メメ「で、病院に連れていってその足でここに、ってわけかい?」

澪「ムギは!梓は…どうして」

梓「こんな、こんなつもりじゃ…ムギ先輩っ…どうしよう…」

メメ「まあまあ落ち着きなよ、ほらビビりちゃん、他の皆も…少しこの子と二人で話したい」

律澪「お願い、します」

唯「…」

メメ「別にとって食ったりはしないさ。何かいいことでもあったのかい?そんな怖い顔しないでほら、出た出た」

澪「唯、行くぞ」

唯「…うん」



メメ「あの子、君の事が本当に大事みたいだね…羨ましいよ、青春だねぇ」

梓「…私、私はどうしたら」

メメ「違うっておちびちゃん、そうじゃないだろう?聞きたいのは、そんな事じゃあ、ない筈だよ」

梓「はい…私は、やっぱり私の電気と、皆の私に関する記憶は…関係が…」

メメ「あるね、うん間違いないよ」

梓「…ッ…」パチ

メメ「おっと危ないなあ…落ち着いてないと、暴走しちゃうよ?ほら、深呼吸深呼吸」

梓「…すーはー…す、すみません」

メメ「ま、ここじゃあその電撃は僕にはあたらないけどね」

梓「そんな事が出来るんですか?じゃあ…先輩達にも」

メメ「…やだよ」

梓「な、なんで…ですか?」パチ

メメ「これは結界だよ、この中にずっといないと意味がないからね…いや、もちろん移動式の結界なんて物もあるにはあるんだけど」

梓「じゃあそれを…ッ…お願いします!」

メメ「やれやれ、だから君はおちびちゃんなんだよ」

梓「!」パチパチ


梓「私が…子供…?」パチチ

メメ「ああ、子供も子供、ちびっ子だよまったく」

梓「…」パチパチ

メメ「…これだけ言ってもまだわからないのかい?なあ、おちびちゃん」

梓「--…うるさい、です…」パチッバチバチッ

メメ「もしかして怒ってるのかい?やれやれ、それって逆ギレだよ…まったく最近のちっちゃい子は恐いねぇ」

梓「………だまれ」バヂィッヂヂヂヂ

メメ「おや、やる気かいおちびちゃん?いいよ、喧嘩は売られれば買うよ、痛いのは嫌いだからね……どうした?怖じけづいたかい?」

梓「…あ?」

メメ「やっと僕の目をみたね、ふむなかなかいい目をしてる…じゃあ、とっととかかってきてくれないかなおちびちゃん、実はさっきから」

梓「…う、ぅうぁぁあああああっっっ!!!」バチィッ

メメ「よっと…トイレに行きたくてしょうがないんだよね」

梓「うわあああああああっっ」バヂヂヂヂヂ

メメ「だから当たらないってば、いいのかい?そうやって電気を無駄遣いしてると」

梓「ッ!…うる、さあああああいっっっ!」バチバチバチバチッ

メメ「我が儘もすぎれば可愛くないよ、君は唯一の後輩なんだってね?まあ可愛がられて当然っちゃ当然だけどさ」

梓「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ!あなたに!なにがっ!わかるってんですかっ!」ヂヂヂヂッ

