○○「……」

梓「……」

ひゅうう

梓「……」

梓(先輩何を考えてるのかな)チラ

梓「あっ」

○○「あっ」

梓(め、目が合った)

梓「えっと」

○○「えー、あのさ、梓ちゃん」

梓「は、はい?」

○○「俺さ、梓ちゃんと出会えてよかったよ」

梓「はあ。いきなりどうしたんですか?」

○○「なんだか言いたくなったんだ」

○○「夜の学校で初めて会った時は、こんなことになるなんて思いもしなかった」

○○「あの時、あそこに来てくれくちゃ、俺は何も変われなかったと思う」」

○○「だから、会えてよかった」

梓「そんな……大げさですよ」

○○「大げさなんかじゃないよ」

○○「出会えて変わったからこそ……俺は色々と覚悟できるんだから、さ」

梓(覚悟?)

○○「ありがとう、梓ちゃん」

○○「俺と出会ってくれて、ありがとう」


どくん


どくんどくん


梓(あ……)

梓(すごい)

梓(私、頭真っ白だ)

梓(その真っ白な中に一杯の感情が溢れてきて)

澪『自分の気持ちを相手に伝えたくてしょうがなくなる時が、きっと来る』

梓(澪先輩の言ったとおりだ。すごいなあ、澪先輩は。物知りだ)


どくんどくんどくん


梓(私、駄目だ)

梓(言わなくちゃ、耐えられない)

梓(言おう)

梓(好きだって)


梓「せんぱ、」

○○「梓ちゃん」

梓「は、はい」

○○「俺、梓ちゃんに話さなくちゃいけないことがあるんだ」

梓「はあ」

梓(うう、出鼻を挫かれちゃった)

梓(でも、先輩の話が終わったら、きちんと言おう、うん)

○○「……」

梓(? 先輩……いつになく真剣な表情だ)

梓(すごく大事な話なのかな?)


ひゅううう

○○「……」

梓(……先輩?)

梓「あの、話って、なんですか?」

○○「……」


○○「俺、さ」

○○「……」

○○「夏休みが終わったら、外国に行くんだ」


梓「がい、こく?」

梓「え?」

梓「それは、あの、旅行ですか?」

○○「……」

○○「アメリカで手術をする」

○○「いや、正確に言えば、手術する予定なんだ」

○○「あっちでドナーが見つかり次第」

○○「移植手術を受ける」

梓「……しゅじゅつ?」


梓「え? え?」

梓「そ、そんな急に」

梓「身体の具合が悪くなったんですか? そんな風に見えないですし、それに最近は調子がいいって」

○○「うん……」

○○「確かに今は命に関わるほど重くはないし、調子もいい」

○○「けどね、この病気はいつ悪化するかが分からないんだ」

○○「肺の高血圧が進んで、アイゼンメンゲル化すれば……つまり、今より病状が悪化すれば」

○○「歩くこともできなくなって、寝たきりになる」

○○「それが1年後になるのか10年後になるのかは、分からない。薬で抑え込んでいても、悪化する時は悪化してしまう」

○○「ただ、遅くても20年後には、今みたいに立って歩くことはできなくなってるのは確実なんだ」

○○「……そして、このまま治さずにいたら、俺が生きられるのは長くて40代まで」

梓「そんな……」

○○「実を言うとね、手術の話自体は前にも出てたんだ」

○○「けど、この病気は手術がものすごく難しい」

○○「心臓と肺を同時に移植する手術だから。日本だとまだ1つか2つしか手術例がない」

○○「成功する確率も当然低い……移植しても、長く生きられる保証はない」

○○「だから、手術なんて無理、このまま生きていくしかなかった……はずだった」

梓「……」

○○「けどね、お医者さんのツテというか……まあ、人伝で俺のことを知ったアメリカにいるお医者さんがいてね」

○○「心肺同時移植の新しい手法を確立したとかで、すごい人らしくって」

○○「その人が最近になって連絡してきたんだ。『手術を受けてみないか』って」

○○「『比較的病状が軽度な内の方が、まだ成功率が高い』んだってさ」

○○「その人の新しい手法なら、今までよりも格段に成功率が上がる」

○○「研究段階だけど、その分色々と特例扱いを受けられるから悪い話じゃない」

○○「……もしその手術が成功すれば、俺は普通の人と変わりなく生活できるようになる」

○○「ギターだって自由に弾けるし、この海を泳ぐこともできる」

○○「寝たきりにもならず、寿命だってもっと伸びて」

○○「……命を賭けるだけの価値はある」

○○「このまま何もせず悪化するのを待つぐらいなら」

梓「危険ではあっても、治る道を選ぶ……ですか?」

梓「それが、さっき言った『覚悟』の意味ですか?」

○○「……そうだよ」


○○「決めたよ」

○○「9月になったらアメリカに行ってくる」

○○「そして適合するドナーが出てきてくれたら、移植手術を受ける」

○○「……だから」

○○「今月の合同フェスを最後に、しばらく音楽もやめる」

○○「ギターも手術費用の足しにするために売ろうと思う」

梓「ギターを……そんな……」

○○「外国で移植となるとかなりお金がかかるしね。仕方ないんだ」

○○「……梓ちゃんとも、けいおん部の皆とも一旦お別れするよ」

○○「いつになるか分からないけど、また戻ってこれたら」

○○「こんな風に一緒に遊んでくれたら、嬉しいかな、はは」

梓「あっ……」


梓(先輩、あの悲しそうな笑顔してる)

梓(……)

梓(そうか)

梓(私には移植手術のことなんて全然分からないけど)

梓(きっとその手術はとても難しくて、成功するかどうかは分からないんだ)

梓(だから先輩は『覚悟』してる。笑顔の下に決意がある)

梓(もう戻ってこれないかもしれないけれど、それでも行こうとしてるんだ)


梓(私は)

梓(私は……)

梓(その『覚悟』を邪魔しちゃいけない)

梓(だから)

梓(今から言う言葉は私の精一杯の、)


梓「先輩」

ざざっー

○○「ん?」




梓「……また、一緒にギターを弾いて下さい、○○先輩」

○○「……できたら、ね」




6章 おわり




32