……。

『しんぶんで~す』

唯「き、きたっ! 恐怖新聞!」

『恐怖新聞』深夜刊
『桜ヶ丘校教師が目撃!UFOの光』

本日夕方7時頃、桜ヶ丘高校けいおん部のメンバーと
顧問である山中さわ子さんが山に消えていく謎の光を目撃した。

車で追いかけた先には、残念ながら光る物体は発見出来なかったが、
翌日の学校での話題はUFO一色となった。

話題の中心であるさわ子さんも、満更ではない様子で笑っていた。


唯「……」




ジャーン!

律「ふぅ、今日はこの辺にするか!」

澪「そうだな……って、もう六時過ぎてるぞ!」

紬「今日はいっぱい練習したわね~」

梓「いつもこれくらい集中してくれれば……」ブツブツ


ガチャッ

さわちゃん「あれ、まだみんないたんだ。帰ったと思ったのに」

律「いやあ、真面目なけいおん部もたまにはいいかなって!」

さわちゃん「でもちょっと残りすぎ。もう生徒なんて誰もいないわよ」

唯「……」

さわちゃん「あ、ねえ。よかったら私の車で帰らない? もちろん全員は無理だけど……」

律「ん~、帰り寄る所があるからパスで」

梓「私も、ちょっと寄り道を……」

さわちゃん「他の三人は?」

紬「私は乗せてもらおうかしら~」

澪「そうだな、私も」

さわちゃん「そう。唯ちゃんはどうする?」

唯「私も……乗ります」



車内

さわちゃん「さて、誰のお家から行けばいいかしら?」

澪「近さでいったら……」


……キキーッ!


唯「っと!」

紬「き、急ブレーキですか?」

さわちゃん「……ねえ、あれ見てあれ」

澪「あれ、って?」

フワフワ ピカピカ

紬「何だか空に浮いて……不思議な感じで飛んでいるわね~」

唯「あれは……」

さわちゃん「……UFOよ」

澪「えっ? UFO?」

さわちゃん「そうよUFO! 行くわよみんな、しっかりつかまってて!」

……。



唯(フワフワは、右へ左へ……
  いつの間にか私たちは、山に近い辺りの場所で車を停めていた)

さわちゃん「変ねえ、この辺りに降りてきたと思ったのに」

澪「こ、こんな山の中まで来て……」ガタガタ

紬「大丈夫よ~、道を戻ればすぐ広くて明るい場所に出るから」

澪「で、でもお……」


ガサッ。


さわちゃん「しっ! 黙って……」

唯「?」

さわちゃん「見て、向こうの林の向こう……あれ……」

……ピカピカ。

「!」


澪「光が……」

紬「でも眩しすぎてよく見えないわ~」

さわちゃん「……ちょっと、近付いてみよかしら」

唯「あ、危ないよさわちゃん~」

さわちゃん「平気よ、いざとなったら逃げれば……よっ」

パキッ!

さわちゃん「こ、小枝が!」

……フッ。

さわちゃん「あ……」

澪「光が、消えた……」

紬「一瞬だったわね~」

唯(本当に……UFOだったのかな、あれ……)

