――ファーストフード店

○○「梓ちゃんのことを気にかけてるって、そりゃあ、そうだけど……」

澪「梓も○○さんも、お互いがお互いを」

澪「心配しすぎてる」

○○「……どういうこと?」

澪「……最近、○○さんと梓は疎遠になってる。いや、というよりも、一定の距離感を無理やり保とうとしてる」

澪「友達としての距離感をね」

○○「……」

澪「違う?」

○○「いや……」

澪「さっき私は梓に会ってきて、話を聞いてきた」

○○「……」

澪「梓が何を言ったのかは、私の口からは言えないけど……」

澪「ただ1つ言えるのは、梓は○○さんの決意を邪魔したくないから、ギター友達として振舞って、○○さんを見送ろうとしてる」

○○「……」

澪「……そして、○○さん、あなたもきっと」

澪「梓に負担をかけたくないからって、この距離感を保とうとしてる。でしょう?」

○○「……」

澪「きっと、近くにいると日本を離れたくなくなるからとかで」

○○「それもあるよ」

澪「やっぱり!」

○○「けど、それは理由の1つでしかない」

澪「1つ? じゃあもっと他の理由が?」

○○「……」

○○「俺と関係を深めたって、さ」

○○「結局、俺はもうここに戻って来られないかもしれない」

○○「親しい人に何か不幸があった時の悲しみって……辛いんだ。自分の両親のことを見てると、よく分かる」

○○「せめて日本で手術を受けられれば、まだしばらくは一緒にいれたけど」

○○「外国に行く以上、これ以上梓ちゃんに近づくのはよくない」

○○「梓ちゃんには、あんまり泣いてほしくないから」


澪「○○さんは梓を悲しませたくないから、距離をあけたって、そういうこと?」

○○「……」コクン

澪「……やっぱり、2人はお互いのことを気にかけすぎてる」

澪「梓は、○○さんの邪魔をしたくないから」

澪「○○さんは、梓を悲しませたくないから」

澪「……けど、こんなの辛いだけだ」

澪「互いが互いに配慮して、もっと大事なことを忘れてる」

○○「……大事なこと?」

澪「梓と、○○さん、2人の気持ち」

澪「手術も大事だろうけど、2人の気持ちだって大事なはず!」

澪「○○さんは、梓が好きなはず!」

○○「……」

澪「梓と一緒にいたいって、思わない?」

○○「……」

○○「……俺は」

○○「ワガママなんだ」

○○「好きな子と一緒にいたいと思うぐらいには、ね」




――カラオケボックス

梓「……そんな、私から離れたくないからだなんて」

友「ありえないか? あいつは親や医者とも最後の最後まで相談したみたいなんだよ。なんとか日本で手術を受けられないかって」

友「結局、あっちの医者の都合で無理だって結論がついたみたいだけど」

友「それでもなあ、不自然なんだよ」

友「ただ単に時間やお金の問題だけだったら、あいつがそこまで強く主張するはずがない。ほとんどワガママに近いことを親に言うはずがない」

友「十中八九、別の理由がある。で、何事にもあまり執着しないあいつが唯一気にかけていたのは、『音楽』と『中野ちゃん』だ」

友「音楽はどこでもやれる。日本から離れて失うのは……君だ、中野ちゃん」

梓「……けど、私とは限らないんじゃ。他の誰かと離れたくないからとか」

友「君以外にいるわけないでしょ。何を今更」

梓「……」

友「あいつの気持ちが分からないほど鈍感じゃないだろうに」

梓「……分かりません。そんなの、言ってもらったことがないから」

友「ふーん。態度は時に言葉以上に物を言うよ? だってさ、中野ちゃんと一緒にいたいから、あいつは日本で、手術……を……」ピクリ

友「あっ!」ハッ

梓「な、なんですか、いきなり」

友「いや、待てよ」

友「……まさか」

梓「どうかしましたか?」

友「ちょっと待って。そうか、中野ちゃんと一緒にいたいってことがあいつの全てなわけだ」ブツブツ

友「だとしたら今回の手術は……」ブツブツ

友「……はは」

友「なるほどなるほど」

梓「な、何を1人を納得してるんですか」

友「いやいや、んー、そうか」

友「つまりだな」

友「あいつはどこまでも一途だってことだな」

梓「……? いったい何を」


友「へへーん、今、○○の3つ目のワガママを見つけたぞ。こりゃ楽しい」

友「ん、いや、これはワガママっていうより決意か」

梓「決意?」

