――30分前

澪「……」ガクブル

紬「……」

○○「……」

唯「塩キャラメルって癖になるねー」

梓「唯先輩……」

唯「どったの? なんだかみんな、暗いねえ」

律「お前のお気楽さが羨ましい」

○○「あと少しで出番か……」

澪「お客さんがいっぱいだなんて、怖い……」ガクブル

紬「こんな大舞台は経験ないものね」

律「はあ……」

律「私はそれよりもだな」

澪「律?」

律「この『放課後ティータイム+1』がずっと続けばいいのに、と思っちまうよ」

○○「……」

梓「……」



律「……なあ、○○」

○○「はい」

律「このライブが終わって9月になったら、やっぱりアメリカに行くんだよな?」

○○「……はい」

律「そっか」

梓「……律先輩、それは今話さなくても」

律「ああ、もう! こんなの私らしくない!」

律「○○!」

○○「は、はい」

律「このライブは絶対成功させるからな!」

律「で、心おきなくアメリカでもどこでも行ってきやがれ!」

律「ただし、絶対戻って来いよ! 合宿の時に言ったプリン作ってくれるって約束、まだ有効だかんな!」

○○「律さん……」

律「約束だ!」

○○「……うん、必ず、おいしいプリンを作るよ」

律「約束破ったらひどいからな!」



紬「○○さん……」

○○「はい」

紬「一緒に演奏できなくなるなんて、寂しくなるわ」

○○「……すみません」

紬「私、男の人と仲良くなるのって初めてだったの」

紬「楽しかった」

紬「音楽の話はもちろん、お菓子の話も時々してくれて」

紬「まだ色々と話したいと思う」

紬「だから戻ってきてください」

○○「……はい」



澪「……」

○○「……澪さん」

澪「……ぐす」

律「澪、泣いてないでなんか言おうぜ」

澪「ひっく……けど、緊張と寂しさが一緒になって、言葉が出なくって」

律「それでも、なんか言っとけ。な?」

澪「うん」


澪「○○さん」

○○「はい」

澪「……また一緒に楽器を弾こうね」

○○「もちろん。澪さんとなら、大歓迎だよ」

澪「うん」

澪「……」

澪(そして、梓と一緒に笑ってるところを、もう一度見せてほしい)

澪(○○さんが梓と幸せになってくれるのが、私の……何よりの幸せだから)

澪「……」ポロポロ

律「よしよし。よく言ったな」ナデナデ

澪「りつぅ……」



唯「みんな、しんみりしちゃったね」

梓「唯先輩……」

唯「私も、もっと6人で演奏したい、って思ってたけど」

唯「よく考えたら、これでずっとお別れってわけじゃないって気付いた」

唯「だから、もう泣かないし、今の時間を楽しもうって思ったんだっ」

律「……はは、唯にしては良い心がけじゃないか」

唯「私だって色々考えてるんだもーん」

○○「唯さん……」

唯「また、ギターを教えてね、○○君」

○○「その頃には唯さんの方が上手くなってたりするよ。唯さん、上達が早いから」

唯「えへへー、そうかなー」



律「っしゃ! 梓! 例のものを!」

梓「はい!」

○○「例のもの?」

澪「○○さん、私たちの鞄に、こういうキーホルダーがついてるの、気付いてた?」ジャラ

○○「それは……ひらがなのキーホルダー?」

唯「修学旅行に行った時に買ったんだよー。ほら、5つを繋げて読むと」

○○「『け』『い』『お』『ん』『ぶ』……なるほど」

紬「それでね、○○さんも同じバンド仲間でしょう?」

律「だから同じような感じのを、梓にネット通販で買ってきてもらったんだぜい!」

梓「これです!」ジャラ

○○「これは……『+1』」

梓「1週間で見つけるのは苦労しました。なかなかよさそうなのが見つからなかったので」

律「本当はひらがなにしようと思ったけど、バンド名に『+1』が入ってるから、これで良い感じだろ」

梓「どうぞ、○○先輩」ジャラ

○○「……」

唯「今日は皆、これをベルトにつけて演奏するんだよー」

律「さわちゃんの衣装にベルトがあってちょうど良かったな」

澪「スカートが短いのが難だけど……」

紬「ふふ、これで『けいおんぶ+1』になるのね」

○○「……あ」ポロ


唯「あ、○○君が泣いちゃった」

梓「先輩、ハンカチを」

○○「だ、大丈夫。ちょっと感激して……」ゴシゴシ

○○「ありがとう。大切にする。ずっと大切にするから」

律「つーか、大切にしてくれ。今度会った時は鞄につけといてくれよ」

○○「はい、もちろん」

澪「辛い時はこれを見て、私たちを思い出して、ね」



スタッフ「『放課後ティータイム+1』さーん、そろそろ出番ですので準備をお願いしまーす」



48