8章


――8月17日

――梓の携帯



from 唯センパイ
件名 今日は練習!

1時に部室に集合! 皆で練習だよ!
もちろん○○君も連れてきてね!



to 唯センパイ
件名 それって

大丈夫なんですか? 他の生徒や先生方にばれたら……



from 唯センパイ
件名 気にしない!

さわちゃんには許可取ってるし、だいじょうぶい!



to 唯センパイ
件名 分かりました

では、○○先輩にも声をかけておきます




――正午 梓の部屋

梓「えーと、ギターも持ったし、楽譜もある。うん、忘れ物はなし、っと」

梓「○○先輩は12時半に駅に着くから……そろそろ出ないと」

パタパタパタ

梓「おかあさーん、私、学校に行ってくるねー」

「はいはーい」

梓「いってきまーす」

バタン


タタタタ

梓(夏休みに制服着るなんて、なんだか変な感じ)

梓(けど、学校に行くんだから制服でいいよね)

梓(それにしても、昨日の今日で○○先輩と会うことになるなんて……)

梓(嫌なわけじゃないし、むしろ会いたいぐらいだけど)

梓(き、昨日あんなことがあったばかりだから)カァ

梓(なんだか顔を合わせづらいなあ)

梓(ううん、そんな風に考えちゃ駄目)

梓(○○先輩は9月には外国に行っちゃうんだから、今のうちにいっぱい会っとかないと)

梓(後で寂しくならないように……)

梓(だから、会うきっかけを作ってくれた唯先輩たちには感謝、かな)

タタタタ



――駅前

梓「よし、着いた」

梓(○○先輩は……)

○○「おーい」フリフリ

梓「あ、先輩!」

梓「こんにちは!」

○○「はい、こんにちは」

梓「先輩、私服で来たんですね」

○○「私服だったら、見つかった時に『生徒の家族』だとか適当な言い訳が言えるかなと。駄目だった?」

梓「いえ、大丈夫です。ただ、制服の先輩って1度しか見たことがないから、ちょっと見てみたかったですけどね」

○○「だったら、次は梓ちゃんのリクエストにお答えして制服を着てこようー」

梓「あはは、お願いします」


テクテク

梓「……」

○○「……」

梓(こ、こうやって並んで歩いているだけなのに、なんだか気まずいなあ)

梓(今まで何度もやってきたことなのに)

梓(意識しちゃうと、何も話せなくなりそうで……)

○○「梓ちゃん」

梓「は、はい!」

○○「えーとね……せっかくだからさ」スッ

梓(先輩? 手を出したりして、何を)

