――8月20日 貸しスタジオ

じゃじゃん、じゃじゃん、じゃーん!

○○「はぁはぁ……」

律「……おい」

唯「やった、やったよ!」

澪「……ああ!」

紬「うん!」

梓「○○先輩!」

○○「うん……はぁ、はぁ……1曲、弾き切った」

律「こんだけ激しい曲を最後まで弾くとはなあ……○○も成長したもんだ」

紬「うん。このままステージにでても文句のないクオリティだったわ」

梓「先輩……」

○○「梓ちゃん、どうだったかな?」

梓「最高……でした」ポロ

梓「おめでとうございます。ぐすっ」ポロポロ

○○「な、泣かないで」

梓「すみません、嬉しくて……」ゴシゴシ

○○「ありがとう。ここまでやっていけたのは梓ちゃんのおかげだよ」

梓「そ、そんなことは」


律「おいおい、○○と梓が一緒になって、身体に負担のかからない弾き方を考えたんだろ?」

澪「だったら○○と梓の絆の結晶だな、この演奏は」

梓「……○○先輩」

○○「梓ちゃん……」

紬(2人が近づく! そこ、そこよ!)

律「はいはーい、ラブシーンは2人っきりの時にやってくださいねー」

梓「あっ」バッ

○○「っと」ばっ

紬(惜しい!)

唯(ムギちゃん、顔をしかめちゃって、お腹でも痛いのかな)



