――ステージ上

進行係「次は『放課後ティータイム+1』さんの演奏です! 準備をしますのでちょっと待ってね!」


キャー!
待ってましたー!
楽しみにしてたよー!



――ステージ裏

唯「な、なんだか私たち、大人気?」

律「主に女の子の声が多いな」

澪「……は、恥ずかしい」

紬「どうしてなのかしら?」



梓「……」

○○「梓ちゃん、緊張してる?」

梓「はい。先輩は?」

○○「緊張よりも怖いかな。失敗したらどうしようって」

梓「……大丈夫ですよ。先輩なら失敗しません」

○○「いや、大丈夫じゃない。だからさ」

○○「指1本、また貸してくれないかな?」

梓「……どうぞ」スッ

○○「ありがと」ギュッ

梓「……」

○○「……」


梓「……先輩」

○○「梓ちゃん」



「一緒に」

「ギターを」



ギュッ



パッ





――観客席

ワイワイガヤガヤ

憂「純ちゃん!」

純「あ、憂ー。なんとか間に合ったね」

憂「うん! それにしてもすごい人だかりだねー」

純「HTTのライブが近づくと、どんどん人が増えてったんだよねえ。今はもう立ち見もいっぱい」

憂「やっぱり、あの噂話のせい?」

純「だろうね。ところどころで女の子の黄色い声があがってるし……大告白劇でも始まるのかと、ワクワクしてるんじゃないかな」

憂「けど、まずはお姉ちゃんたちの演奏を聞いてもらわないと!」

純「それは大丈夫でしょ。あの人たち、本番には強そうだもん」

憂「うん、お姉ちゃんは特にね!」


進行係「では、『放課後ティータイム+1』さんです! どうぞ!」



――ステージ裏

唯「きた!」

律「よし、みんな、練習どおりにいけば絶対に成功するからな!」

澪「終わった後、みんなで笑えるように!」

紬「精一杯頑張る!」

梓「はい!」

○○「俺は2曲目の終わりから加わるから……みんな、まずは頼んだ!」

律「いくぞー!」

全員「おーっ!!」




――

――

――


ワアアア!


「ここで私たちのもう1人の仲間も加わるよー!」


ワアアア!

出たー! あれだー!
すごーい! 本当に出るんだー!


「メンバー紹介はさっき終わらせたけど、もう1人紹介します!」

「ギターの○○君です!」

ぎゅいーん!

ワアアア!

「6人になってあと1曲! これで本当に終わりだけど、聞いてください!」

「Let's play 『Johnny B.goode』!」


~~♪


Deep down in Louisiana close to New Orleans,
way back up in the woods among the evergreens,
there stood a log cabin made of earth and wood,
where lived a country boy named Johnny B.Goode,
he cannot run or swim or jump or sing so well,
but he could play the guitar just like a ringin' a bell.

Go go, go Johnny go go!
Go Johnny go go go!
Go Johnny go go!
Go Johnny go go!
aah Johnny B.Goode!


~~♪



9章 おわり




49