けしるんですか?」

唯「――っ!」

唯「こ…これは」

唯「あっ! もうこんな時間! あずにゃん急ごう遅刻するよ!」ダッ

梓「えっ――あ! 待ってくださーい」




放課後 音楽室


律「練習する気おきね~」

唯「私も~」

紬「まぁきのうの今日だもの。まだ疲れが残ってるのね」


ガチャ

澪「お~す。って3人だけか」

澪「なら今のうちに渡しといた方がいいかもな」

律「なんだ?」

澪「はいこれ、旅行の写真」バサッ

律「おー!」

唯「あー! これりっちゃんのおでこがフラッシュ反射してるよ~」

律「なんだと~!」

ワイワイガヤガヤ


ガチャ

梓「こんにちわー!」

律唯紬澪 ビクッ

梓「皆さんなにしてるんですか?」

律「いや、なんでもないぞ~」ササッ

紬「そうよ、なんでもないのよ~」 ササッ

澪(唯、今のうちに)

唯(ラジャ)


梓「今何か隠しませんでしたか?」

律「さー練習するぞー!」

梓(???)




部活後の帰り道

梓(最近先輩たちの挙動がおかしい……)

梓(今日も何か隠してたみたいだし)

梓(黒いし)




翌日 部活終了後

梓「唯先輩、今日先輩の家に行ってもいいですか?」

唯「いいけど、なんで?」

梓「ちょっと憂に用事があって」

唯「ふ~ん」




帰り道

梓「唯先輩」

唯「何?」

梓「最近私になにか隠しごとしてませんか?」

唯 ギクッ

唯「え~と……なんのことかなぁ?」

梓「最近の先輩たちはちょっと挙動不審です」

唯「そ、そんなことないよ~」

梓「…………」


梓(やっぱり何か隠してる)




唯「うーいー、ただいま~」

憂「お帰りお姉ちゃん」

梓「おじゃまします」

憂「あ、梓ちゃんいらっしゃい」

梓「ごめんね急に」

憂「ううん、大歓迎だよ」


梓「ここが唯先輩の部屋」

唯「そっか、あずにゃんは初めてなんだっけ?」

梓「はい、意外と片付いてるんですね」



梓「あれ? その壁に貼ってある写真って――」



梓「もしかして中学のときのやつですか~?」

唯「そうだよ、これは卒業式のやつ」

梓「へ~、となりに映ってるのは真鍋先輩ですね」

梓(唯先輩今よりちょっと幼くてかわいいかも)

梓「こっちのは去年の軽音部ですね」

唯「うん、これは記念すべき軽音部が発足した日の1枚だよ」

梓「ホントだ、唯先輩ちょっと笑顔がぎこちないです」

唯「えへへ」



梓「え~と、となりのは――」



唯「去年の合宿のやつだよ~。去年もムギちゃんの別荘で合宿したんだ~」

梓「みんな楽しそうですね~」



梓「そのとなりのは――」



梓「去年の文化祭のやつですね?」

唯「そうだよ~去年は澪ちゃんが大活躍だったんだから!」

梓(あ、なるほど。こっちにいくほど最近のやつなんだ)



梓「こっちのは――」



唯「新歓ライブだよ~この辺になるともう記憶に新しいな~」

梓「そうですね」



梓「で、これは――」



梓「今年の合宿の写真ですね!」

唯「うん! 楽しかったよね!」

梓「はい! 私も写真部屋に飾ってますよ」

唯「そっか~」


梓「あれ? このとなりのやつって――」


梓「私――記憶にないですけど」



唯「これは帰りの電車で撮ったんだよ~あずにゃんの寝顔!」

梓「なっ――返してください」

唯「え~、いやだよ~だ」

梓「もうっ」

梓(唯先輩ってば)


梓(写真はこれで全部か)

梓「これで終わりですね」


唯「あっ、そうだ。忘れてたよ!」

梓「?」

唯「これも貼らないとね」ペタペタ


梓「これって……」

唯「これはこのまえみんなでハワイに行ったときのやつだよ~」




梓「え?」

唯「え?」




唯「あ……(^q^)」



4