―――その後、多くの歳月が流れました。



あの荒崎海岸にも何度か行きましたが、姉のなきがらは見つかりませんでした。


ドイツに行った両親も、ソ連によってシベリアに抑留されたまま、還ってきませんでした。

そして、生きるために多くの苦労をし、人一倍働き、無我夢中で生きてきました。

一方で、私ひとりが生き残ったことに、罪の意識すら持ちつづけたのです。



しかし、やはりそれでも私は、あきらめ切れませんでした。


日々の暮らしを続ける中でも、次の瞬間、この柱の影から。その路地の裏から。あの丘の向こうから。





 『あ、憂~! ひさしぶり~!』





にわかに姉の声が聞こえ、ひょっこりと姿を現すのではないか。

そんな想いが、私の頭をよぎり続けました。


私の戦後は、何年、何十年経っても、生涯、終わることはなかったのです。


私の戦後は、いつまでも、いつまでも、戦後でした――――――



―――――――――――――――

――――――――――――

―――――――――

――――――

―――


















―――摩文仁の丘の沖縄平和祈念公園にある「平和の礎」には、



沖縄県民十五万を始め、沖縄戦等で死亡した国内外の人々の名が刻まれている。



その数、二十四万一千百三十二名―――





―――


――――――


―――――――――


――――――――――――


―――――――――――――――










――――――平成四十某年(203×年)夏、関東地方某所










         「今日から修学旅行です!  …お姉ちゃんの」















こんにちは、平沢唯です! 桜が丘女子高等学校3年生です!




今日から待ちに待った修学旅行!行き先は例年京都だったのですが、今年はひと味違います!


 「すっげぇー!海青すぎだろ!CGみたいだな!」


すぐそばでりっちゃんが大はしゃぎしています。


 「おい律!もうすぐ着陸するぞ!座ってベルトしろ!」


澪ちゃんがカチカチに緊張してベルトを締め直しています。

私も飛行機は初めてなので、面白いけどハートDOKI☆DOKIです!

でも、澪ちゃんの場合、飛行機よりもっと怖い体験が現地で待っているわけですが……

ところでムギちゃん、機内食出なかったね?


 「ふふ、国内線は出ないわよ?」


そうなんだ。ガッカリ……


でも、着いてからいっぱいおいしいモノ食べて、たくさん楽しいコトすればいいよね♪



     ┏━┓
     ┃桜┃
     ┃が┃
     ┃丘┃
     ┃女┃
     ┃子┃
     ┃高┃
     ┃等┃
     ┃学┃
     ┃校┃
     ┗━┛


―――その数ヶ月前、軽音部室


 紬「ねぇねぇ、今年の修学旅行は沖縄なんですって!初めてだから楽しみ~!」キラキラ

 律「だから今日のお菓子はちんすこうなのか」モシャモシャ

 唯「このお茶、泡が立ってるけど何なの?ほら、ヒゲ!」ブクブク

 紬「ぶくぶく茶よ~」

 澪「唯、食べ物で遊ぶな!ところで、みんな沖縄は初めてだろうけど、ムギも初めてなんて意外だな」

 梓「毎年京都みたいでしたけど変わったんですね。先輩方も楽しんできてください!」

 律「おぅ!言われなくても南国でバケーションを満喫してくるぜぃ!」

 唯「青い空!広い海!天国だよ! あずにゃん、おみやげ何がいい?ハブ?」

 梓「とりあえずハブはちょっと遠慮します……」ゲンナリ

 唯「えぇ~? 『ハブ対あずにゃん』見てみたかったのにぃ」ショボーン

 梓「何考えてるんですか!やめてください!殺す気ですか!」プンスカ

 紬「唯ちゃん、生きてるハブ持ち帰る気だったの?他にもいろいろあるじゃない。泡盛とか」

 律「いやムギ、それもおかしいだろ。未成年だし」

 澪「私も、沖縄楽しみだな。良い詞が書けそうだ。でも修学旅行だから戦跡とかも巡るのか……」ハァ…

 律「あら澪ちゅわ~ん。戦跡怖いのかしらん?」ニヤニヤ

 澪「べっ、別にそういうわけじゃなくて!」ムッ

 紬「じゃあ、澪ちゃんも戦跡に行って勉強しないと~」ウフフ

 澪「いや、それは、まあ、わざわざ行かなくても本とか読めばいいんじゃないか!?」アセアセ

 梓(澪先輩、やっぱり相当怖がってるなー)

