『しんぶ~ん』

唯「はっ……き、きたっ! 恐怖新聞!」

カサッ。

唯「……」

『恐怖新聞』
『けいおん部の部室で怪奇現象』

本日放課後、けいおん部の部室から奇妙な物音が聞こえ始めた。
音の正体は不明だが、
数日は鳴りやむ事もなく部員も迷惑している様子だ。

解決のため部員は様々な方法を試みるが、
結局その音が止む事はなかった。


唯「今度は……部室!」




放課後

紬「はい、今日はクッキーを持ってきたの~」

律「うは~、いただき!」

梓「律先輩! ズルいですよ!」

律「早い者勝ちだよ~だ」

唯「ん……」

紬「唯ちゃんは手を伸ばさないの?
  おかわりもあるから遠慮しないでね?」

澪「……なんだ最近元気無いよな」

律「唯、珍しく悩み事か~?」モグモグ

梓「律先輩、お行儀悪いですよ」

唯「だ、大丈夫。ちょっと寝不足な……」


ピシッ


律「ん?」

律「いま、何か聞こえたか?」

紬「え~? 何が?」

律「いや、なんだかこう……」


ピシッバチッ


澪「!」

梓「な、なんですかこれ。一体どこから……」

唯「天井……」


バチンバチッ!


律「ひいいいい!」

紬「な、なにかしら……本当に」

和「……これはラップ音ね」

唯「あ、和ちゃん……」

和「ごめんなさいね。扉が開いてたから、つい入っちゃった」


ピキッパチッ。


澪「ね、ねえラップ音って?」

和「簡単に言うと、霊がいるときに出る音の事。
  ほら、この何かを弾くような……」

梓「れ、れ、霊が!」

澪「……」ガタガタ


パチッパチッ


唯「和ちゃん、もしかして霊感とかあるの?」

和「ううん、知識でしっているだけだよ。
  霊が見えた事なんて一度も無いの」

唯「……ね、一個聞いてもいいかな?」

和「?」

唯「あのね、もしいきなりカッターが独りでにさ……」



和「……それは、ポルターガイスト現象かしら。
  幽霊が勝手に物体を動かしたりするの」


パチッパチッ


唯「動かすだけ?」

和「他にも、何かを叩いたり火を燃やしたり……
  自然に起こり得ない事を指す場合が多いかしら」

律「このパチパチ言ってるのもか~?」

和「さあ……そういう話もあるみたいだけど、そこまで詳しくは……」


バチッパキッ


澪「な、なんとかならないのか?」

和「ん~、塩でもまいてみたら?」

紬「一応塩はあるけれど……」スッ


パキッパチッ


律「だめかぁ~」

和「天然塩でダメなら、本当にお清め用の塩を使うしかないでしょうね。
  食卓塩なんてもっての他みたいだし……」

唯(うう、知識が無いからさっぱりだよぉ……)


梓「あ、あれ? トンちゃんの動きが」

澪「ん? 震えて……いるのか?」

梓「普段はこんな動き、絶対しませんよ……」

律「なんだか、私たちに何か言いたげだな」

トンちゃん「……」スッ

唯(向こう? あっ……)


『ふ、ふふ……見つかったなぁ』


律「ん、どうした唯?」

澪「そんな怖い顔して……こっちまで不気味になるだろ」

紬「?」

梓「唯先輩?」

和「唯?」

唯「みんな……(見えてないんだ?)」

『ああ、お前にしか俺は見えていないぞ……』

唯(この音は、やっぱり霊さんの仕業なの?)

『ふふ……せっかく名前を教えてもらったんだから、
 そっちで呼んでもらいたいな』

唯(ポルターガイスト……)

ポルターガイスト『……その女のいう通りさ。これは俺が出した音でもある、が……』

バシャバシャ

梓「ト、トンちゃん!」

和「暴れてる……いきなりどうしたのかしら?」

『せいぜい、悩めばいいさ、ふははっ』スッ



……。

律「どうだ、梓」

梓「もう大丈夫みたいです。病気ってわけでもないみたいで……」

和「ラップ音……動物が暴れる。幽霊でもいたのかしらね」

澪「ま、また幽霊っ!」

和「だって、亀には霊的な力があるって言うじゃない。万年も生きるんだから、って」

澪「な、なんでもいい! わ、私……こんな部室じゃあ絶対練習しない!」

律「おいおい、冗談だろ澪」

澪「い、や、だ! こんなパチパチ言ってる部室なんて嫌いだ!」

和「……」

和「一つだけ、この音を消す心当たりがあるけど」




午前0時

『しんぶん~』

唯「き……きたっ!」


『恐怖新聞』深夜刊
『けいおん部の部室を除霊!』

桜ヶ丘高校けいおん部の部室が明日除霊される事がわかった。
本校生徒会長の真鍋和さんによって提案されたこの方法は、
霊の怒りを大きく買ってしまう事となる。

なぜなら除霊をされる事を一番嫌っているからだ。

わかったなら さっさと除霊をやめろ さもなくば殺す


唯「……!」

殺すの文字だけが赤く染まっている。
何かの塗料だろうか、不気味に光っている。


……。



4