――大部屋

梓「……」ズーン

澪「なあ、梓、元気出しなよ。大丈夫、○○さんは見てないって言ってたじゃないか」

梓「見られたに決まってるじゃないですか……もう駄目です。お嫁にいけません」

澪「何言ってるんだ。好きな人がいるんだろ? その人のお嫁にいきたいと思うぐらいじゃなきゃ」

梓「……私なんかじゃ」ボソッ

澪「梓?」

梓「……私、自信がないんです」

梓「私はこの通り、見た目もちっこいし、身体は平坦で、しかも口うるさいし……」

梓「到底男の人が好きになるような女の子じゃありません」

梓「水着になりたくなかったのは、恥ずかしさももちろんありましたが……」

梓「こんな貧相な身体を先輩の前に出したくなかったんです」

澪「梓……」

梓「告白も同じです。告白のことが頭によぎるたびに、『今は練習に打ち込みたい』と自分に言い訳してきましたが、私は」

梓「自分に自信がありません……」

梓「せめて、澪先輩みたいに綺麗だったら、自信も持てたのかな」


澪「そんな風に考えるのはやめた方がいいぞ、梓」

梓「……でも」

澪「○○さんと仲良くなったのは今の梓じゃないか。もっと自信を持っていいんだ」

梓「……無理ですよ」

梓「私、考えたんです」

梓「もし○○先輩に告白して、断られたらどうなるかって」

梓「気まずくなって、もう2度と一緒にギターを弾いてはくれないかもしれない」」

梓「一緒にご飯も食べてくれないかもしれない」

梓「それは……とても怖いです」

梓「だから、思ったんです」

梓「一緒にいられるなら、このままの関係で……先輩後輩の関係でもいいかなって」

梓「私みたいな子供じゃ告白しても断られる可能性が高いから、告白しない方がマシです」

澪「梓……」

梓「臆病者ですね、私。けど、○○先輩と一緒なら、臆病者のままでもいいかなって」

澪(知らなかった。梓がこんなにも○○さんを好きだなんて)

澪(私がさっき感じた、ちょっといいなって思うようなレベルじゃない)

澪(梓は心の全部を賭けられるほどの恋をしてるんだ)

澪(私たちはその気持ちを軽く見てた)

澪(……けど、その気持ちが重いからこそ、きっと梓は)


澪「なあ、梓」

梓「はい」

澪「梓が先輩後輩の関係のままでいい、って言うなら、私は反対しない」

澪「だけど」

澪「いつか、自分の気持ちを抑えられない時が来ると思うんだ」

梓「抑えられない……?」

澪「好きだって言う気持ちで一杯になって、溢れるような……私はそこまでの恋をしたことがないから、上手く言い表せないけど」

澪「自分の気持ちを相手に伝えたくてしょうがなくなる時が、きっと来る」

澪「その時は自分に素直になってやってほしい」

澪「じゃないと、梓の心の中の気持ちが、かわいそうだから」

梓「……分かりました」

澪「よし! じゃ、行こうか。○○さんが一緒に練習しようって誘ってくれてたぞ?」

梓「先輩が!? 今すぐ行きます!」ダッ!

澪「ちょ、梓! ギター! ギター忘れてる!」




――練習部屋

○○「あ、2人とも来たか。遅かったね」

梓「ど、どうもです」

澪「あれ? 唯たちもいるのか。海はどうしたんだ?」

唯「だってー、3人だけで遊んでてもなんだか楽しくないんだもん」

律「お前たちが来ないからだー!」

紬「私1人で遊んでても仕方ないから」

澪「で、水着のまま楽器持ってる理由は?」

唯「動きやすいんだもーん」

律「それに○○にサービスサービスゥ」

○○「どう反応したらいいものか」

梓「むぅ、○○先輩! アイマスクしてください!」

○○「え、楽譜見えなくなるよ?」


紬「フェスで弾く曲、完成したの~」

唯「おお!」

律「ついにきたあ!」

澪「へえ……面白く編曲したんだな」

紬「なんだか○○さんと梓ちゃんのことを考えて作ってたら、大胆なアレンジになっちゃったの」

○○「これは……ツインリード編成……」

梓「ほんとだ。ソロパートが2人にありますね」

紬「○○さんのテクニックならソロがないともったいないけど、ずっとリードをやるのも体力的に不安かな、って思って」

紬「だったら梓ちゃんと、リードとリズムを交代でやっていけば、負担も減るんじゃないかと思ったの」

紬「どこか変だったかしら?」

○○「いえ……ありがたいですし、紬さんが独力でツインリードに編曲しなおしたことに驚きます」

○○「ありがとうございます。一生懸命弾かせてもらいます」ペコ

紬「これはご丁寧に。どういたしまして」ペコ

梓「○○先輩。さっそく取り掛かりましょう! 時間がもったいないです!」

○○「よし、やる気が出てきた! まずはいつもの指ならしの曲だ!」

梓「はい!」


澪「唯は英語の特訓な」

唯「もー英語はいやだよー!」



――30分後

○○「つ、疲れる」ドタッ

梓「これ、相当音の数が増えてますね。原曲の倍にも感じられます」

○○「それにギターソロの所は早弾きがあって……この部分なんかクラシックの対位法も入ってる」

梓「ムギ先輩、クラシック畑の人だから……」

○○「うーん、梓ちゃんとのコンビネーションが重要になるなあ」

梓「先輩と私なら大丈夫です! 多分!」

○○「え、『多分』を強調されるとすんごく不安なんだけど」

梓「冗談ですよ」クスクス

○○「そういえば、これって歌詞もこのままなのかな……」

澪「その点は私に任せて」

梓「わっ、澪先輩」

○○「えーと、任せてとは?」

澪「私がこの歌詞をけいおん部用に少し変える。本当に少しだけど」

○○「え? 今から?」

澪「今から。唯の発音特訓も進んでるしね。大筋は変えないから、十分間に合うはず」

梓「す、すごいですね、澪先輩。英語の歌詞作りだなんて」

澪「私はまあ英語も得意な方だし……そうだ、梓は『lovely cat』と『fluffy cute sheep』だったらどっちがいい?」

梓「ロ、ロックの歌詞にしてはかわいい感じですね」

律(澪、スランプなのかー)



――1時間後

○○「あ」

梓「先輩?」

○○「指つった。いたたたた」

梓「た、大変! 氷を!」

紬「いえ、梓ちゃん、筋肉がつった時はむしろ温めないと。はい、お湯を」

○○「あつつ、紬さん、すみません」

唯「ムギぢゃ~ん、私も治じで~」バタバタ

梓「ゆ、唯先輩? どうしたんですか?」

唯「発音れんじゅうでじだがんだー」

紬「あらあら、薬持ってくるから、ちょっと待っててね。梓ちゃん、○○さんの指をマッサージしてあげてね」

梓「ええっ!?」

紬「治りを早くするためよ。ふふ、お願いねー」スタスタ

○○「えーと……」

梓「ま、マッサージ……しますね」

○○「お、お願いします」

梓「では」モミモミ

○○「……」

梓「……指、どうですか?」モミモミ

○○「うん、痛みはマシになったし、気持ちいいよ」

梓「よかったです……」モミモミ

○○「……」

梓「……」モミモミ



律「なんだあの空間は」

澪「入りこめない」

唯「いだいよ~」



29