……

唯(……)

唯(……あれ?)

唯(いつの間に寝ちゃってたんだろー……?)

唯「もう、くるしく、ないや」

唯「あー、よかった」

唯「これでまたあずにゃんを さがしに いける」

唯「あずにゃんー。どこにいるのー」テクテク ベタベタ

唯「あずにゃん、あずにゃん、へんじしてー」ベタベタ グチャグチャ

唯「あずにゃん、あずにゃん、あずにゃんにゃん♪」ベタベタ グチョグチョ

唯(あー……なんか、急に冷えてきたよー……)

唯(あのね、あずにゃん。すっごく寒いんだ)

唯(こんなに寒い場所があったんだね、あずにゃん)





 ……
……
 ………

唯(あれから、どれだけ歩いたんだろう)

唯(空には太陽も月もないから、何日経ったかも分からない)

唯(一ヶ月経ってるかも知れないし、もしかしたら一時間も経ってないかも知れない)

唯(皆、心配してるかな?)

唯(やだな。きっと、おこられるよね)

唯(ごめんね、皆。でも、待ってて)

唯(あずにゃんと一緒に、帰って来るから!)



唯「さむいねぇ」

唯「くらいねぇ」

唯「あずにゃんもいないし、つかれちゃった」

唯「……。……でも。でもね」

唯(この おかしな まち も)

唯(あずにゃんのことだって ぜんぜん こわくないんだ)

唯「えへへ……わたし、ちょびっとだけ つよくなれたみたい」

唯「はやク アズニャン ニ あイタイ ナァ」

梓「……先輩」

唯「あ、」

唯「あずにゃあああああん!」タタタタ!

梓「せん、ぱ……わっ」

唯「あいたかったよっ! ずっとずっと、さがしてたんだよ!?」ギューッ!!

梓「……」

梓「……来ないで『タスケニ』って言っ『キテ』た『クレタンデスカ?』のにっ!」

唯「あれれ。おかしいな」

梓「お願『モット』いです。も『ギュッ テシテ』う離し『サミシカッタ』て下さ『デス』い……」

唯「あずにゃんのコエが にじゅう に なっちゃった!!」

梓「『ユイセンパイ』もう、ふざ『ココロボソカッタ』けてる『ンデスヨ?』場合じゃ『スゴク スゴク』ないでしょっ!」

唯「そっか……ごめんね、もっとはやくにみつけてあげたかったんだけど」

梓「違い『ヘ」タ霽レ、』ます! この声は『ャサ爨鵑ヌ、ッ、・ニエ』私の声じゃ、な『鬚キ、、、ヌ、ケ』いんですっ!」

唯「うれしい? おかしいな、わたしも うれしく なって きちゃった」ニコッ

梓「せ、せ『、コ、テ、ネ、ウ、ウ、ヌハ・鬢キ、゙、キ、遉ヲ。ェ』んぱい……?」

唯「……あずにゃん」ギュッ …グググ、グチャ

梓「あ…『、ュ、筅チ、、、、』…」

唯「ご、ごめん! あずにゃんの せなか つぶれちゃった」アセアセ

梓「……良いです『ツ郢・、ュ』よ。もうだい『オ・オ、ハ、、』ぶ腐敗も進んでましたし」

梓「とにかく、一旦離れて『、筅テ、ネ、ョ、螟テ、ネ、キ、ニ。ゥ』くれませんか?」

唯「やだーっ。ようやくあえたんだもんっ」ギュゥー

梓「離れて『イソ、ヌ、ス、鵑ハサ・ケ、・ホ。ゥ』っ!!」ドンッ

唯「あ、ず……にゃん……?」

梓「良く見て下さい、唯先輩」



梓「 ねぇ、私……もう、人の形してませんよ……? 」



唯「   あ 」

梓「ゴポゴポ ゴボゴボゴボゴボ」

唯「  あずにゃ、くるしい、の?」

唯(喉の穴には粘った茸みたいな白い糸)

唯(そこから空気が漏れ出て、糸はふわふわ揺れる)

