高校入学当時


澪「はあ…」

律「澪どしたー?」

澪「律、高校入って友達何人出来た?」

律「そーだなー、席が前後と両隣の子たちは仲良くなったぞー!」

澪「へえ…」

律「澪はー?」

澪「まだ律以外、知り合いいない…」

律「澪の性格じゃ友達作りに時間かかるだろうなー」

澪「同じクラスなのに…」

律「まあまあ、焦るなよ」

澪「…死にたい」

律「またまた~」

澪「はあ…」

律「いいじゃん、わたしがいるんだから」

澪「でも…」

律「澪はわたしが独り占めだー!」

澪「律…」

律「それでも死にたい?」

澪「…もうちょっと頑張る」




軽音部発足


澪「はあ…」

律「今度はどした?」

澪「ムギも唯も入部してくれてさ…」

律「オリジナルの曲も出来たな~」

澪「何で作詞がわたしなんだよ…」

律「あれ?乗り気じゃない?」

澪「元々文章書くのは好きだけどさ…」

律「じゃあ問題ないだろ?」

澪「みんなの前で発表するのがやだ…」

律「そこかー」

澪「…死にたい」

律「何だかんだ言ってさ、澪の書く詞好きだよ」

澪「ほんと?」

律「うん、みんなに聴いてほしいと思う」

澪「あ、ありがと」

律「それに、次の出来によってはごほうびあげちゃう!」

澪「なに?なに?」

律「まだ内緒、だから頑張れるよな~?」

澪「…はあい」




学祭前


律「ガチガチだな」

澪「当たり前だろ…」

律「気分はどう?」

澪「…死にたい」

律「人前で歌うのそんなに嫌か?」

澪「こんな格好までさせらて、当たり前だろ…」

律「ごめんな、いつも巻き込んで」

澪「え?」

律「軽音部に引っ張りこんだの、わたしだからさ」

澪「…律は悪くないよ」

律「そっか…わたし信じてるよ、澪のこと」

澪「律…」

律「歌えるよな?」

澪「…やってみる」




学祭後


澪「…死にたい」

律「パンツくらいなんだよ」

澪「お嫁にいけない…」

律「じゃあわたしが澪のこと貰ってやるよ」

澪「!?」

律「田井中澪さん」

澪「はい…」

律「余命1ヶ月の花嫁とかやだぞ?」

澪「わかったよ…」




クラス発表


澪「わたしだけ違うクラス…」

律「やっぱりショックだよな」

澪「ああ…だいぶ」

律「大丈夫、放課後みんなに会えるんだし」

澪「違うもん」

律「違うのか?」

澪「…律と離れたのが寂しいんだ」

律「そ、そうか」

澪「うん…」

律「…」

澪「…」

律「…クラスは離れてもさ、ずっと一緒だから」

澪「…わかった」


律「だから死にたいってのは禁止!じゃあな!」

澪「…言わないよ!また」

澪「…寂しい」




勧誘


澪「何で着ぐるみなの…?」

律「インパクト勝負だよ」

澪「しかも馬って…」

律「あの中じゃ一番高貴な動物じゃん」

澪「でも可愛くない」

律「わがままさんだな」

澪「…死にたい」

律「そう言うなって」

澪「もうあれ着たくない」

律「…澪がビラ配りなんてハードル高いと思っての着ぐるみなんだけどな」

澪「え…」

律「せめて顔を隠せば澪も頑張れると思ったけど、飛んだ迷惑だったな」

澪「…嘘だよごめん、頑張る」




後輩


律「梓可愛いなあ」

澪「そうだな…」

律「元気ないじゃん」

澪「だって…」

律「いじられる対象が梓に移るぞ?」

澪「…死にたい」

律「…え?」

澪「…律が構ってくれなくなる」

律「…後でたっぷり構ってやるよ」

澪「…楽しみにしてる」




ピンチ


律「みおー?」

澪「超能力者か」

律「わかるよ~…澪の足音は」


律「もう治った~!!」

澪「ほら、寝てなって。まだ熱あるんだから」

律「寝るまでそばにいてよ~、ねえお願いみお~」


律「スピー」Zzz...

