――さらに1時間後

律「腹減ったー!」

澪「もう夜か」

紬「そろそろご飯にしましょう」

唯「舌がひりひりして食べられないよー」

○○「何か柔らかいものでも作ろうか?」

唯「じゃあ、ましゅまろ!」

梓「ましゅまろをここで作れというのですか、唯先輩は」

律「じゃあ、私はプリンで」

○○「あ、プリンは作れる。しかもけっこう得意。材料さえあれば作るよ」

梓「え!?」

梓(私も食べてみたい!)

律「いいねえ、じゃあ、今度絶対に作ってもらうからな! 絶対だぞ!」



――別荘の庭

律「ではみなさんご一緒に!」

全員「いただきます!」

じゅーじゅー

澪「外で焼肉パーティっていうのもいいもんだな」

唯「うー、私は柔らかいのしか食べられない」

紬「唯ちゃん、このお肉なら大丈夫よ。あーん」

唯「あーん、んー! おいしい!」

律「うお! 私のソーセージ食べたの誰だ! 焼けるの待ってたのに!」

唯「あ、ごめーん。私食べちゃったー」

紬「りっちゃん、私のをあげるわ。あーん」

律「あーん……おお! 旨い!」

澪「律、口の周りソースだらけだぞ。まったく、仕方ない奴だな」フキフキ

律「べらんぼうめ! 外での焼肉ってのはどれだけ煙とソースまみれになれるかが大事なんだ!」

澪「そんなわけないだろ……それにしても」チラリ


梓「先輩。このお肉食べます?」

○○「うん、あ、自分で取るよ」

梓「いえ、先輩は指を安静にしてください! 私が取ります。それとお箸じゃなくフォークを使いましょう」

○○「んー……分かった」



律「もう恋人同士ってことでいいんじゃないか? つーか夫婦?」

澪「……ノーコメント」

紬「そうだ! いいことを思いついたわ!」

唯「このお肉生臭いよ」

律「そりゃまだ焼けてないぞ。こっち食べろ。で、ムギは何を思いついたんだ?」

紬「ふふふ、後でのお楽しみよ♪」




――夜 大広間

唯「お腹いっぱいだよー」

律「うっぷ、ちょっと食べ過ぎたか」

紬「胃腸薬もあるけれど、飲む?」

唯「ちょうだーい」

律「正○丸か……私、この匂い嫌いなんだよな」

唯「私は好きだよ? なんだか癖になる匂いだもん」

梓(○○先輩、トイレに行ったまま帰ってこない……あ、そうか、薬も飲んでるのかも)

梓(大丈夫かな。様子見に行った方がいいかな)うずうず


ガチャ

○○「お、この雑草を塗り固めたかのような匂いは、○露丸?」

唯「○○君が戻ってきたー」

律「トイレ長かったなー。食べすぎでげりぴーか?」

澪「こら、律。女の子がそんな言葉使うんじゃない」

律「へいへい」

○○「はは、そんなところかな」

紬「○○君も正露○飲む?」

○○「いえいえ、もう大丈夫だから。それで、食後に何かゲームをするって言ってたけど」

律「ふふふ、よくぞ聞いてくれた」

律「これだけの人数が集まれば、やることは1つ!」

バンッ!

律「ポーカーで勝負だ!」

唯「ここからは真剣勝負だよ!」

紬「ふふふ」ニコニコ

梓「ポーカー? 珍しいですね。いつもババ抜きとか7並べとかだったのに」

澪「ま、いつもの如く、律の思いつきだよ」

梓「なるほど」

律「私の名前を出したら納得するって、なんだか悲しい!」

唯「ところでポーカーってどんなゲーム?」

梓「え? そこからですか?」



――30分後

律「スリーカード! ふははは! 私の勝ちだ、」

澪「フルハウス」

唯「ふらーっしゅ!」

紬「ストレート♪」

律「だー! また私の負けかよ!」

梓(降りてよかった。私ツーペアだった)

○○「みんな運がいいなー。俺なんか全然揃わなかったよ」


紬「そろそろ夜も更けてきたことだし、次で最後にしましょうか」

澪「だな。お風呂にも入らないと」

律「もちろん○○は私達の後に入ってもらうからな?」

○○「いや、それは分かってるって」

唯「えー、皆で入ろうよー」

梓「ゆ、唯先輩、少しは羞恥心を持ちましょうよ……」

紬「でね、提案があるのだけど、次の勝負は『降り』をなしにしたら面白いと思うの」

律「絶対に勝負しなくちゃならないってわけか」

紬「そう。そして、次の勝負の最下位とブービーの人には罰ゲーム♪」

律「面白い……やってやろうじゃないか!」

唯「勝つよ、勝ってやるよ!」

澪「まったく……まあ、最後ぐらいはいいか」

紬「ちなみに罰ゲームの内容は1位の人が決めるということで、ね」

梓「なんだか嫌な予感がするんですが……」

唯「あれー? あずにゃん、負けるのが怖いの?」

律「臆病者ー」

梓「なっ! いいでしょう! やってやるです!」

○○(梓ちゃんってこういう所が負けず嫌いなんだなあ)



――10分後

梓(きた!)

