――月日はどんどん過ぎていき

――私たちの夏は形作られていく

――練習とティータイムと勉強と、少しのお出かけと




――梓の携帯

――8月2日


to ○○先輩
件名 昨日の

昨日見た映画で使われていたBGMの作曲者って分かりますか?
先輩はパンフレットを買っていたので、そこに載っていると思うのですが。



――8月4日


from 律センパイ
件名 緊急!

今すぐ近くの神社まで出てこーい。夏祭りに行くぞ。
あ、○○も呼んでいいからな。梓が責任を持って面倒見ること!



――8月5日


from ○○先輩
件名 ヨーヨー

昨日の夏祭りは楽しかったね。久々にカキ氷を食べて頭が痛くなったよ。
ところで、昨日の金魚すくいで取った水風船のヨーヨーだけど、帰りに割ってしまった。
けっこうショックで、ネットで水風船の作り方を勉強中です。

できあがったら梓ちゃんにも1個あげるので、派手に割ってストレス発散にでも使ってね。



――8月6日


from 唯センパイ
件名 英語

あずにゃーん、英語教えてー


to 唯センパイ
件名 先輩……

後輩に教えてもらうなんてどこかおかしいですよ。
澪先輩かムギ先輩、○○先輩に教えてもらってください。


to ○○先輩
件名 唯先輩ですが

英語で相当悩んでるようです。
良ければ今日の合同練習で、唯先輩の相談に乗ってあげていただけませんか?



――8月9日


from 唯センパイ
件名 がっしゅく!

あずにゃん、明日は服の下に水着着ていかなきゃだめだよ?



from ○○先輩
件名 明日だけど

明日はついに合宿だけど、本当に男1人混じっていいのかな。
紬さんは『セキュリティは万全だから大丈夫』って言ってたけど……


to ○○先輩
件名 先輩は

問題を起こすつもりなんですか?


from ○○先輩
件名 いやいや

そんなつもりはないんだけど、皆は嫌じゃないのかなと


to ○○先輩
件名 大丈夫です

だったら大丈夫ですよ。皆分かった上で楽しんでますから。
いざとなったら先輩をロープで縛っちゃいますよー


from ○○先輩
件名 おおっ

梓ちゃん、けっこう過激なこと言うね。


to ○○先輩
件名 Re:おおっ

すみません冗談です忘れてくださいお願いします
ノリで言ってしまっただけなんです! どうか先輩たちには言わないでください!



――8月10日

――合宿 海


律「海だー!」

唯「広いなー!」

律唯「大きいなー!」

ダダダダダ

澪「あーあ、2人共走ってったぞ」

紬「ふふ、喜んでもらえてよかったわ」

○○「なんともまあ大きな別荘……」

梓「去年より大きいです」



――別荘の中

○○「中もまた広い……」

紬「部屋は各自1部屋ずつあるのだけど……やっぱりみんな一緒の方が楽しいと思うから、大部屋に荷物を置いてね」」

○○「え゛」

紬「あ、○○さんにはもちろん別の部屋を用意してあるから、安心して」

律「○○ー? 何か良からぬことでも考えたか?」

○○「あー、いや……そんなことはないですよー」

唯「あはは、○○君面白い顔ー」


律「では、田井中隊員、これより海に突貫します!」

唯「幸運を祈る!」

律「田井中律、いきまーす!」

ダダダダ ズバーン!

澪「おい! まずは練習を……って、もう海に入ってるし」

梓「律先輩、服着たままなのにいいんですかね……」

唯「甘いよ、あずにゃん! 私とりっちゃんはこの服の下に水着を着ているのだ!」スパン!

梓「わっ! ここで脱がないでください!」

唯「平沢唯! いきまーす!」

ダダダダダ ズボーン!

澪「ああ、もう、あの2人は荷物もほったらかして!」

紬「私たちも着替えて行きましょうか~」

○○「……あはは、まずは海で遊ぶってことか」

梓「すいません。去年もこうで……2人とも、遊んでからじゃないと練習してくれなくって」

○○「いやいや、いいよ。楽しそうで何より。梓ちゃんも行ってきたら?」

梓「え、け、けど……」

梓(それはつまり○○先輩の前で水着姿になるということで……)

梓(と、とても恥ずかしいし、それに私は……!)