……。



「ねえ、聞いた? 昨日の話」

「聞いた聞いた。UFO見ちゃったんですって?」

「あそこの山だって。私も見た~い」

「先生に話聞いてみてさ、いってみようよ」

「賛成~!」

「UFOか~、いいよね~」

「……私は別に、興味ないから」

……。




午前0時

『しんぶんしんぶん~』

唯「……」

『恐怖新聞』深夜刊
『さわ子先生、寝ずの番!?』

桜ヶ丘高校で話題となっているUFO騒動だが
少々事態が大きくなりすぎているようである。

夜中に出歩く生徒が増え、
近隣住民からの苦情も多くなったと言われている。

そこで、話題の中心にいたけいおん部顧問のさわ子先生は
数日の間、目撃現場付近で監視行動をとる事に決めた。

嘘か真か、UFOの目撃情報も多いあの辺り。
何も起こらずにこの一件が終わってくれれば……と当新聞も願うばかりである。


唯「……」




澪「さわちゃんが部室に来なくなって三日かあ……」

律「責任感じてんだろ~な~」

唯「今日も目の下真っ黒だったもんね~」

紬「……ねえ、今日はみんなで先生を励ましに行かない?」

梓「それいいですね!」

律「あちゃ~、悪い。今日はアタシ、あまり遅くまでは活動できないんだよね」

紬「それは残念ね。他の人はどうかしら~?」

唯「私は平気だよ」

梓「大丈夫です」

澪「私も」

律「じゃあ、今回は四人で頼むよ」

唯「了解しました、りっちゃんたいちょ~」




現場

さわちゃん「はぁ……疲れるぅ。自分の責任とはいえ、やっぱり辛いわね……」

さわちゃん「来る生徒は減ったからまだ楽だけど、腰にくる~……」

さわちゃん「今日明日で終わりでも、いいかな?」

さわちゃん「大体あれからUFOなんて出ないし、このまま帰ったって……!」

フワフワ フワフワ。

さわちゃん「で、出た! ま、またこっちに来るの~!?」

……。



さわちゃん「降りていったのは向こうの方ね……よし」


さわちゃん「いた……あの光、前と同じ……」

……。


さわちゃん「でも何かしら、小さい銀色の物体が、
      いくつもいくつも……光の周りにまとわりついて」
……。


さわちゃん「まるで、いきてるみたいに……動いてる」

……。


さわちゃん「あ、光がこっちにむかってきてる。なんだろうきもちいい」

さわちゃん「きもちいい……」

……。




光が、ニヤッと笑った。






紬「ほら、前来たのはこの辺りよ~」

澪「歩きだと、ずいぶん時間かかったな」

梓「もう真っ暗……ですね」

唯「さわちゃんがいれば大丈夫だよ。帰りは乗っけてもらおうよ!」

澪「お前な……」

唯「えへへ~」


パキッ。


梓「ピクッ」

……。



さわちゃん「……」

澪「よかった……さわちゃんだ」

唯「応援に来たよ~」

さわちゃん「ん……」

紬「大分疲れてる様子ね」

梓「大丈夫ですか?」

唯「よかった~。これムギちゃんからお菓子の差し入れだよ~」

さわちゃん「ムギちゃんから」

紬「唯ちゃんがちょっと食べちゃいましたけど……後で食べて下さいね」

さわちゃん「ありがとう」

梓「でも、無事で何よりです。最近姿見ないから心配で心配で」

唯「ねね、でもそろそろ帰らないと危なくない? 真っ暗だよ?」

紬「澪ちゃん、今何時かわかる?」

澪「もう八時近くだな……確かにちょっと遅いかも」

さわちゃん「みんな、送るわよ」

唯「やった~さすがさわちゃん!」

梓「じゃあお言葉に甘えて……帰りましょう」

……。




律「よっ、おはよ」

澪「おはよ。昨日は無事に終わったぞ」

律「うむご苦労ご苦労」

紬「さわちゃん、元気ってわけじゃなかったけど……
  でも監視も昨日で終わらせたみたいよ」

律「そっか。じゃあまた今日からは部室でお茶会できるんだな」

唯「ふふっ、そうだね~」


ガラッ。

さわちゃん「……」

律「おっ、噂のさわちゃん登場だな」

澪「唯、早く座れよ」

唯「は~い」


さわちゃん「え~、と。では出席をとりましょうね」

さわちゃん「ムギちゃん」

紬「えっ!?」

さわちゃん「次、澪ちゃん」

澪(澪……ちゃん? 普段はちゃんと名字で……)

さわちゃん「澪ちゃん」

澪「は、はい!」

さわちゃん「え~と、梓ちゃん」

「……」

さわちゃん「梓ちゃんはお休み?」

律「せ、せんせ~。梓は学年が違うからここにはいませんよ~」

さわちゃん「……そう」


さわちゃん「田井中さん。田井中律さん」

律「は、はい? はい……」

唯(先生……どうしたの……おかしいよ)

さわちゃん「じゃあ最後に、唯ちゃん」

唯(だって呼び方だってバラバラだし、あずにゃんだっていないし……)

さわちゃん「唯ちゃん。そこに『いる』ならしっかり返事をしないとダメジャナイ、ノ」

唯(先生……本物の先生は……どこ?)

さわちゃん「モシカシテワタシノカオニ……ナニカツイテイルカシラ?」

……。




午前0時

『恐怖新聞』深夜刊
『恐怖新聞、休刊のお知らせ!』

本日の恐怖新聞は誠に勝手ながら都合により、お休みとさせて頂きます。
次回の配達までもうしばらくお待ち下さい。
皆様にご理解頂けるよう、何卒よろしくお願いいたします。


唯「……」

さわ子の頁





今回の新聞はここまでとなります。
それでは次の配達まで、皆さんおやすみなさい。