――夏休みが始まり

――月日はどんどん過ぎていく



――7月23日

――梓の携帯


to ○○先輩
件名 夏休み

夏休みが始まりましたが、先輩はどうお過ごしですか?
私は家でトンちゃんのお世話をして過ごしています。水の中にいるトンちゃんが涼しそうで羨ましいです。
けいおん部の練習は週2、3回の予定になっています。最近は皆さん、真面目に練習に打ち込むようになってくれたので嬉しいです。

連日暑い日が続いていますが、体調に気をつけてください。



――7月24日


from ○○先輩
件名 虹

こんにちは。こっちではさっきまで夕立だったんだけど、そっちも雨は降ったかな。
雨上がりに見えた虹が綺麗だったので写真を送ってみたけど、届いた?

今日はギターを弾けなかったけれど、良い1日になったと思う。



――7月25日


to ○○先輩
件名 今日は練習!

今日はけいおん部の部室で練習でした!
ですけど、文化祭ライブはまだ先なので皆のやる気がなかなか上がらず、ティータイムで時間を潰してしまいました。
たまには1日中練習漬けになってみたいものです。以前先輩と私の家で練習した時みたいに。

8月の合同フェスで演奏する曲はまだ決まりません。
1度○○先輩と相談しよう、ということになりました。



――7月26日


to ○○先輩
件名 7拍子

今日、自宅での練習で7拍子が入った曲を弾いてみたのですが、どうにも上手くいきませんでした。
先輩は曲の途中で拍子が変化したり、特殊なリズムを取る曲でもなんなく弾けてますが、何かコツのようなものはあるんですか?

良ければ教えていただけるとありがたいです。



――7月27日 金曜日 合同練習日


――貸しスタジオ

律「おーす、○○」

澪「久しぶりです」

○○「ども。皆さん、お元気そうで」

唯「暑いよー。暑いよー」バタン

○○「ないのが約1名、いらっしゃるようで」

紬「唯ちゃん、はい、冷たいお茶よ。ペットボトルだけど」

唯「わー、ありがとー」ごくごく

律「今日も個別の後セッションってことで」

唯「○○君! 何か面白い曲ない!?」

○○「おお、唯さんがやる気だ」

梓「最近色々な曲を弾くようになって、もっと弾いてみたいと思うようになったらしいです」

澪「唯も熱心になったなあ」

○○「じゃあ、この楽譜を見せてあげよう」ペラ

唯「おー、さんくーす」

○○「そうだ、梓ちゃん」

梓「はい、なんでしょうか」

○○「昨日、変拍子のコツが聞きたいって言ってたけど……」

梓「そうですね。変な拍子だと混乱してしまって」

○○「ちょっと練習してみよっか」

梓「はい!」


○○「4拍子と3拍子を頭の中で組み合わせる感じで……」

梓「1、2、3、4……」



律「おーおー、さっそく2人の世界を作りやがって」

澪「私も教えてもらいたいな……」

唯「あははは!」

紬「唯ちゃん、何見てるの?」

唯「さっき○○君に貰った楽譜だよー。数字が一杯で面白いよー」

澪「楽譜が読めないのに面白いって……ドリーム・シアターの『Dance of Eternity』?」

律「……この曲はドラムに死ねとおっしゃってるようだ」



○○「アロエリーナの曲って知ってる? 昔、テレビでやってたCMなんだけど」

梓「聞いてアロエリーナ、という歌ですか?」

○○「そうそう。あれも短い曲だけど拍子が途中で変わっててね」



律「……ほんと、梓は告白したらいいのに」

澪「良い雰囲気作ってるな……」

唯「ぎゅいーん、ぎゅいーん。あはは」

澪「唯はさっきの楽譜を見てまだ笑ってるし」

紬「この曲、すごい独創的だわ。次の新曲の参考にしようかしら」

律「や、やめてねー、ムギさーん」



――1時間後

ジャジャンジャン!