○○「行っといで。俺はここで晩御飯の食材の整理でもしとくよ」

梓「え? 先輩は行かないんですか?」

○○「日差しの強い場所はちょっとね……それに、水泳も苦手で」

梓(あ……そ、そっか。先輩は)

梓「じゃ、じゃあ私も残ります!」

○○「けど、唯さんがこっちに来るよ? あれは迎えに来たんじゃ」

梓「え?」


唯「あずにゃーん!」

ダダダダダ

梓「ゆ、唯先輩!?」

唯「あずにゃん、早くきなよ!」グイ

梓「け、けど私は」

唯「あずにゃんも下に水着着てるでしょ? 昨日、メールで言っといたもんねー」グイグイ

梓「着てません!」

唯「ほらほらー、遊ばないと損だよー? 水鉄砲をくらえー!」

ビュー バシャ

梓「きゃ!」

唯「あり? ほんとに着てこなかったの?」

梓「当たり前です! 私はここに練習をしに!」

澪「あ、梓ー、服が……」

梓「え?」

梓「!」

唯「おー、あずにゃんスケスケだねっ!」

梓「あ、あう」

梓(薄着にしてきたせいで水で透けて……下着が!)

梓(先輩に、先輩に見られて)ワナワナ

梓「にゃああああ!」ダダダダ バタン

唯「あずにゃんが部屋に引っ込んじゃった」

○○「ははは……」


唯「もー。せっかく海にきたのに遊ばないなんて損だよ!」

紬「まあまあ、私は着替えて合流するわ。澪ちゃんは着替えないの?」

澪「え、いや、その……」チラチラ

○○「? 澪さん、どうかしました?」

澪「なななな、なんでもない!」カァ

澪「な、なあムギ、私はここに残るよ。ちょっと体調悪いし、梓も心配だし」

紬「んー、分かったわ。じゃあ、私はお先にー」

澪「ふぅ……」

澪(男の人の前で水着になんてなれない……どうして唯たちは全然気にしてないんだろ)


○○「さてと、俺は荷物の整理でもするかな」

澪「あ、手伝う」

○○「ありがと。だけど、本当に遊びに行かなくていいのかな?」

澪「た、体調悪いし……それに、○○さんも整理が終わったら、練習するんでしょ?」

○○「その通り。よく分かったね」

澪「もう2ヶ月近く一緒に練習してたら、さすがにね」

○○「ははは。じゃ、外で元気に遊んでる女の子たちのために、お食事の下ごしらえでもしようか。澪さん、教えてくれる?」

澪「わ、私でよければ」



――1時間後

○○「まあこのぐらいにして、あとはみんなが帰ってきてからでいっか」

澪「かな。○○さん、本当に料理初めて?」

○○「デザート作りならまだできるけど、本格的な料理は、男の雑な手料理の範疇を超えてないよ」

澪「デザートは作れる……だから手際が良かったんだ」

○○「いやー、照れるな」ぽりぽり

澪「○○さんが照れてる顔って初めて見た」クスクス

澪(さすが梓が好きになる人……なんだか男の人に感じる怖さがないなあ)

澪(って、そういえば私、今男の人と2人きりだったんだ)

澪(あ、あれ? どうして今まで気付かなかったんだ?……気付いても怖くならないし)


○○「澪さん?」

澪「は、はいぃ!」

○○「ど、どうかした?」

澪「なんでもないなんでもない! さっ、練習しようか!」

○○「は、はあ。そうだね」

澪(な、なんで私が○○さんのこと意識してるんだ?)

澪(○○さんは梓と良い仲なんだし……)

澪(……そう考えるとちょっと梓が羨ましくなる)

澪(って、また私変なこと考えてる!)

澪「わ、私ちょっと梓の様子見てくるから!」

○○「あ、どうぞー。元気そうだったら一緒に練習しようって誘ってみてください」

タタタタタ

○○「……」


prrrr

○○「携帯……また母さんか」

ピッ

○○「もしもし?」

○○「今? 海についたところ。旅館にいるよ」

○○「もちろん泳いだりしないって。大丈夫」

○○「友達? 今は泳ぎに行ったり、部屋でくつろいだり色々」

○○「うん……」

○○「いや」

○○「またその話? 分かってる……分かってるって」

○○「もう覚悟は決めてるから……うん、そう。今更行かないなんて言わない」

○○「友達には今日か明日にでも話すよ」

○○「うん……また帰る時に連絡する。それじゃ」

ピッ

○○「……」

○○「せめて梓ちゃんにだけでも、話さなきゃ……」



28