 律「そんなムキになるなって!でも戦跡巡り面倒くさいよなー。せっかく南の島のパラダイスなのにさ」

 唯「でも旅行から帰ったあとレポートあるし、少しは勉強っぽいことしないとねぇ」

 律「ま、そのへんは澪とムギのレポート写せば大丈夫っしょ!」

 澪「こらっ!自分でやれ!」

 紬「フフ……みんなで班行動の計画立てなくっちゃね!」




―――再び修学旅行当日。初日、那覇空港(旧海軍小禄飛行場)


ワイワイ…キャッキャ…


 律「ひゃっほー!沖縄だー!」

 唯「あ、ポケモンジェット!見たの初めてだよ!」

 澪「プロペラの小さめな飛行機もたくさんあるな」

 紬「離島航路の小型機じゃない?」

 和「それもあるけど、自衛隊機もあるのよ。基地が隣接してるから。ほら、日の丸付いてるでしょ?」

 律「お、ホントだ。さすが和は物知りだな~」

 唯「じゃあ帰ったら和ちゃんのレポート写せばいいね!」

 和「ダメよ。そもそも班が違うからムリね」


 さわ子「ちょっと!みんな早くモノレールに乗るわよ!」




―――ゆいレール車内、県庁前駅付近


 澪「飛行機で疲れたし、ホテルに荷物置いたら夕食まで一息つきたいなぁ……」

 律「何言ってんだよ!せっかく沖縄なんだから外に出て遊ぼうぜ!」

 唯「国際通りってところにいろいろあるみたいだよ!」

 紬「遊びたいでーす♪」

 澪(やっぱりこうなるか……) 




―――国際通り


 紬「あっ、ブルーシールアイスよ!食べましょう!」

 唯「おぉ~!変わった味のがいろいろあるね! おいひぃ~!」

 律「うぉぉ…頭痛てぇ……」

 澪「アイス食べ過ぎだろ………あ、この琉球ガラスの置物カワイイな」

 律「ところでさぁ、ハブ対マングースってどこで見れんの?」

 紬「唯ちゃん、この三線(サンシン)試し弾きできるんですって!やってみない?」

 唯「了解です! …“♪キミを見てるとォ~ いつもハ~トDOKI☆DOKIィ~~”」ベンベン

 律「お、すげぇ! なんか沖縄っぽい!」

 唯「よし!キミはサンシン太と名付けよう!」

 澪「ふふ、唯、ギー太がいるのに浮気しちゃっていいのか?」

 唯「えへへ……南国のちょっとした“あばんちゅ~る”ってことで」




―――第一牧志公設市場


 唯「あぁ~、目がぐるぐるする~」フラフラ

 澪「そりゃ海ブドウが回ってる水槽ずっと見てるからだろ……」

 律「あ、生のハリセンボン初めて見た!すっげー!お、この青い魚は何?食べれる?」

 紬「それ、イラブチャーって言うのよ。淡泊で美味しいわ」

 唯「わぁ~、ブタのお面だよ澪ちゃん!見て見て!」

 澪「や、やめろよ!見たくない!」





―――ゆいレール奥武山公園駅付近


 律「澪!澪!この写真、ちょっと見てみ」

 澪「ん、何撮ったんだ?……ま……っ!!///」


ゴチン!


 律「痛だぁぁぁ!」

 澪「お前は小学生かバカ律!!」




 律「いやー、聡に頼まれててさぁ。ネタ的に面白いかなー、と……」

 紬「漫湖は湿地帯でラムサール条約で保護されてるんですって。でも最近は水質が悪化してるらしいわ」

 唯「へー、漫湖ってすごいんだね!でも汚い漫湖って臭そうだよ」

 紬「そうね。キレイな漫湖を後世に伝えないとね」

 澪「二人ともわざと言ってないか……///」


アハハ… ウフフ…




―――二日目。道の駅かでな、嘉手納基地付近


ワイワイ…ガヤガヤ…


 澪「ホントは美ら海水族館に行きたかったなぁ」

 紬「さすがに遠いから難しいわ」

 唯「りっちゃん、この双眼鏡面白いよ!すごくよく見える!」

 律「おぉやべえ。米軍マジ米軍。勝てる気がしねぇ」

 唯「ホントに基地の中に街がある感じだね~」

 紬「私、米兵にケンカ売るのが夢だったの~♪ F**K YOU!」

 澪「おいムギ!それはまずいだろ!しかも無駄に発音良いし!」

 紬「どんとこいです!」

 律「おぉ、ムギもなかなかロックだな!負けてられん!」ビッ!

 澪「中指立てるなぁ!」

 律「ハイハイ。どーせわかりゃしないって」


10