○○「おー、見事な演奏でした」パチパチ

澪「ふわふわ時間はもう大丈夫だな」

紬「あとは新曲だけど……ごめんなさい、まだ完成していないの」

律「大丈夫だって。文化祭ライブまでまだ先だしさ」

梓「けれど、その前の音楽フェスが……そろそろ弾く曲を決めておかないと」

澪「ムギに新曲を2つ作れっていうのは酷だと思う」

律「だなー」

梓「では、やっぱり既存の曲を弾くか、少しアレンジするかですね」

唯「これにしようよー」ペラ

律「やめてくれ唯。私が死んでしまう」

澪「私もその曲はやだ……なんだか怖いし」

唯「えー、カッコいいのにー」

○○「その曲はネタとして持ってきたんだけど……歌がないからけいおん部向きじゃないんじゃないかな」

唯「むー」


梓「……あ! ○○先輩! あの曲にしましょう!」

○○「あの曲?」

梓「ほら、思い出の曲です!」

○○「……『Johnny B.Goode』?」

梓「はい!」

唯「何それー」

律「お、私は知ってるぞ。映画に使われた奴じゃね?」

澪「チャック・ベリーか……」

梓「先輩、楽譜持ってきてますよね?」

○○「あ、ああ、うん」ペラ


梓「どうですか?」

律「私はいいと思うぜ。かっこいいじゃん」

澪「私も、たまにはこういうロックを弾いてみてもいいかな」

紬「楽しそうな曲だわ~」

唯「私は楽譜が読めませんっ!」

梓「では、これで決定ということで」

○○「え……」

○○「ほ、本当に?」

梓「○○先輩は嫌ですか?」

○○「すごく嬉しいけど……」

梓「だったらいいじゃないですか。決定です!」

唯「あずにゃんが私の意見を聞いてくれないよー」メソメソ

梓「もう、唯先輩。これが弾けて歌えたらすごくかっこいいですよ」

唯「おお! だったらやるよ!」

澪「現金な奴……」

律「んじゃま、ムギにはこの曲をけいおん部用に編曲してもらうってことで」

紬「うん、私がんばる!」


○○「……」

梓「○○先輩? どうかしました?」

○○「いや……感無量というか、感動しているというか……はは、なんだか胸がいっぱいで言葉が出ないや」

梓「感動している暇はありませんよ? 先輩にはこの曲をステージで弾けるようになってもらわないと!」

○○「ああ、もちろん。頑張るよ」

梓(先輩……いい笑顔だなあ)

梓(うっ、なんだか胸がドキドキしてきた)

梓(駄目駄目! 見とれてる暇なんてない。今は練習に集中!)


唯「ああー!!」

澪「な、なんだ唯。びっくりさせるなよ」

唯「こ、この曲、歌詞が英語だよ!」

○○「そりゃあ、外国の曲だからね」

唯「私、英語の歌なんて無理だよー! 予備校の英語の小テストで0点取っちゃったのに!」

梓「唯先輩、受験生なのに……」

澪「けど、英語0点の奴に英語の歌詞は無理があるんじゃ」

律「おいおい、唯が歌えないとなると、他に歌えるのは……」

澪「わ、私は無理だからな! 他の学校の人の前で歌うなんて絶対無理!」

○○「いやー、さすがに弾きながら歌はちょっと」

紬「私は作曲と編曲で手一杯で……」

梓「先輩たちを差し置いて私がボーカルなんて、できません」

律「で、私はドラムやりながら歌うなんて器用な真似はできない、っと」

澪「じゃあ残るはやっぱり唯だけか」

唯「ええー? あずにゃんだけ理由になってないような……」


紬「あのー」

律「どしたムギ」

紬「この曲ね、どう編曲してもギター3本の曲にするのは難しいの」

紬「私自身、そんな経験はないし、新曲で手一杯だし……」

紬「ギター2本の楽譜にするのが精一杯で」

律「ふむ、だとしたら2人ギターで1人はボーカルに専念することになるな」

澪「つまり唯がボーカルか」

唯「ええー! 私もギター弾きたいよー!」ジタバタ

梓「唯先輩……」


梓(せっかくのステージなのに、ギターを弾けないのは確かにちょっとかわいそう……)

梓(私は来年も出るチャンスがあるんだし)

梓(ここはやっぱり私がボーカルになるべきなのかな……自信ないなあ)


梓「あのお、やっぱり私が」

律「まあ待て、唯。ちょっと耳貸せ」

唯「へ?」


律「あのな、あの2人を同じギターパートにしておけば、関係が進展するきっかけにもなるだろ」ヒソヒソ

唯「……ふむふむ」

律「それにさ、梓に好きな人と同じ舞台でギターを弾かせてやれよ」ヒソヒソ

唯「けど、私もギターを……」

律「文化祭ライブで弾けるだろ? 先輩なんだから、後輩に思い出を作らせてやろうぜ」ヒソヒソ

唯「うーんうーん」

紬「今ボーカルを引き受けたら、ケーキバイキングにご招待~」ヒソヒソ

律「ムギ!?」

唯「ほんとに!」

紬「ほんとよ~」

唯「私、ボーカル頑張るよ!」


梓「あ、あれー? せっかく決意したのに」

律「あ、あれー? せっかく説得してたのに」



澪「唯は英語の歌詞を歌えるように特訓だぞ」

唯「分かっております、澪隊員! ケーキのためならば!」

紬「私も編曲、がんばる!」

律「っしゃー! 気合入れるぞー! 再来週は合宿だー!」

唯「おー!」

梓「お、おー!」

○○「おー」



27