○○「て、手でも、つながない?」

梓「……あ」

梓「は、はいぃ」カァ

キュッ


テクテク

梓「……」

○○「……」

テクテク

梓「……」

○○「……」

キュッ

梓「……あう」

○○「あはは……」

テクテク




――学校

梓「裏口を開けてもらってるはずです」

○○「こんな明るい時間に入るのは初めてだ……ご近所の人の見られないように入らないと」

梓「今なら大丈夫そうですね」

○○「よし、行こう」


テクテク

梓「先輩たちは先に部室で集まってるらしいです。個人練習を先にしておく、と」

○○「だったら俺もそれに混じればよかったんじゃ?」

梓「私もそう思ったんですけど、唯センパイに『1時に来なきゃ駄目!』と強く言われてしまって」

○○「はあ、何か理由でもあるのかな」



――部室

梓「……個人練習と言っていた割に、楽器の音がしない」

○○「あー」

梓「またティータイムを……まったく! もうすぐライブがあるっていうのに、こんなんじゃ駄目です!」

○○「えーと、落ち着いて梓ちゃん」

梓「いーえ! 今日はみっちりと先輩方に言ってやるです!」


ガチャ

律「ようこそー☆ 喫茶けいおんへー!」

唯「ようこそー☆」

紬「ようこそー☆」

澪「よ、ようこそ……」

梓「……」ぽかん

○○「……」ぽかん

バタン



梓「……い、今のはいったい」

○○「落ち着こう。もう一度開けてみれば、案外練習してるみんながいるかも」

梓「開ける勇気がありません」

○○「だったら一緒に」

梓「……はい!」


ガチャ

律「ようこそー☆ 喫茶けいおんへー! って、2回も言わせんな!」

梓「せ、先輩たち……メイド服なんか着て、何してるんですか……」

律「あー、これはだな」

唯「あずにゃんと○○君の仲が悪くなってるって聞いたから」

紬「仲直りの場所を作ろうと思ったのだけど」

律「んー、その様子だと必要なかったみたいだな」

紬「ね」

○○「え?」

律「手、手」

梓「……あっ!」バッ

○○「あー」

唯「ずるーい、私もあずにゃんと手を繋ぎたいよ!」ひしっ

梓「ゆ、唯先輩、抱きつかないでください!」

唯「あずにゃーん」だきっ

梓「だから駄目ですってば!」

ぎゃあぎゃあ



澪「○○さん……」

○○「あ、澪さん。昨日はどうもありがとう」

澪「ううん、上手くいったみたいで……良かった」

○○「澪さんのおかげです。澪さんの言葉がなければ、俺はまだ迷ってました」

澪「決断できた○○さんが全てだよ……おめでとう」

○○「ありがとう、本当に」



梓「○○先輩、澪先輩と何を話してるんですか?」ひょい

○○「あっと、梓ちゃん、唯さんはいいの?」

梓「いいんです。それより、そんな隅っこの方で何を話してたんですか?」

○○「あー、ただの世間話、かな?」

澪「だね」

梓「……」じーっ

○○「何もないよ?」

梓「……こほん」

梓「ま、まあ、先輩のことは信じてますから」

律「お、梓が嫉妬してる」

紬「かわいい~」

梓「してません!」



梓「それにしても、どうして喫茶店が仲直りの場になるんですか?」

律「あー、唯がな」

唯「あずにゃんが好きなものを食べたら、気持ちがほんわかして仲直りできるかなーって」

梓「……この思いつきに従ったわけですか」ハァ

律「他に何も思いつかなくてな……」

澪「私は律に無理やり着せられただけだ!」

紬「ちょうどおいしいフルーツケーキがあったから~」

梓「フルーツケーキ? あ、もしかして昨日の唯センパイのメール!?」

唯「ふっふー、私が探りを入れていたのだよ!」

梓「ちょっと驚きました。けっこうちゃんと考えてたんですね」

唯「しっけいな!」

律「で、2人には何があったんだ? たった2、3日でえらく仲良くなってるじゃないか」

紬「もしかして、もしかする関係に?」

唯「フルーツケーキが無駄になっちゃったなあ。食べちゃおうかなあ」

澪「……」

○○「……」

梓「先輩、もう皆さんにも……」

○○「……だね」

○○「変に距離を空けるよりは、信じて近づく方がいい」

律「はい? どゆこと?」

○○「実は――」



――説明後

律「……そうだったのか」

紬「それじゃあ、梓ちゃんと一緒にいられるのも……」

○○「8月いっぱいまで。あとは戻ってくるまで、待っててもらうことになる……梓ちゃんには悪いんだけど」

梓「いいんです。私は待つことに決めましたから!」

律「梓……」

唯「ぐすっ……うわああん!」

澪「ちょ、唯! なんでいきなり泣くんだ!?」

唯「だって、あずにゃんと○○君、せっかく仲良くなれたのにすぐ離れ離れなんて、そんなの悲しいよお!」ぐじゅぐじゅ

唯「それに、私だって○○君と一緒にギター弾くの楽しかったのにい!」ぐじゅぐじゅ

○○「唯さん……」

紬「よしよし、唯ちゃん、これで涙を拭いて」

唯「ムギちゃーん! うわああん!」

律「ったく……おい、○○!」

○○「は、はい」

律「次のライブは絶対に成功させるからな!」

律「とりあえず今はそれだけだ! 他のことは考えん!」

律「そのためには練習を……ええい、こんなもん着てられるか!」ばさっ!

澪「おい、律! こんな所で脱ぐな! ○○さんもいる!」

梓「○○先輩は外へ!」ぐいっぐいっ

○○「え、外に出ると他の生徒に見つかったりとかは、って、わっ!」

がちゃん



40