唯「和ちゃん!」

スタッフ「な、何か?」

和「そちらがお持ちの部員リストなのですが、もしかしたら1ヶ月以上前のものなのでは?」

スタッフ「確かにそうですが……」

和「では、少し情報が古くなってますね。これが昨日付けの部員リストです。××高校の軽音楽部の欄をご覧ください」

スタッフ「……あ、これは!」

律「どれどれ?」ひょい

律「おっ、○○の名前があるじゃん」

○○「え?」

スタッフ「そんな、何時入部したんですか!? 1ヶ月前までは……」

和「それはともかく、これで参加条件を満たしているのではないでしょうか」

スタッフ「……確かに。しかし、改めて××高校の軽音楽部顧問や部長に確認を取ってみます」

和「その必要はないはずですが」

スタッフ「いえ、一応確認のためです。とりあえず今日のリハーサルは6人でどうぞ」

○○「あ、ありがとうございます!」

スタッフ「では、お邪魔しました」

スタスタ



○○「……」ぼーぜん

唯「和ちゃんすごーい!」

律「おいおい、どんな手品を使ったんだ?」

和「手品なんてものではないわ。ただの根回しよ」

○○「俺、軽音楽部に入った記憶なんてないんだけど……」

和「ええ、そうでしょうね」

唯「えー? じゃあ、あの紙はどうして?」

澪「まさか偽造?」

和「そんなわけないでしょ。正真正銘、○○さんは××高校の軽音楽部の部員よ」

○○「いったいどうやって」

和「私は5日前、あなたに会った後、あなたのことを××高校の知り合いに尋ねてみたの」

和「そこで、あなたが音楽関係のクラブに入っていないことと……身体のことを知った」

和「今回の合同フェスは音楽部に入っていないと参加できない。もちろん私はそのことを知っていたから、さっそくさわ子先生に相談したわ」

和「そうしたら、さわ子先生、××高校の軽音楽部の部長と顧問に取り次いでくれて」

○○「さわ子先生が……」

和「本来なら、××高校の軽音楽部は入部試験を経ないと入部できない」

和「加えて、学校側が○○さんの親御さんから、部活への入部をさせないようにと言われていたらしいのだけど」

和「顧問に事情を説明し、私とさわ子先生でお願いをして」

和「そうしたら軽音楽部の部長もこの話に賛同してくれて、なんとかこの夏の間だけ軽音楽部に在籍してもいい、ということになったの」

和「かなり無理やりで反則技だけど、これで参加に何の問題もないはずよ」

唯「和ちゃんすごーい」

律「なんつー行動力だ」

○○「真鍋さん……」

○○「真鍋さん、本当にありがとうございます!」

○○「俺、こんな条件があるなんて全然知らなくて……ご迷惑をかけて申し訳ありません!」

和「……いいのよ。応援するって言ったでしょう?」

和「私は口先だけでそう言ったつもりはないわ」

和「こういう面倒な仕事は私が受け持つから」

和「あなたたちは精一杯、今回のライブを成功させるために、頑張りなさい?」

○○「はい!」

律「合点だ!」

唯「和ちゃーん! ありがとー!」ダキッ

和「きゃ、い、いきなり抱きつかないでよ、唯」




――リハーサル中

じゃんじゃか♪

ドンドン

梓「どうですか、○○先輩。感じはつかめそうですか?」

○○「うん。なんとかなると思う。思ったよりステージが広いから圧迫感もないし、良いね」

唯「私たちの学校の体育館より広いもんねー」

律「この合同フェス、えらく気合入ってるんだなー。ん?」


ヒソヒソ

「あれが噂のー?」

「へー。じゃあ、あの男の人が?」

「すごーい。本番はどんなことするんだろー」

ヒソヒソ


澪「な、何か見られてるような……」

律「そうだな。ま、女5人に男1人っていうバンドが珍しいんだろ、多分」


ヒソヒソ

「あの男、なんで女子高のバンドと一緒に演奏できるんだ?」

「かわいい子ばっかりじゃねえか……うらやましい」

ヒソヒソ


○○「俺は殺気をびんびんと感じるんだけどね……」

梓「そうですか?」



梓「それよりも、先輩、ソロでの立ち位置ですが、この辺りに移動してもらってっと」ぐいっ

○○「おっと」ぐらり

梓「あ、すみません。変に強く引っ張っちゃいました」

○○「大丈夫大丈夫。じゃあ、ここで弾いて、梓ちゃんと合わせる感じでいいんだね」

梓「はい!」


律「ナチュラルに手を繋ぐって、相当レベル高いよなー」

澪「どこまで仲良くなるんだろう、あの2人」

唯「私、ムギちゃんと手を繋ぐー!」

紬「あらあらまあまあ」



――リハーサル後

和「お疲れ様」

○○「……」ばたんきゅー

和「ど、どうしたの彼」

澪「疲れているだけだから、休めば大丈夫……って言ってた」

和「疲れてるだけねえ」

梓「先輩、大丈夫ですか? 医務室に行きますか?」

○○「大丈夫……ステージに上がって演奏すると、こんなに疲れるもんなんだね」

梓「緊張と興奮のせいなんでしょうね」

律「私なんか、本番後は汗でびっしょりだからなー」

唯「けど、その疲れが気持ち良いんだよねー」

○○「確かに、今の疲れは悪くない……かな」



和「じゃ、私はまだ打ち合わせがあるから、みんなは先に帰っててね」

律「お疲れー」

○○「真鍋さん、今日はありがとうございました」

和「いいのよ。それじゃあ」

スタスタ



○○「やっぱりかっこいい人だなあ」

梓「むっ」

梓「……てや!」こつん

○○「わっ、びっくりした。梓ちゃん、どうしていきなり二の腕を」

梓「先輩、もう帰りますよ」スタスタ




――体育館外

律「疲れた疲れたー」

澪「律、ドラムセットは?」

律「ここに置いといていいんだってさ。あれを持ち運ぶのってしんどいからなあ」

唯「どこかに寄り道しよっかー」

○○「ごめん。今日は家で用事があって、すぐに帰らなきゃなんだ」

律「それは残念だ」

唯「○○君、近頃練習が終わるとすぐに帰っちゃうね」

○○「色々と準備がね……あ、だけど28か29日辺りは空いてる」

律「お、じゃあ、その日に前夜祭でもやるかー」

澪「前夜祭?」

紬「面白そう~」

梓「いったい何をするんですか?」

律「お菓子食べたり、だべったり……ま、適当に集まって適当にパーティでもするかってな」

○○「それはいいなあ」


梓「けれど、場所とかどうするんですか?」

律「……唯の家とか」

唯「あ、ごめーん。今日から1週間はお母さんとお父さんがお休みで家にいるから、ちょっと無理かも」

律「なにっ!? じゃあ、梓は?」」

梓「私も同じような感じですね」

律「なにぃ? 私も無理だし、ムギはもちろん駄目。澪は……」

澪「ごめん」

律「場所がねえー!」

○○「……29日だったら、俺の家が空いてるけど」

梓「先輩の家?」ぴくん

○○「その日は親が出かけてて、夜遅くまで大丈夫」

律「お、いいねえ。じゃあ決まり! 29日は昼に練習して、夜は○○の家で前夜祭だ!」

唯「おー!」

紬「おー」

澪「お、おー」

梓「……」

梓(せ、先輩の家?)

梓(は、初めて行くなあ。どんな部屋なんだろう)ドキドキ



44