――夜10時

律「んー、そろそろ帰るかー」

澪「だな。明日は午後からの出演とはいえ、寝不足にならないようにしないと」

唯「えー、まだ遊びたいよー」

紬「このままお泊りとか?」

○○「んー、親が帰ってくるのは明日の昼ぐらいだから、まあできないことはないけど」

○○「ただ、寝るところがない」

澪「さすがにこの部屋で6人寝ると色々不都合だし……」

梓「すーすー」

律「ま、すでに寝てる奴が約1名いるわけだが」

澪「起こそうか?」

律「んー……」ちら

○○「ん?」

律「おっし、梓! 起きろ!」

梓「むにゃ……先輩、フルーツケーキに埋もれちゃヤです……むにゃむにゃ」

澪「なんて寝言だ」

唯「あずにゃん、起きなきゃくすぐっちゃうよー!」さわさわ

梓「ひゃっ! な、なに!?」びくびく!

律「おっし、起きた。帰るぞー」

○○「え? 梓ちゃんは残して?」

澪「○○さんが世話してやってくれ」

唯「じゃあねー」

紬「また明日。頑張りましょう」

バタン



梓「い、いったい何が起こって……あれ? 先輩たちがいない」

○○「みんな、先に帰っちゃったよ」

梓「……先に帰ったって、私、置いてけぼりですか?」

○○「よくわかんないけど、そうみたいだね」

○○(もしくは俺と梓ちゃんを2人っきりにさせてくれた、かな)

梓「えーと今は……10時? か、帰らないと!」

○○「俺が途中まで送るよ。駅まででいいかな」

梓「すみません。今すぐ帰る準備しますね」




――道路

てくてく

○○「……明日はついに本番か」

梓「……はい」

○○「やっぱり少し緊張するね」

梓「初めてのライブなんですし、そうなって当然ですよ」

○○「……」

梓「……」

きゅっ

○○「!」

梓「緊張、少しは取れますか?」

○○「……梓ちゃんの手は、すごくご利益があるね」

てくてく

○○「この4ヶ月、色々あったなあ」

梓「はい」

○○「最初は俺がけいおん部の部室で勝手に練習してて」

○○「いつしか幽霊が出るって話が広まり出して」

梓「すると私が、偶然その幽霊さんを見てしまって、ですね」

○○「あの時は驚いたよ。女の子が部屋の前で転んでたんだから」

梓「あれは慌ててただけです! 忘れてください!」

○○「忘れないって。梓ちゃんとの出会いだったんだからさ」

○○「出会って、お互いのことを知って、一緒に練習を始めるようになって」

梓「先輩の身体のことも知って」

○○「梓ちゃんの家で初めて練習した時は、ちょっとドキドキしてたよ」

梓「私もです」ニコッ

○○「けいおん部のみんなとも知り合って、練習に加えてもらえるようになって」

梓「合宿も……行きましたね」

○○「それからちょっと疎遠になったけど……」

梓「今はこうして手を繋げてます」


○○「……」

梓「先輩?」

○○「梓ちゃんは、後悔してない?」

梓「何を後悔するんですか?」

○○「……それは」


梓「後悔なんかしてません」

梓「全て自分で選んだ道です。自分で決めたことです」

梓「先輩とこうして手を繋げて、良かったと思ってます」

梓「たとえ、来月からはこの手が傍にないと分かっていても」

梓「先輩が戻ってくるのを待つ決意は揺らいだりしません」


○○「……ありがとう」

梓「先輩こそ、こんな生意気で子供っぽい後輩で、よかったんですか?」

○○「いやいや、俺ってけっこう、梓ちゃんにメロメロだよ?」

梓「そうは見えませんけど。澪先輩とか和先輩とか、よく見てるじゃないですか」ぷいっ

○○「あれは……お世話になった人に対しての感謝があってというか」

○○「大好きなのは梓ちゃんだけだよ」

梓「……だったら、証明してください」スッ

○○(! 目を瞑って……なんて大胆な)

梓「……」プルプル

○○(って、梓ちゃん、手が震えてるよ)クスリ

○○(女の子にここまでさせといて、何もしなかったら罰が当たるな)

○○「……」クイッ

梓「あ」

○○「……」スッ

梓「ん……」

○○「……」

梓「……んん、ぷは」


○○「……」

梓「……」カァ

○○「あはは」

○○「明日は、全力でいこう」

梓「はい! 私も全力で先輩についていきます!」



8章 おわり




46