――道路

がちゃがちゃ

たったったったっ

○○「はぁ、はぁ」

ガクッ

○○「はぁ、はぁ……落ち着け、は、走るのは、駄目だ」

○○「荷物もあるんだし」

○○「倒れたら、はぁはぁ……元も子も、ない」

○○「歩いて……急いで歩こう」

たったったっ

○○「はぁ、はぁ」

prrrrr

○○「で、電話?」


ピッ

友『ぴんぽんぱんぽーん、この番号は○○さん専用の恋愛相談窓口です』

○○「はぁはぁ……友か?」

友『ここで相談員から1つアドバイス!』

○○「おい」

友『聞け、好きな女泣かせる大馬鹿野郎』

○○「……」

友『あのな』

友『1度信じたんならとことんまで信じてみろよ』

友『それが好きな相手だったら特にな』

○○「……」

友『今日の営業時間はここまでです。それではごきげんよう』

○○「友」

友『んあ?』

○○「ありがとう」

友『気にすんな。じゃな』プツ プープープー


たったったっ

○○「はぁ、はぁ」

○○(きつい……倒れそうだ)

○○(ちょっと早めに歩いてるだけだろ、俺……)

○○(今ほどこの身体を恨めしく思ったことはない)

○○(早く、早く公園に……!)

たったったっ




――△公園

○○「はぁ、はぁ……つ、着いた」

○○「落ち着いて……まずは深呼吸」

○○「すーはー」

○○「梓ちゃんはどこに……暗くてよく分からない」

○○「はぁ、はぁ」

テクテク

○○(人気が全然ない。夜だからか……)

○○(木が多いせいで、視界が悪い。外の道路も全然見えないし)

○○(梓ちゃんはもう来てるのか?)


ドンッ!

○○「うわっ」

○○(せ、背中に誰か抱きついてきた?)


「……先輩」


○○「梓ちゃん?」

「はい」

ぎゅうう

○○「えーと、後ろを向いてもいいかな」

「そのまま聞いてください」

○○「……ん」

「私、先輩のことが好きです」

○○「……」

「大好き」

○○「うん」

「先輩と離れたくないです」

「ずっと一緒にいたい」

「できれば外国にだって行ってほしくない」ぎゅっ

○○「……」

「けど」



「行ってきてください」

○○「梓ちゃん……」

「先輩の決意を、私は支えます」

「一緒にアメリカに行くことはできないけど……」

「辛いことがあったらいつでも言ってください。私に話してください」

「私も辛かったら先輩に話します。頼ります」

「……そうやって、色々なものを支えあいましょう」

○○「……うん」

「私、待ってますから」ぎゅっ

○○「うん」

「いつ、までも……ぐすっ、待ってます」

「なんねんだって、ひっく、まてます、から」ぎゅうう

「ぜっだいっ、ぜっだいっ! ひぐっ……もどっでっぎでぐだざい!」


○○「梓ちゃん」

「……はい゛?」

○○「振り向いていいかな?」

「だめっ、でず……わたし、っく……いま、」

くるり

梓「あっ……」ポロ


○○「俺も、梓ちゃんが大好きだ」

ぎゅっ

梓「……っ!」ポロポロ

○○「戻ってくる。必ず」

ぎゅうう

なでなで

梓「……」コクン

○○「そして、一緒に生きてください」

梓「……」コクンコクン

○○「ありがとう」ぐい すっ

梓「あっ……」

梓「ん……」




――木陰

友「うお、やりやがったよあいつ。うひゃー」

友「人のこういう場面見るのってこっぱずかしいなー」じーっ

友「っと」

友「これ以上見てるとあいつらに悪いか」

友「ったく……」

友「お幸せに、だな。やれやれ。見守るのも楽じゃない」

友「あーあ、俺にもお相手が現れないもんかねえ」

テクテク



7章 終わり


39