9章


――8月30日 


チュンチュン


ムクリ

梓「……朝か」

梓「今日がついにライブの日」

梓「……」

梓「準備しないと」



――梓の携帯


to ○○先輩
件名 おはようございます

先輩はきちんと眠れたでしょうか? 私は絶好調……だと思います。
昨日の晩は色々と考え込んでしまいましたが、今はもう考えないことにしました。
自分の気持ちを全部、ライブに向けようと思います。

成功させましょう。そして楽しみましょう、先輩。



from ○○先輩
件名 おはよう

体調は万全。身体の調子もいいよ。今日以上に身体が充実してる日はそうそうないと思う。
俺も梓ちゃんと同じく、終わった後のことは考えないことにした。
自分の技術とハートを全部出し切って、音楽活動のひとまずの締めくくりにする。

梓ちゃん、ありがとう。そして頑張ろう。




――午前10時 合同音楽フェスティバル 会場

ガヤガヤ

唯「ほへー、すごいね! 体育館の前に人がいっぱい!」

澪「ああ、まさかこんなに観客が集まるなんて」

律「ただの高校生のイベントだってのに、大人も混じってるのな」

紬「あそこにいるのは中学生ね。小学生っぽい子もいるわ」

梓「桜高の知り合いも、ちらほら」

○○「ここから近いから、見に来たんじゃないかな」


トタトタ

純「おーい、梓ー」

梓「あ、純!」

純「ようやく来たね。けいおん部の皆さんも、お久しぶりです」

律「ようよう」

唯「純ちゃん、おはよー」

純「はい、おはようございます……あっ!」

○○「?」

純「え、えーと、あなたがその、梓の彼氏さんでいらっしゃいますでしょうか?」

律「なんつー変な敬語」

唯「純ちゃん、おっかしー」クスクス

梓「純! そのことは後で詳しく説明するって!」

○○「あー、はい、そうですよ。梓ちゃんの彼氏です」

梓「先輩!?」

純「おー、やっぱり彼氏いたんだ! いやー、なかなか背も高いし、良い男じゃないの、梓!」

梓「もう、純!」

純「あはは。じゃ、私は午前中の部が出番だから、準備してくる。また終わったら詳しく話聞かせてよね!」

○○「頑張ってください」

純「ありがとうございます! では!」

タタタタ


梓「もう純ってば……変なことばっかり話して」

律「いいじゃんいいじゃん、嘘ってわけじゃないんだしさ」

梓「それでも恥ずかしいんです!」

澪「で、私たちはいったいどこに行けばいいのかな」

唯「控え室とかあるのかなー?」

和「みんなー、こっちよー」

紬「あ、和ちゃんがあそこにいるわ」

唯「おーい、今行くよー」

律「っしゃ! けいおん部出陣じゃー!」



テクテク

バサッ

和「はい。ここが出演者用の控えテントよ。出番が来るまでここで待機していてね」

澪「ちょっと暑いな……」

律「人でいっぱいなのに、冷房器具が扇風機だけってひどいなー」

和「仕方ないのよ。屋内に控え室を取れなくて。会場を管理するので手一杯なの」

梓「○○先輩、スポーツドリンクを持ってきましたからどうぞ。熱中症にならないようにしないと」

○○「ありがとう。塩キャラメルも持ってきたから、多分大丈夫だと思うけど」

律「塩キャラメル?」

紬「初めて聞いた! どんな味なのかしら?」

唯「ちょうだいちょうだい!」

梓(緊張感がないなあ)




