―ゆいのいえ!―

唯(やっぱりあずにゃんは、死んじゃってたんだ)

唯(夢なんかじゃなかった)

唯(誰からも信じられなくったって良い。……ただの夢だったら、良かったのに)

唯「……あずにゃん、どーなっちゃうんだろ?」


 ガチャッ

憂「……お姉ちゃん?まだ、起きてる?」

唯「どーしたの、憂?」

憂「……」

憂「部活で、梓ちゃんおかしなことしなかった?」

唯「……っ」ビクッ

唯「い、いつも通りだった、よ?」

憂「そっか……それなら良いんだけど」

唯「なにか、あったの?」

憂「たいした事じゃないよ」

憂「たいした事じゃない……けど……」

唯「……聞かせて」

憂「え?」

唯「何があったか聞かせてよ、憂」

憂「どうしたの、お姉ちゃん? そんな真剣な顏して。……何だか、怖いよ」

唯「……で、あずにゃんがどうおかしかったの?」

憂「え、えーと……」

憂「……やっぱり何でもないっ」

唯「憂っ!!」

憂「……っ」ビクッ

唯「聞かせて。お願い」

唯(アイスは食べちゃったけど)

唯(何が起こったって、私は平気だから)

憂「私の聞き違いかも知れないよ?」

唯「うん」

憂「ただの勘違いかも知れないよ?」

唯「うん」

憂「……だから、聞かない方が良いよ、絶対」

唯「それでも良い。それでも良いから……教えて?」

憂「あのね、」

憂「昼休み、やっぱり梓ちゃんは何も食べなかった」

唯「そっか」

憂「それで、食べなきゃ身体に毒だよって私が言ったら……梓ちゃん、私の方を見て……」

唯「……うん」






憂「『唯先輩も、死ねば良いのに』って」



唯「あ……え……?」

唯「……う、嘘だよね、憂」

憂「……聞き違い、だよ、ね。ただの」

唯(……)

唯「う、うん! そーだよー。きっと憂は疲れちゃってるんだよ」

唯「今日は私がお皿も洗うよ! だから憂は休んでて!」

憂「ダメだよ!」クワッ

憂「お姉ちゃんがお皿の破片で腕でも切ったら……私、私……」

唯(あぁ、食器割るの前提なんだ……)

唯「だいじょーぶ! 私だって、それくらいできるよ!」

憂「ほんと?」

唯「ホントー……だと、思う……よ?」




―つぎのあさ!―

憂「おねーちゃーん。そろそろ起きないとダメだよー」

唯「うーん……起きてる……よー」

唯「……」

唯「……グゥ」zzz

憂「起きなよー。遅刻しちゃうよー」ユサユサ

唯(今何時だろ……?)ケイタイ パカッ

唯「……」

唯(あずにゃんからメールがきてる)



『ヘ」タ霽レ。。、エ、皃鵑ハ、オ、、
 ス・ア、ニイシ、オ、、。」サ茖「、ウ、・、、鵑ヌ、ケ。」
 エィ、ッ、ニエィ、ッ、ニ。「イソ、筅ォ、筅ャカイ、惕キ、ッ、ニサ荀マ』



唯「!?」ビクッ!!

憂「ど、どうしたの?」

唯「あ……あのね……」

唯「……」

唯「……ううん、なんでもないっ」パタン

唯「そ、それより、お腹すいたなー。朝ごはん朝ごはんー」パタタタ…

憂「……?」




―おひるやすみ!―

唯(『読めないよ』って返信したけど、返事が来ないや……)

唯(直接会って聞こう。それしかない)

唯(……どうか、あずにゃんがおかしくなっていませんように)



唯「うーいー」

憂「お姉ちゃん、どうしたの?」

唯「あずにゃん……居る?」

憂「……梓ちゃん、今日お休みしてるみたいなの」

唯「え……っ」

憂「……昨日の事もあるし、なんか気になっちゃって」

憂「だけど、メールしてみたけど返信来ないんだ……」

唯「わ、私もあずにゃんにメール送ったよ!」

唯「ずーっと待ってるけど、返事が来なくって……」

憂「……」

唯「……」

唯「……私、もう一回メールしてみるよ!」

唯「それでも返信がなかったら電話する!」

唯「電話も出なかったら……」

唯「……その時は、帰りにあずにゃんの家に寄ってみるよ」



唯(『あずにゃん、どうしちゃったの?』)

唯(『やっぱり身体の調子おかしいの?』)

唯(――『ごめんね。本当にごめんね、あずにゃん』)

唯「……送信、と」

唯(返事、くるかな……)

唯(あずにゃん、どうしてこんな事になっちゃったのかな?)

唯(私のせいだよね、絶対)

唯(ごめんね、あずにゃん)

唯(……私どうすればいいのかな?)

唯(あの時、どうすれば良かったんだろ?)

唯(心臓の止まった――見るからに死んでしまったあずにゃんに、何をしてあげれば良かったんだろう?)

唯(きっと私はとんでもない事をしたんだ)


 prrr…


唯「……!」ドキッ

唯「で、電話……」



唯「もしもし、あずにゃん!?」

梓『ゴポゴポ…ゴポポ……』

唯「あ、あずにゃん、どうしたの? ねぇ、あずにゃんったら!」

梓『ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ』

唯「あずにゃんっ」

梓『 、ソ、ケ、ア、ニ。。、ウ、・、。。、ッ、コ、・ニ、、、ッ 』

 ブツッ! ツーツーツー…

唯「……っ!」



4