唯「……ネックレスみたいで、きれーだね」ニコニコ

梓「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ」

梓「ゴボゴボ            …ゴポッ」

梓「   」

唯「あずにゃん?」

梓「『ヘ」タ霽レ。。、ノ、ウ、ヒ、篁ヤ、ォ、ハ、、、ヌイシ、オ、、、ヘ。ゥ』」

唯「へへへ。もちろんだよー」

唯「しんぱい しないで? わたしは、ずっと、ここに いるよ?」

梓「『、エ、皃鵑ハ、オ、、。。、エ、皃鵑ハ、オ、、。。、エ、皃鵑ハ、オ、、』」

唯「ああ。あやまらないで。なみだもでないのに なこうとしないで」

梓「『サ荀マ、ネ、鵑ヌ、筅ハ、、、ウ、ネ、鬚キ、ニ、キ、゙、、、゙、キ、ソ』」

唯「そんなこと、ないよ。むしろ ひどいことしたのは わたしのほう なのに」



梓(唯先輩には、ここに来て欲しくなかったのにな)

梓(こんな風になった私なんて見られたくなかった)

梓(あぁ。先輩。そんなに強く抱きしめたら)

 ぐちゅり

梓(……ほら、ね?)

梓(もっと気をつけて下さいよ。今の私は豆腐より脆いんですから)

梓(別に良いんですけどね。ちょっとも痛くないし、もう、元には戻れませんもん)



唯「    」

唯「   ぅあ……あああああああああ!!」

唯「あずにゃんが、あずにゃんが、くずれちゃった」ポロポロ

梓(唯先輩はまだ涙が出るんだ……手遅れじゃ、ないのかも知れない)…ホッ

梓「『、ユ、ユ、ユ。」ヘ」タ霽レ、テ、ソ、鮖鵑、ケ鵑、』」

梓(あれ……私は、何を言ってるの……?)

唯「あずにゃんのうで ばらばらに なっちゃった」

梓「『ヘ」タ霽レ、テ、ニ。「チエチウノ螟テ、ニ、ハ、、、ヌ、ケ、隍ヘ。ゥ』」

梓(違う、私はそんな事思ってもない!)

唯「あずにゃん? どうしてわらってるの?」

梓(私は笑ってなんかいませんよっ。笑っているのは……)

梓「『、ネ、ノ、皃鮖ノ、オ、ハ、ッ、チ、网、、ア、゙、サ、鵑ヘ』」

唯「『とどめをさす』? ねぇ、あずにゃん? どーゆーこと?」

梓(――っ)



梓「あ… ぅうぅ……あ…ぁ……」グググ…

唯「あず、にゃん……?」

梓『、ノ、ヲ、キ、ニシルヒ筅ケ、・ホ!?』
梓「うるさいっ、邪魔なのはお前だっ!」

梓『サ茖「ヘ」タ霽レ、ネー・・ャホノ、、、ホ、ヒ』
梓「私もそうだよ!? でも、そんな事、絶対しちゃいけない!!」

梓『、ス、・ク、网「。「、ウ、ウ、ヒ、ソ、テ、ソー・ヘ、ヌオ・ウ、ア、ハ、ュ、网、、ア、ハ、、、ホ!?』
梓「……私は、それでも良い。そうするしかないんだもん」

梓『、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「、「!!!!!!』
梓「もう諦めて。……私も、諦める、から」


唯「どうしたの? なにをいってるの? ねぇ、なに を――何を?」


梓『タエラレナイ コンナトコロニ ヒトリキリ ダナンテ』

梓「堪えられなくても、そうするべきなの」
梓「私とあなた、二人きりでここに居るしか……ないから……」

梓『コワイ サムイ サミシイ ツライ』

梓「だって ゴボッ そんなのしかたない ゴボッ から」

梓『ユイセンパイ タスケテ』

梓「……私は、唯先輩を助けたいから」

梓『  』ぐちゅぐちゅぐちゃぐちゃ

梓「  」

梓『』どろどろどろ…

梓「  ……あぁ」



6