梓「フォーカード! これなら勝ったはず!」

唯「すとれーとふらーっしゅ」

澪「ストレートフラッシュ」

紬「ストレートフラッシュね」

律「ストレートフラッシュだ!」

梓「……」

梓「はい?」

○○「あ、ワンペアだった」


梓「あ、ありえません! ストレートフラッシュができる確率は7万分の1ですよ! 4人ともだなんて!」

唯「だってねー」

律「できちまったもんは仕方ない」

澪「私も驚いたなー」

紬「ふふふ、罰ゲームは梓ちゃんと○○さんで決定ね」

梓「くっ、イカサマです! 絶対そうです!」

律「梓、イカサマってのはやられた時に見破れなきゃ、通るもんなんだぞ?」

唯「梓ちゃんの負けだよ!」

梓「そ、そんなー」

澪(ムギのイカサマ、プロ並だな。事前にやるって聞いてたのに、どこでイカサマしたか分からなかった)

律(ムギとはカードゲームしないようにしよう)

紬「うふふ」



律「というわけで罰ゲームは梓と○○に決定ー」

唯「どんどんぱふぱふー」

澪「お気の毒様」

紬「さあ、お風呂ね。バスタオルはもう用意してあるから、このまま大浴場に行きましょう」

梓「納得できません! 断固として不正を糾弾します!」

律「はいはい、ゲームはもう終わりだぞ。さっさと風呂に入ろうぜ」ぐいっ

梓「ううー! 内部告発はもはや意味をなさないと言うのですか!」ズルズル

梓「○○先輩! 先輩も一緒に不正と戦いましょう!」ズルズル

○○「いってらっしゃーい」

澪「遠まわしに断られたな」

梓「せんぱーい!」ズルズル



――大浴場

唯「やっほーい! 広い!」

律「泳げるぜー!」

澪「おい! まったく、落ち着いて風呂にも入れないのか」

紬「楽しんでもらえて何よりだわ~」

梓「はぁ……先輩たちはお気楽ですよね、ほんと」

律「んぎも゛ぢい゛い゛~」ばしゃん

唯「あはは! りっちゃん、おじさんみたいな声出してるー」ケラケラ



――大広間

○○「……」カチカチ

○○「……」カチカチ」

○○「ん……よし。メールはこれぐらいにしてっと」

○○(友の奴、合宿に来てるって言ったら、えらく驚いて……まあ、俺もこの状況は現実離れしてると思うけど)

○○(女性陣はまだお風呂か。ギターの練習でもしておくかな)

○○(いや、1人でやってると梓ちゃんに怒られるかも……『また指をつったらどうするんですか』って)

○○(いやいや、梓ちゃんもそこまでお節介じゃないか)

○○(……)

ジャン♪

○○(このギターって、今だったら何円ぐらいで売れるかな……)



――1時間後 大広間

律「よし、○○も風呂に入って、みんな寝る準備は整ったな!」

澪「もういい時間だし、そろそろ寝るか」

唯「ふふふー、今夜は寝かせないぜ、あずにゃん」

梓「何を言ってるんですか唯先輩は……」

○○(女の子のパジャマ姿って、なんか目のやり所に困るな……)

紬「はい、みんな注目してー」

○○「うん?」

梓「どうしたんですか、ムギ先輩」

紬「ここで先ほどポーカーで負けてしまった○○さんと梓ちゃんへの罰ゲームを発表しまーす」

紬「罰ゲームは……」


紬「2人だけ、別の寝室で寝てもらいまーす♪」


梓「はい? それって」

○○「俺と梓ちゃんが一緒の部屋で寝ると……?」

唯「そのとーり!」

律「深夜のお喋りタイムから外されるという、それはそれはきつい罰ゲームなのだ!」

澪(……これって本当にいいんだろうか)

梓「だ、駄目ですよ! そんな、一緒の部屋だなんて……!」

○○「あー、これはさすがにまずいと思うよ? 梓ちゃんも年頃の女の子なわけだしさ」

梓「そ、そうです! ○○先輩の言う通りです!」

律「大丈夫大丈夫。私たちは隣の部屋にいるから、何かあったらすぐ分かるし」

紬「○○さんも、ここで問題を起こすような真似はしないでしょう?」

○○「そりゃあ……」

唯「『先生にばれなきゃいい』ってあずにゃん言ってたもんね!」

梓「それとこれとは話が別で……というか、これって明らかに罰ゲームじゃないですよね? ただ先輩たちが楽しんでるだけですよね?」

律「四の五の言わずに入った入った!」

グイグイ

梓「ちょ、ちょっと、押さないでください!」

○○「わっ!」

ドン

ガチャン

律「よし、オッケーだな。撤収ー!」

紬「りょーかい!」

唯「あずにゃん、幸運を祈る!」

澪「○○さん、何も起こさないって信じてるから……」

タタタタ



30