――正午

ズンズンズンズン

律「もう、ステージは始まってんだろうな」

梓「低音がここまで聞こえてきますもんね」

澪「私たちの出番まであと2時間ぐらいか……」

紬「じっとしていたら緊張してきちゃうわね」



バサッ

唯「みんなー、ステージはなんだかすごいことになってるよー」

律「お、偵察部隊が戻ってきたか」

○○「すごい人だかりだったよ。プロのコンサート並の出入りだね、あれは」

梓「人ごみに酔っちゃいそうでした」

律「で、純ちゃんと○○の友達のライブはどうだったんだ?」

梓「純のジャズはすごい好評でした。前後のバンドがロックだったのに、全然浮いてなかったです」

○○「友のバンドはかなり盛り上がってた。あいつ、またキーボード上手くなってたなあ。良い曲書いてたし」


バサッ

友「そりゃどうも。俺もかなり真剣に演奏してたんでねえ」

唯「あ! 変態さん!」

友「どーも変態でーす!」

律「ついに吹っ切れたのか」

澪「変態を受け入れるっていうのもすごいな……」

紬「汗がいっぱい……タオル、使いますか?」

友「お、おう! 女の子のタオル……こ、興奮して燃えてきた!」

○○「そのまま燃え尽きてしまえばいいと思うよ」


友「君たちの出番はまだ先なんだろ?」

唯「あと2時間ってところかなー」

友「だったら今のうちにPAの調整しといた方がいいかもだな。予想以上に客が多いせいで、後ろまで音が届きにくいかもしれん」

澪「やっぱりこのお客さんの入りは、みんな予想外だったんだ」

友「そうみたいだな。そろそろ昼休憩に入るし、暇があったらエンジニアと打ち合わせしといたら?」

律「お、アドバイスありがてえ」

友「いえいえ、俺も君たちの演奏と○○の初ステージを楽しみにしているのでね」

「おーい、友ー!」

友「っと、仲間が呼んでる。もしアンプの出力足りなかったら俺たちの貸すから! そん時は声かけてくれ!」

唯「ありがとねー!」

○○「さんきゅ、友」

友「おう、頑張れよー!」



――本番 1時間前

○○「あと1時間か……」

律「本格的に緊張してきたな」

澪「……うぅ」びくびく

唯「塩キャラメルってしょっぱーい! うひゃー」

梓「唯先輩は相変わらず緊張とは無縁ですね……」

紬「お茶でも淹れるわねー」


ごくごく

律「ぷはー、あー、和むなー」

梓「ムギ先輩のお茶は特別ですね」

○○「心が穏やかになる感じだ……」

紬「うふふ、ありがとう」


バサッ

さわ子「みんなー……お待たー」ふらふら

澪「さわ子先生!」

梓「わっ、すごい隈が!」

さわ子「ごめんねー、衣装がなかなかできあがらなくってー」ふらふら

律「って、今回も衣装作ってたのか!」

澪「そういえば作るって言ってたような……」

さわ子「せっかくのステージなのに、みんな私服だなんて面白くないじゃない!」ドンッ!

さわ子「というわけで、さっさと着替えてきなさい! 今すぐ!」

律「うお、この剣幕、断れん!」

澪「うぅ、変な衣装じゃないことを祈りたい……」

さわ子「はい、○○君も!」

○○「え? 俺も?」

さわ子「もちろんよ! さあ、着替えた着替えた!」



――着替え後

唯「かわいい衣装だねー! ヒラヒラがいっぱい!」

律「ふーむ、なんか大人っぽいな。ゴシックっぽいけど……パリコレみたいな感じ?」

澪「す、スカートがちょっと短いような……」

紬「大丈夫、ぎりぎり見えないぐらいよー」

梓「どうして私には猫耳がついてるんでしょうか」

さわ子「かわいいじゃない」

梓「1人だけ猫耳の方が変です!」


バサッ

○○「さわ子先生、これ、こういう着方でいいんですか?」

梓「あ、せんぱ……」

梓「……」ぽかん


さわ子「うん、いい感じよ。もうちょっと前はどさっと開けて、ルーズにしてもいいかもね」

○○「そうすると演奏しにくいような……あれ、梓ちゃん? どうかした?」

梓(せ、先輩の衣装、なんだかすごいワイルドな感じだ……)

梓(ベルトなんかは改造してるやつで)

梓(……どうしよう)


律「梓? おーい、梓ー」

唯「あはは、あずにゃん、顔あかーい」

紬「見惚れちゃってるのかしら?」

梓「はっ!」

梓「せ、先輩、お似合い、です……」モジモジ

○○「うん、ありがとう。梓ちゃんも、それは猫の耳? かわいいね」

梓「あっ……ありがとうございます」カァ

さわ子(これで猫耳でステージに上がるわね!)


さわ子「じゃ、私はちょっと一眠りしたら観客席にいくわねー」ふらふら

○○「お疲れ様でした、さわ子先生。こんな豪華な衣装、ありがとうございます」

さわ子「いいのよ。教え子の晴れ舞台だもの。あー、だけど眠ーいー」

ふらふら どすん

さわ子「くーくー」

澪「寝ちゃった」

紬「タオルケットをかけておくわね」



47