メメ「何もわかっちゃいないよ、ただ君に少しだけムカついてるんだよね…ガキが嫌いでさ」

梓「!…またっ、またガキって…子供って…ちびっ子って……う、うううっ」バチバチバチバチ

メメ「こんなガキを可愛がるなんて、あの子、唯ちゃんだっけ?あの子もどうかと思うなあ」

梓「!……唯先輩を……悪く、言うなあああああああああっ」バチバチチヂヂヂヂッ

メメ「…お、それは当たると痛そうだね。殺す気かい?……よっと」

梓「あ、あれ?…ッ……」パチ…パリ…フッ

メメ「やっとこれで全部かい?…ふう、結界張るのも体力つかうんだから…流石にもう歳かな、疲れたよ」

梓「出ない…じゃあもう先輩達皆も私のこと…忘れて……くすん、うえーん」

メメ「もうさすがにわかった筈だよね、僕が君に怒っている理由」

梓「…くすん……はい」

メメ「うん、いい子だ…とりあえず何から話そうかな」



これは、私が一匹な鯰と交わした契約のお話
体育祭が近づいてきて、他のクラスにくらべると、かなり早い段階で私のクラスは選手決めをしていました


憂「梓ちゃんリレーでたいんだ?」

梓「うん!…やっぱり駄目かな…あんまし足速くないし」

憂「そんなことないと思うよ!私知ってるよ?梓ちゃん最近走る練習してるでしょ?」

梓「!…うん」

そのまま憂に引っ張られて体育委員さんの所へ生きました


体育委員さんは私を見てこういいました

「ごめん梓ちゃん、私たち、本気なんだ」

本気だから、本気で勝ちたいから

憂「で、でも梓ちゃんだって頑張って」

「…でもさ…私陸上部だからはっきり言わせてもらうと、梓ちゃん走るのには向いてないよ」

憂「そんな、なんで?」

「…梓ちゃんはちょっと小さいから、どうしても限界があるの」

私はリレーの選手にはなれませんでした


もちろん、それを聞いた憂も、純ちゃんも怒ってました
でも、私は

梓「そっか、ごめんね?他ので頑張るね?」

「ありがとう、梓ちゃんは無理しないで、梓ちゃんには-----」

体育委員さんはまだ何か言っていました
でも私の頭には、まったく入ってきませんでした
その日の帰り道、私は
一匹の大鯰と契約を交わしました



メメ「『紫知鯰』…猫の顔をした人面魚ならぬ猫面魚さ、文字通り猫を被ってるってわけだね」

梓「…」

メメ「そして、似たように本心を隠して覆った君の前に現れた、そして君と鯰は契約をしたんだね?」

梓「はい、…力を、貸してくれるって、私…私、本当は、悔しくてっ…」

メメ「…なるほどね、『紫知鯰』は字にすれば『質鯰』と、書かれてる文献もあってね」

メメ「そう確かに『紫知鯰』は君に力を貸したんだ。でも、ただじゃ貸してくれない、あるものを担保に取られる」

梓「皆の記憶…」

メメ「そう、質の悪いことに君からじゃなく君の大切な人の記憶だよ…君に関する記憶や思い出を少しずつ、貸した分だけ持っていく」

梓「じゃ…じゃあ、私の電気はもう空っぽだから…」

メメ「………」

梓「や、やっぱり…ううっ…うわーん」


梓「ど、どうしたら…私…いやです…皆に忘れられたままなんて……嫌、」

メメ「仕方がないんじゃないかな?契約をしたのは君だよ?判まで押しといて今更白紙にはできないよあっちの世界でも、こっちの世界でも…ルールは守らなきゃ」

梓「!…で、でもっ記憶を取られちゃうなんて私聞いて」

メメ「ないはずはないんだよ、『紫知鯰』はきちんとルールは守ってる、守っていないのは君だよ。」

メメ「ちゃんと説明はあったはずさ、最初にとられる記憶だけが例外でね、今は忘れてるだけだ…おかげで罪悪感なんてなかっただろう?…君が、望んで記憶と引き換えに力を借りたんだよ」

梓「そ、そんな…私…最、低だ………」


メメ「反省してるみたいだからいいことを教えてあげようかな」

梓「…いいこと?」

メメ「おかしいな、とか思わなかったのかい?結界をはっている筈なのに僕は必死こいて君の電撃を避けてまわって」

メメ「まあ、君はトランス状態だったからね、気付く筈ないか…まあとにかく、この足元の結界は僕の身を守る為のものじゃないんだよ」

梓「…?」

メメ「借りた物は返さなきゃ『紫知鯰』は君が死ぬまで取り立てに来る、きっちりしてるからね」

梓「返さなきゃ…でも、何を?電気はもう全部…」

メメ「全部じゃないよ、『紫知鯰』の電気は無限だから。それだけ借り続ける事が出来る」

メメ「だからまずこの部屋に奴が干渉できないよう結界を貼った、壁の落書きがそうだね」

メメ「そんでもっと僕の足元の落書きが君の放つ電撃を『紫知鯰』まで送り届ける為の結界、通過すると電圧が一気に跳ね上がるような細工もちょっとだけしといた」

メメ「君に貸した分よりも多く返してやったんだ、文句はないだろ?利子みたいなもんさ…もちろん皆の記憶も、戻ってる筈さ」

梓「あ…ッ…忍野、さん」

メメ「お礼なら…そうだね、今度ミスドでも持ってきてくれないかい?久しぶりに食べたくなってね」

梓「………はい!」

メメ「いい返事だね、おっと待ちきれなかったみたいだ、最初に言わないといけないこと、わかってるよね?」

梓「…!」


唯「あずにゃーん!!大丈夫?どこもケガしてない?」

律澪「梓!!…よかった」

梓「唯先輩…、律先輩澪先輩」

澪「心配かけるんじゃないぞ…まったく」

律「そうだぜ~私一人で澪と唯を止めるのはちょっとキツかったぞ、まあ、私も限界きちまったけど…」

梓「…あの、その…」

紬「梓ちゃん!…ごめんねさっき皆に聞いたわ!私梓ちゃんにひどいこと、忘れちゃうなんて…」」

梓「ムギ、せんぱ……ご、ごめんなさ…本当にごめんなさい…くすん、うえーん」

唯「ど、どうしたのあずにゃん?なんで謝るの?」

メメ「やれやれ、青春だねぇ…」」


---もう少しで大切なモノを失う所だった私は


梓「はっ、はっ、」

唯「あずにゃーんファイトー!」

澪「頑張れー!梓」

紬「梓ちゃんもうちょっと!」

律「梓ー!!やったれー!いてこませー!こかしたれあだっ!澪しゃん痛い…」


---前よりも、もっともっと大切なモノが


梓「はあっはあっ…」タンッ

『ただ今の部対抗リレー文化部の部、優勝は軽音部ですっ!』


---絶対に忘れたくない思い出が、一つ、今この瞬間にもまた





あずさキャットフィッシュ おしまい





6