澪「じゃあ、この曲は確実に演奏できるってことで、進めてもいいな」

梓「ですね」

唯「けど、この1曲を演奏したら、○○君すごくしんどそうだよ?」

○○「面目ない。腕つりそうだ」

澪「仕方ない。ライブでの○○さんはこの1曲だけに専念する、ということで」

紬「えーと、合同フェスで演奏するのは3曲だったかしら」

律「だな。よーし、そろそろ曲順決めとくかー」

律「まずは1曲目。これは『ふわふわ時間』でつかみといくか」

唯「ここも私、ボーカルだけなの?」

律「いや、さっきも言ったろ? ○○はさっきの1曲を弾くので精一杯だって」

梓「ということはいつも通り5人で演奏ですね」

澪「2曲目も私たち5人でホッチキスかな」

律「で、ラストの3曲目に○○が登場! 6人で爆発! だな!」

○○「頑張って爆発します」

梓「いえ、爆発はしなくてもいいですからね」


唯「え? じゃあ、私、1,2曲目はギターを弾くの?」

澪「当たり前だろ」

梓「じゃないと誰がリードやるんですか……」

唯「……」

唯「ど、どうしよう」たらー

梓「何がですか?」

唯「ギターの弾き方忘れた」うるうる

律「あ」

澪「しまった」

○○「どういうこと?」

梓「唯先輩は新しいことを1つ覚えると、他の1つを忘れてしまうんです」はぁ

唯「どどどど、どうしよう! あと10日しかないのに、ギターも歌もだなんて!」

律「やるしかない、やるかしかないぞ唯!」

紬「特訓ね!」

澪「睡眠学習だ! ギターの音を聞かせればもしかしたら!」

律「よし、早速録音だ! ○○、弾け!」

○○「え、本当に? って、もう機材用意してる!」




――8月22日 駅前

純「やー」

憂「純ちゃん。久しぶりー」

純「いやー、今年の夏はまだまだ暑いねえ。今も35度越えてるんでしょ?」

憂「ほんとだねー。熱中症にかからないように注意しないと」

純「どこ行こっか。とりあえず喫茶店?」

憂「うん、冷たいものでも飲んでいこ」



――喫茶店

憂「梓ちゃんは今日来ないんだよね?」

純「うん、練習で忙しいってさ。ほら、30日の合同フェス。それのリハーサルだとか」

憂「そっかー。お姉ちゃんも、朝早くからギターを持って出かけちゃったなあ」

純「なんか今回のけいおん部はすごくやる気あるね。貸しスタジオとか借りて練習してるんでしょ?」

憂「そうみたい。お姉ちゃん、お小遣いの前借りしてたもん」

純「ふーん……」

憂「純ちゃんは練習いいの?」

純「私はリハーサル明日だし、もうほとんど完璧だから。今からだって弾けるよん」

憂「けいおん部の皆さんは、どうしてこんなに根を詰めて練習してるんだろう」

純「それ、梓にもメールで聞いてみたんだけど、『詳しいことはライブが終わったら話す』って言われた」

憂「何か事情があるのかな?」

純「さあ。梓は他にも『私の噂が広まってるみたいだけど、信じなくていいからね! 嘘というわけじゃないけど、変な誤解はしないでほしいから!』って言ってた」

憂「梓ちゃん、噂のこと知っちゃったんだ」

純「そうみたい。嘘じゃない、っていう言い方は引っかかるよねえ。結局梓に彼氏はできたのかできないのか! それが気になる!」

憂「どうなんだろうね。私もそこまで直接的に聞いたことはないし……」

純「聞けばいいじゃん。お姉さんに」

憂「お姉ちゃんが楽しそうに話してるのを聞いてると、ついつい忘れちゃって」

純「あーはいはい、相変わらずの溺愛っぷりだね」

憂「お姉ちゃんは、梓ちゃんと○○さん――あ、この人が噂の人なんだけど、2人はすごく仲が良い、って言ってたよ」

純「それは恋人関係かどうなのか、もう1歩踏み込んだ答えがほしい」

憂「梓ちゃんには聞いてみた?」

純「『落ち着いたら時間をとって詳しく話す』って言われた。あー、気、に、な、るー!」

憂「あはは」

純「はぁ、私も1度は顔見てみたい。あ、だけど結局ライブになれば姿だけでも見れるのか」

憂「だね。今日も6人でリハーサルに行くって言ってたよ」

純「ふーん……渡された参加バンド表にも『放課後ティータイム+1』って書いてたし、やっぱり彼氏さんが出るってことは確定なんだね」

憂「そうだね。私も見に行く楽しみが1つ増えた気分だよ」


純「あっ、そういえば」

憂「どうしたの?」

純「ほら、梓が禁断の恋をしてるっていう噂なんだけどさ」

憂「うん。それはさっき、梓ちゃん本人が『信じなくていい』って言ってたやつだよね」

純「そう。本人は否定したんだけど……噂の1人歩きって怖いよね、今では色々誇張されて広まってるみたい」

憂「誇張? どんな風に?」

純「『彼氏さんは、ライブのステージの上で中野梓にプロポーズする』とか」

憂「へー、ロマンチック」

純「『親にも隠していた交際関係を、ライブ上で大々的に発表する』とか」

純「『2人はこの夏でお別れしなきゃだから、一生に一度の思い出のライブを2人でやる』っていうのもあるよ」

憂「あはは、すごい話が広がってる」

純「何にしろ、このライブで何かが起こるってみんな思ってるみたい」

憂「そうなんだー」

純「そのせいかどうか分からないけど、チケット、すごい売れ行きみたいだよ。他校の生徒にまで噂が広がってたりしててさ」

憂「へー、なんだか大事になってきたね」

純「まさか1学期の中頃に出た話がここまで大きくなるとは……あー、噂って怖い怖い」

憂「でも、噂の中にも真実があったりしてね」

純「ないない、そんなドラマみたいなこと。昨日メールしてた時の梓も、そんな深刻そうな感じじゃなかったし」

憂「うーん、そうなのかなあ」




――13時10分 市民体育館

ガヤガヤ

「シールド足りないよー! 早く持ってきてー!」

「スピーカーの音量、これぐらいでいいー?」

「ちょっと音出してみて! ……小さい! もっと響かせる感じで!」

「私のマイクないんだけど!?」

「これじゃあ座席足りないって!」

「椅子ないんだから仕方ないだろ! 立ち見増やすかしない!」


梓「な、なんだかすごい活気がありますね」

律「この体育館自体もかなり大きいしな。こりゃあ、下手な音楽バンドのライブより規模がでかいな」

紬「私たちのリハーサルは1時半からよね?」

澪「ああ。今は他のバンドのリハ中か……」

ぎゅいーん!