友「中野ちゃん、心して聞きなさい」

梓「はあ」

友「○○が外国に行ってまで手術を受けようとしてるのはだね」

友「病気を治したい、皆にこれ以上の心配をさせたくない、っていうのも、もちろんあるけど」

友「それ以上に!」

友「中野ちゃん、君とこれからもずっと一緒にいたいから、あいつは手術を受ける決意をしたんだよ!」

梓「……え?」




――ファーストフード店

澪「梓と一緒にいたい……?」

○○「俺はさ、長生きなんてできない身体なんだ」

○○「それどころか、30歳ぐらいになれば、もう寝たきりの生活が待ってる」

○○「けど……」

○○「やっぱり好きな人とはずっと一緒にいたい」

○○「ずっと一緒にギターを弾いていたい」

○○「そうするためには……身体を治すしかない」

澪「じゃあ、手術を受けるのは、梓とずっと一緒にいたいから?」

○○「……」コクン




――カラオケボックス

梓「……」

友「今までのあいつなら、甘んじて自分の身体を受け入れて、辛くても誰とも関わり合いにならない生き方をしてただろうな」

友「だーが、今は違う。あいつは身体を治して、中野ちゃんと生きていく道を選んだんだ」

梓「……」

友「今は疎遠になっても、手術を成功させて日本に戻ってきたら、さっそく君にアプローチでもかけるつもりなんだろうねえ」

友「たとえ君に嫌われていたとしても、あいつはなんとか自分の思いを伝えようとする」

梓「……」

友「一途っちゅーか、一直線っちゅーか。ある種の馬鹿?」

梓「……」ギュっ


友「ふむ。もう、もやもやも晴れたんじゃない?」

梓「はい」

友「君のもやもやが何なのかはよく分からんけど、多分、○○との関係をどうすればいいか悩んでたんじゃないかな」

梓「その通りです」

友「じゃ、1つだけアドバイス」

友「時には自分の気持ちのおもむくままに走るのも、悪くない」

梓「その通りです。私、臆病だったんです」

梓「自分の気持ちを無闇に否定していました」

梓「けどそれは、自分の気持ちも先輩の気持ちも裏切るだけでしかなかった」

梓「友さんの言うことが真実なのだとしたら」

友「いや、真実だって。俺、かなり○○のこと理解してるもん」

梓「あはは……はい、真実ですね」

梓「だったら、私は先輩の気持ちにちゃんと応えなきゃ」

梓「先輩の決意を支えなきゃ、です」

梓「今すぐ、○○先輩に会いたい」

友「んじゃま、さっそく俺がメールしてやるよん」




――ファーストフード店

澪「だったら、その気持ちをもっと梓に言ってやらなきゃ!」

○○「……でも」

澪「相手のことを思いやれるのは○○さんの良いところだけど!」

澪「今はそんなの必要ない!」

○○「澪さん……」

澪「梓が悲しむって、そりゃあ、○○さんと離れれば悲しむし、いなくなれば泣いちゃうかもだけど」

澪「梓がそれに耐えられないわけじゃない!」

澪「だって、恋する女の子はすごく強いんだから……!」

澪「むしろ、このまま距離が空いたままの方が、後で絶対に後悔する!」


○○「あの……澪さん」

澪「なにっ!?」

○○「周りの人が……大声だったから」

ジーッ

澪「へ? あっ……」カァ

澪「あ、あう」ヘナヘナ

○○「だ、大丈夫?」

澪「は、恥ずかしい」カァ

○○「ははは……けど、ありがとう」

○○「女の子に叱られたのは2回目だ」

澪「2回目?」

○○「俺ってほんと駄目だなあ。考えてるつもりが、ただ単に逃げてるだけだったりしてる」

○○「……今からでもなんとかなるかな?」

澪「なるよ。絶対なる」

澪「梓はきっと待ってるから」

○○「うん。なんとか梓ちゃんと会わないと」

ピロン♪

○○「ん? メール……」



from 友
件名 さっさと行け

駅前近くの△公園だ。お前を待ってる奴がいるから、行ってこい。



○○「……」

澪「○○さん?」

○○「俺、行かなきゃいけないところができた」

澪「……梓?」

○○「うん。待ってくれてる」


○○「澪さん、ありがとう」

○○「澪さんが俺を変えてくれた2人目の人だよ」

澪「……うん」

澪「頑張れ!」

○○「じゃあ、また練習で!」

タタタタタ



澪「……」

澪「……」

澪「○○さんが走っていくなんて」

澪「そんなに想われてる梓が……やっぱり羨ましい、な」



38