律「手加減いっさい無しで」




音楽室

澪「あ、律…今日は随分と早いんだな」

律「………」

澪「…どうしたんだ律?」

律「………」


スタッスタッ

澪「えっ?ちょ、ちょっと律…何を」


ドスッ


澪「……ぁっ……」

ヨロヨロ


澪「がはぁっ!げほっ!げほっ!……」

律「………」

澪「ごほっ!……はぁっ……はぁっ……」

澪「…な、なに……するんだ……」


ドゴッ


澪「げぼぉっ!…」

ビチャビチャッ

澪「おぇぇっ……ごほっ……げほっ……」

律「………」


律「お前が悪いんだぞ?」

澪「…けほっ……だから……何言って……」

ガシッ

澪「あぐっ!…」

律「ちょっと部活終わった後に話したい事がある、いいよな?」

澪「はぁっ…はぁつ……」

律「いいのかって聞いてんだよ!?」

澪「ひゃ、ひゃいっ!…残るから……残るから……も、もう叩かないでぇ……」

律「よし」



ガチャッ

紬「あら~澪ちゃんにりっちゃん、今日は早いわね…って、これは!?」

律「あぁ、ちょっと澪が体調悪くて吐いちゃったみたいなんだ」

律「悪いけど掃除するの手伝ってくれないか?」

澪「………」ガタガタ

紬「い、いいけど…」



部活後

律「さてと、それじゃあお話ししようか澪しゃん」

澪「……う、うん……」ガタガタ

律「私達、もう付き合い始めて二年目だよな?」

澪「そ、そうだな…」

律「今までキスもしたし、夜をベッド過ごしたりもしたよな?」

澪「う、うん……」

律「私は澪が今でも好きだし、これからもずっと好きだよ」

澪「あ、ありがと……」


ゴスッ

澪「あぐぅぅっ!!…」

律「じゃあ何で昨日のデートすっぽかしたりしたんだよ!?」

澪「っ!!……あ、あぁぁ……き、昨日は……ママと買い物に――」

律「嘘つくんじゃねぇ!」


ドゴッ

澪「あがっ!……ぁ……ぁ……」

ショワァァァ


律「バレてないとでも思ってたのか?」

律「私は知ってるんだよ…」

澪「はぁっ……はぁっ……な、なんの…こと?……」


ドスッ


澪「ぐぎゅっ!……ひっ……ぁ…いだいぃぃっ……」


律「お前、私以外の…それも男と付き合ってんだろ?」

澪「っ!?……そん……な……」

律「昨日見かけちゃったんだよな~、澪が男と家に入ってくの」

澪「……そ、それは……」

律「澪の中にたくさん出してたよな~、避妊もしない男なんかと付き合っちゃダメだぜ?」

澪「……な、何で……そんなこと……」

律「何で知ってるかって?…」





律「ずっとベッドの下で聞いてたからだよ」



澪「……え?……どういう……こと?……」

律「お前らがシャワー浴びてイチャコラしてる間に、部屋に先回りしてベッドの下に潜ってたんだよ」


律「人が隠れてるのも知らないで激しくヤってたな…私の前ではあんなに甘えてくれないのに」


澪「………」

律「でも安心しろって、もう私達を邪魔する奴はこの世に居ないからな」

澪「……り……つ?……」

律「あいつの最期の言葉、サイコーだったぜ?澪とは別れるから助けてくれ~ってさ!」

律「あははっ!私が許すわけないのにな!」

澪「……ぁ……ぁ……あぁぁぁぁぁっ!!」


ゴスッ


澪「ひぐっ!……あぅぅ……」


律「あいつも死んだ事だし、後は澪の中に残った精液を何とかしないとな」


ドスッ

ドスッ


澪「ぐふっ!ごぉっ……」

律「ちょっと痛いけど我慢しろよな?
  こうしてショックを与え続けてれば、妊娠してても流産するからさ」

ドゴッ

ゴスッ

ゴスッ

澪「ぎぁっ!はひぃっ!……あふぅぅっ……」



律「澪……もう浮気なんてすんなよ?私だけを見てろよ…」

澪「……ひゃい……ご、ごめんな……さい……」

律「いい子だな…ねぇ、キスしてよ?」

澪「………」


チュッ


律「ふふっ…」

澪「はぁっ…はぁっ……ひっく……ぐすっ……」





~~


澪「という嫌な夢を見たせいで寝起きが最悪だ…」

澪「電話もメールも痕跡残してないし…浮気の事、バレてないよな?」

澪「あれは夢、悪い夢なんだ…」

澪「………」

澪(ね、念のためにベッドの下確認しとこ…)ソーッ






律「…おはよ」


澪「」



おわり