唯「すごーい、なんだかさわちゃんみたいなバンドさんだね!」

○○「メタル系かあ。ほんと、色々なバンドが参加してるんだね、このフェス」



スタスタ

和「きたわね」

律「お、和。ちーっす」

和「もうすぐ1つ前のバンドのリハーサルが終わるから、準備だけ始めててくれる?
あと、セッティングシートも持ってきたわよね? 先にちょうだい」

律「ほいほい、シートね。はいよ」パサ

和「はい。確かに。律にしてはちゃんと持ってきたのね」

律「しては、が余計だい!」

唯「和ちゃんもここのお手伝いさんなの?」

和「生徒会会長として手伝うことになってるのよ。それと、あなたたちのお世話も兼ねてるわ」

澪「ごめんな、ほんと」

和「いいのよ。じゃ、後でまた呼びに来るから」

スタスタ



○○「かっこいい人だなあ」

唯「和ちゃんはかっこいいよ? あ、だけど○○君は好きになっちゃ駄目だよ。あずにゃんがいるんだから!」

梓「そのとお……って、唯先輩は何を言ってるんですか!」ぷんすか

唯「あははー。あずにゃん怒ったー!」

律「遊んでないで準備始めんぞー」

がさごそ

○○「えーと、エフェクターはここで、アンプとシールドは……あ、ちょっと長さ足りないか?」

梓「こっちに延長コードありますから、今日はとりあえずこれで」

○○「っと、ありがと」

律「うー、久しぶりに外で演奏するって感じがしてきたなー!」

澪「き、緊張してきた」

紬「澪ちゃん、リハーサルなんだから気楽にいきましょう」

唯「早く私たちの番こないかなー」


スタッフ「すみません、『放課後ティータイム+1』さんでよろしいですか?」

紬「はい、そうですけれど」

スタッフ「えーと、代表者さんはどちらに」

唯「誰だっけ?」

律「私だろ! はいはーい、私でーす」

スタッフ「少しお話が……あ、そちらの男の方にも関係があるのですが」

○○「え? 俺ですか?」

律「……ここで話を聞こうじゃないか」

スタッフ「えーと、まず女性5人が桜高の軽音楽部でいいんですよね?」

律「そうだよ」

スタッフ「そして、○○さんは××高校の方で、今回は桜高軽音楽部と一緒にライブに出ると」

○○「そうですね」

梓「それが何か……?」

澪「まさか、今になって他校の生徒と一緒に出たら駄目とか……」

スタッフ「いえ、参加バンドの中には3つの高校の音楽部が一緒にやっているところもあります」

スタッフ「なので、それは問題ないのですが」

律「だったら、何の話だってんだ?」

スタッフ「まず、これを読んでください」

律「ん? 今回の合同フェスの応募用紙じゃないか」

スタッフ「それの参加規定を」

律「えーと……『参加校において音楽関係のクラブに入っている者に限る』」

○○「……あっ」

澪「? それがどうかしたのかな」

スタッフ「○○さんは、音楽関係の部活に入っていませんね?」

律「へ?」

紬「そうなの?」

○○「……はい」

澪「そ、そうだったんだ!」

○○「学校ではギターを弾けないので、音楽部に入る意味もなく……」

律「ま、まさか、それじゃあ!」

スタッフ「非常にお気の毒ですが、今回は○○さんの参加を認めるわけには……」

梓「そんな! 今になってなんて!」

スタッフ「申し訳ないです。確認作業が遅れてしまっていたので……」

律「こんな時に……!」

澪「な、なんとかならないんですか!?」

スタッフ「今回のイベントは『音楽部の合同フェス』ですし、参加数を絞って質を上げるための措置なので……ちょっと」

梓「そんな……!」

○○「……」ギリッ



スタスタ

和「待ってください」



43