~げんかん!

律「先生聡は…」

金八「ん、大丈夫!あの子は背中にびしっと1本太い芯が通ったから」

律「そっか…先生ありがとね」

金八「なぁ律」

律「はい?」

金八「あんまり聡を変態扱いしないでやってくれな」

律「大丈夫だよ」

律「あと澪の事なんだけど…」




~澪んち

母「みおー」

澪「なにー」

母「坂本先生が見えてるわよ、ちょっとお話したいって。何かあったの?」

澪「坂本先生が…?」



澪「坂本先生…」

金八「おー悪いな~こんな時間に」

澪「あ、どうぞ上がってください」

金八「すまんなぁ、あっお茶とかいいからな」

澪「どうしたんですか?」

金八「んーちょっとな」

金八「正月以来だなぁ~元気でやってっか?」

澪「はい、先生はどうですか?」

金八「ん!元気元気」

澪「あのそれで…」

金八「うん、なぁ澪」

澪「はい?」

金八「人っていう字かけるか?」

澪「は?」

金八「ちょっと書いてみここ」

澪「はぁ…」


金八「うん、澪はこの字が何でこんな形してるんだと思う」

澪「え…それは…人っていうのは1人じゃ生きられなくて」

澪「お互いが支え合って生きていくから」

金八「うん、教えたよな」

澪「もう何度も聞きました」

金八「なぁ澪、じゃあもし澪の前にすごく落ち込んでる悪人がいたらどうする?」

澪「え?」

金八「悪い事をした人間が落ち込んでるんだ」

澪「それは…やっぱり反省してもらわないと」

金八「じゃあ悪って言う字書いてごらん」

澪「はい」

金八「うん、この上の部分は暗い穴を表してる。わかるかな?」

澪「はぁ…」

金八「つまり悪って言うのは暗い穴の心って意味だ」

金八「暗い穴の心を持った人間が落ち込んでるんだ澪」

澪「……」

金八「みんなで支え合って、その穴を埋めてやらないか?」



母「あら先生もうお帰りですか?今お茶を」

金八「あー本当もう結構ですので、突然お邪魔して申し訳ありませでした」

金八「なぁ澪」

金八「ちょっと、考えてやってくんないかな」

澪「……」

母「どうしたの?」

金八「あーもうこちらの事ですんで、本当どうもすいません。それでは失礼します」




~翌日!

桜中

鈴木「田井中の奴また朝練さぼりかよ」

13話の男の子「また今日も放課後主将に大目玉だな」

主将「声だせー!1年坊主!!」

鈴木&13話「お、おーっす!」




──田井中家

律「あれ?母さん聡は?」

母「もう行ったわよ」

律「あ、そう」

律「ずっと朝練さぼってたのに、元気になったのかな?」




──澪んち

がらっ

澪「行ってきまーす」

澪「……」

澪の脳裏に昨夜の金八の言葉が蘇る

聡とは元々昔から、実の弟のような付き合いをしていた澪
それだけに今回の件のショックは大きく
彼女の繊細な心を傷つけた

澪「もう、弟みたいに思えないよ…」





7