澪(死にたい、このまま死にたい)




土曜の夜


澪「はあ…死にたい」

澪「ていうか、死のう…」

澪「まずは身辺整理だな…」

澪「歌詞ノートは焼こう…」

澪「あ、学校に1年の時の学祭DVDが…」

澪「もういいか…」

澪「死ぬ前に部屋を片付けよう…」

澪「このアルバムも捨てようかな…」

澪「入学式の写真…」

澪「これは部の発足記念のだ…」

澪「この律可愛いな…」

澪「ていうか…律との写真ばっかりだ…」

♪~

澪「律からメールだ」


From 律

「明日デートしようぜ!」


澪「…何着ていこう」




冬の日


律「澪が一人で海なんて、入水自殺が起こりそうで怖いな」

澪「…わたしそんなイメージしかない?」

律「そりゃいつも死にたい死にたい言ってりゃな~」

澪「…死にたい」

律「冗談だよ、ごめんごめん」

澪「…前髪を下ろしたキミも見てみたい」

律「やめてくれっ…」

澪「男からだと思っただろ?」

律「…死にたい」

澪「でもあれわたしの本心だから」

律「…照れ死にしそう」




唯の場合


澪「…死にたい」

唯「えっ!?」

澪「もうやだ、生きるのやだ」

唯「だめだよそんなの!」

澪「だって…」

唯「澪ちゃん、よく聞きなさい」

澪「…はい」

唯「澪ちゃんが『死にたい』って言ってる今日は、
  昨日死んでしまった人が生きれなかった明日なんだよ!」

澪「…ごめんなさい」

唯「わかったならよろしい!」




紬の場合


澪「…死にたい」

紬「あら澪ちゃん、どうしたの?」

澪「生きるのが嫌になっちゃったんだ」

紬「まあお茶入れるわね」

澪「…ありがと」

紬「はいどうぞ~」


澪「はあ、落ち着く」

紬「お菓子もたくさんあるよ♪」

澪「すごいな…おいしい」

紬「でね、澪ちゃん…楽に死ねる方法があるわ、聞きたい?」

澪「いや…何かそんな気分じゃなくなった…」

紬「そうよね~♪」




梓の場合


澪「…死にたい」

梓「そんなのだめです!」

澪「生きていいことなんて、1つもないんだ」

梓「軽音部はどうするんですか!?」

澪「わたし抜きで頑張ってくれ」

梓「…本気なんですか?」

澪「ああ…」

梓「じゃあ仕方ありませんね」

澪「?」

梓「殺 っ て や る で す」

澪「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ…」




幼少期


みお「…しにたい」

りつ「どーしたのー?」

みお「今日のたいいく、ドッジボールでしょ?」

りつ「たのしみだね!」

みお「やだよーこわいよー」

りつ「だからしにたいのー?」

みお「うん…」

りつ「んー、しかたないなー。じゃあ!」

みお「…じゃあ?」

りつ「わたしがみおちゃんのこと、まもってあげる!」

みお「…りっちゃんが?」

りつ「うん!今日のわたしはみおちゃんの王子さまだよ!」

みお「…ほんとう?」

りつ「たいいく、たのしみだね!」

みお「…うん!」




澪はわたしの幼なじみです。
小学校からずっと一緒。そばに居るのが当たり前です。
見た目は大人っぽくて、顔もスタイルも言うことなし!
だけど怖がりで恥ずかしがりで、引っ込み思案。
そんな澪は、時々「死にたい病」にかかります。
本当は、そんな言葉聞きたくない。


だって、大切な人だから。


澪「はあ…死にたい」

律「お前なあ…」

澪「何だよ…」

律「死にたい死にたいって、うるさい」

澪「え」

律「本気で言ってんのか」

澪「いや、その…」

律「本気なら仕方ないな」

澪「…」

律「わたしも死のっと」

澪「!」

律「だって澪が死んじゃうんだろ?わたし生きる意味ないもん」

澪「!!」

律「つーか死んでも一緒に居たいし!」

澪「!!!」

律「だからわたしも死ぬよ」

澪「やだ!!!」

律「死にたいんだろ?」

澪「…律が死ぬの、やだ」

律「じゃあどうしたいんだよ」

澪「…律と一緒に生きる」

律「幸せにしてやろうじゃねーか」



以上 おわり!