――5分後

律「制服に着替えた所で、さっそく練習開始だ!」

唯「おーっ!」

紬「おー」

澪「おー」

○○「危なかった……階段下に生徒らしき人がちょくちょく通ってたよ。見られてなきゃいいけど」

梓「ま、まあ、ここまで昇ってくる人は少ないですし、大丈夫ですよ。ここにいる限り、他の生徒にはばれません」


ガチャ

和「みんないるわね? 今日来てくれて助かったわ。次の合同フェスのバックステージパスが届いたのだけど、なんだか1枚多くて……って」

唯「の、和ちゃん?」

律「やばっ!」

和「……」じーっ

○○「!」びくっ

和「ねえ、その人、誰?」

律「け、見学者だ! けいおん部の活動を見たいって!」

和「……だけど、その人明らかに男なんじゃ」

澪「や、やだなあ、和。ちょっと男の子っぽいけど、この人はちゃんとした女性だぞ?」

律「そうだぞー。ほら、色白でかわいいじゃないかー」

梓(それは無理があるんじゃ……)

和「……」じーっ

○○「え、えーと」

律「こら! 喋るな!」ヒソヒソ

梓「声でばれますよ!」ヒソヒソ

和「胸もないし、やっぱり男なんじゃ……」

澪「む、胸なら律だって似たようなものだし!」

律「ひでえ!」ペターン

梓(……)ぺターン

紬「あらあら」ぷにゅん

唯「○○君もちょっとはあるよ! 胸!」

○○(さすがにそれはない)

和「……」じーっ

○○「う……」びくびく

梓「せ、先輩、私の後ろに隠れて!」ヒソヒソ

○○「そんなことすると逆に怪しまれるような」ヒソヒソ

和「……」じーっ


和「……ああ、なるほど。だいたいの検討はついたわ」

和「つまり、あなたが噂の彼氏さんね」

梓「噂?」

○○「噂?」

律(やばい)


和「今、生徒たちの間で広まってる中野さんの噂。結局本当だったわけね」

梓「あの、それはいったい……」

律「……」そーっ

澪「律、逃げるな。もう観念した方がいい」

律「やだー! 梓に怒られるじゃないかー!」



――事情説明後

梓「わ、私が秘密で禁断な恋をしてるなんて……どうしてそんな噂が!?」

澪「主にこいつが広めたんだ」

律「広めました」

和「思いっきりクラスメイトのみんなにも話してたものね」

梓「そ、それじゃあ、1学期の終わり頃に感じてた周りの視線は、そのせい……?」わなわな

○○「幽霊話がなくなったのは、その噂が広まったからなのか……」

梓「……」わなわな

律「あ、あのー、梓さん? 怒ってらっしゃる?」

梓「……」

梓「……」

梓「いえいえ」

梓「怒ってません」

梓「今となっては全部が全部嘘というわけでもありませんし」

梓「その噂のおかげで、幽霊話がなくなって、○○先輩がここに来やすくなったのも確かです」

律「だ、だよなあ!」

梓「ただし!」

律「ひぐっ!」びくり

梓「これから私が被るであろう好奇の視線を、律先輩は止める義務があります」

律「は、はあ」

梓「そのために代わりの噂を流さなくてはいけません。なので」

梓「2学期からは、『田井中律に30歳年上の、奥さん持ちの彼氏ができた』という噂話を『自分で』流してくださいね」ニコッ

澪(怒ってる)

紬(怒ってるのね)

唯(あずにゃん怖い)

○○(……怒らせないように気をつけよう)



和「話を聞く限り、そこの彼氏さんはたびたびこの部室に来ていたみたいね」

律「あ」

梓「しまった、和さんがいるのを忘れてた……!」

和「中野さんの彼氏さんだとしても、部外者が校舎に入るのはちょっと……」

紬「厳密に言えば部外者でもないのよ?」

和「どういうこと?」

唯「○○さんは、次の合同フェスで一緒に演奏するんだよ! だからここで練習しようって!」

和「……ああ、だからこのパスが6枚あって、バンド名もあんな風に改名されていたのね」

澪「改名?」

律「むっ!」キラーン

律「ぱんぱかぱーん!」

澪「わ、びっくりした」

律「ここで私たちの新しいバンド名を発表しまーす!」

梓「え、変えるんですか?」

律「今回だけだよ。○○がいるのに今までのままだと変わり映えしないからな」

澪「いつの間に」

律「ライブの参加用紙を出す時に思いついてなー」

唯「すごーい。どんな名前なの!?」

律「聞いて驚くな! その名も!」

和「『放課後ティータイム+1』よ」

律「え?」

和「え?」



律「どうして先に言っちゃうかなあ……」ずーん

和「だって唯が『どういう名前なの』って聞いてきたから」

律「はぁ……」

梓「+1(ぷらすわん)って」

澪「なんて安直な」

唯「なんだかかっこいいね!」

律「だろ? この『1』の部分に○○らしさを出したんだ」

○○「どういうところが1なんだろ」

梓「体格とかですかね。プラスはギターを表しているとか」

和「うーん、ライブに一緒に出るにしろ、ここの生徒でない人間が校舎に入るわけには」

唯「和ちゃーん、なんとか見逃してけろー」

和「生徒会長として無理よ……先生の許可があるならともかく」

律「おー、それなら」


がちゃ

さわ子「今日は練習日だったかしら、みんな、いるの?」

律「あ」

梓「あ」

さわ子「え?」



――事情説明という名のさわちゃん言い訳タイム

和「では、山中先生が許可を取っている、ということでいいんですね」

さわ子「えーと、そうねえ、そういう感じで……」

和「他校の生徒との合同練習……まあ、それなら納得ができますが」

和「ただ、学年主任の先生への許可は取っていますか? それと××高校の軽音部顧問にも話を通していますか?」

さわ子「そ、それはまあ、おいおい……」

和「おいおい?」

さわ子「あ、あはは、大丈夫よー。全部やってるからー」

さわ子「……」ギロ

○○「あ」びくっ


梓「どうしました?」

○○「辞世の句を用意した方がいいのかもしれない」

梓「はい?」

○○「さわ子先生怖い。超怖い」びくびく

梓「……何か怖いなら、手でも握りましょうか?」

○○「へ?」

梓「いえ、そうですね、みんなに見られないよう……指1本ぐらいなら貸せます。どうですか?」

○○「……お願い」

梓「どうぞ」スッ

キュ

梓「……」カァ

○○「て、照れるね」



41