――事情説明後

友「なるほど。お前、どこで練習してるかと思ったら、こんなかわいい子たちの中で……」ぷるぷる

○○「ん?」

友「うらやましい! うらやましい!」ドン!

○○「……はぁ」

友「ねえ! 俺もキーボードやってるんだけど、良かったら一緒に」

梓(キーボード?)

○○「さーて、そろそろ移動しよう。友はここでお別れだな」

友「ひでえ! 俺の恋活を邪魔しないでくれよう!」

唯「れんかつ?」

梓「恋愛活動の略じゃないでしょうか……初めて聞きましたけど」

梓(それにしても、キーボードやってる友達って、どこかで聞いたような)

律「ごめんな。今日は○○1人に用があるんだ。一緒に練習とかはまたの機会に」

澪「た、助けてもらってありがとうございました……」

紬「またお会いしましょう~」

唯「じゃーねー、変態さーん」

友「それは仕方ないですな。デートはまたの機会ということで」

○○「じゃあな、変態」

友「お前に言われたくねえ! ったく、○○、あとでメールしろよ」

○○「なんで?」

友「それ。なんだそのうらやましい状況は」ビシッ

○○「それ? あっ」

梓「あっ」さっ

梓(ず、ずっとシャツの裾、掴んじゃってた……)

友「まったく、根掘り葉掘り聞かせもらうからな! それでは皆さん、さようならー」



○○「すみません、なんだかうるさい奴で」

紬「いえいえ、楽しい方でした。助けてもらいましたし」

唯「だねー。私、本物の変態さんって初めて見たよー」

律「唯、あまり言ってやるな」

澪「金髪だけど良い人だったんだな……」

梓「また改めてお礼を言いたいです」

○○「じゃあ、また今度紹介するよ。それより何か話をするために来たんだよね、行こっか」

唯「ポテトだポテトー」



――道路

テクテク

「お、○○じゃん。じゃあなー」

「また明日なー」

○○「ん。またなー」

梓(○○先輩、学校にもお友達たくさんいるんだなあ。さっきから結構声かけられてる)

梓(さっきの友さんもそうだったけど、先輩ってお友達の前だと雰囲気が全然違う……)

梓(新たな一面、って奴かな。ちょっと男っぽくて)

梓(ああいう先輩もいいかも……)


テクテク

梓「先輩、ギターは学校に持っていってないんですね」

○○「学校で弾いてるのが先生に見られると、すぐ親に連絡がいくようになってるからね」

○○「ギターは近くの楽器店に置かしてもらってるんだ」

○○「時々さっきの友の家にも置いてる」

律「○○って今年からこっちに来たんだよな? あれはこっちでできた友達か?」

紬「それにしてはすごく仲がよさそうだったけれど」

○○「あー、あいつは前の学校にいた時からの友達で」

澪「え? じゃあどうして同じ学校に? 一緒に転校してきたとか?」

○○「俺が転校してきたのは4月、あいつは6月なんだ」

紬「じゃあ、あの方が後でやってこられたわけね」

○○「うん。本人曰く『大学はこっちの街のを受けるから、先に1人暮らしに慣れたい』から来たらしい」

梓「……それって手間がかかるだけのような」

律「普通は合格してから引っ越すもんだよな」

○○「だから変人なんだ」

唯「変態変態~」


梓「あの、もしかして先ほどのお友達って、前に話してくれた人では?」

○○「よく覚えてるね。その通り。俺が音楽をやるきっかけを作ってくれた奴だよ」

○○「あいつはあいつでバンドを組んでて、今日も練習に行ってるはずだ」

○○「最近は、他に練習場所がない時、やむを得ずあいつの部屋を貸してもらってる」

○○「お金取られるんだけどね。スタジオよりは安いけど」

梓「そうだったんですか……」

唯「良いお友達なんだねー」

○○「まあ、悪い奴じゃないかな。変人だけど」



――ファーストフード店

律「では! 合宿の日程を決めたいと思います!」

澪「えーと、各自、夏休みの間で空いてる日を言っていこう」

唯「私はこの辺り全部空いてるよー」

紬「私はこの付近しか……夏は忙しくて、ごめんなさい」

梓「私は大抵暇ですし、予定も変更できるのでいつでも構いません」

○○「えーと……合宿って、ほんとにやるんだ」

律「何を今更」

唯「海だよ海ー」

○○「だけど、一応俺も男で、君たちは女の子なわけで……問題あったりしない?」

律「問題起こすつもりなのか?」

○○「そんなことはないけど……」

澪「へ、部屋は別々だから」

紬「セキュリティは万全ですので」

唯「問題ってどういう問題?」

○○「そりゃ、色々と……本当に大丈夫なのかな」

梓「大丈夫です。○○先輩を信じてるんですよ」

梓「あとはさわ子先生にさえばれなければ、全然大丈夫です!」

律「おーおー、梓が『ばれなければ』なんて言葉使うとはなあ」

唯「あずにゃん……汚れちゃったんだね、およよ」

澪「主に律と唯のせいだろうけどな」

○○「……そっか。ありがとう」

○○「じゃあ、俺はこの辺りなら空いてるよ」



――話し合いの後

澪「8月の10日あたりがちょうどいいかな」

梓「フェスは下旬だから、まだ余裕はありますね……この合宿でレベルアップです!」

律「フェスで何の曲を弾くかも決めなきゃなー」

唯「かっこいい曲がいいね!」

澪「ギターが3人になったから、曲作りが難しそうだ」

○○「ギター3人は結構変則的だね。ないわけじゃないけど」

紬「私、作曲頑張る!」

律「曲はおいおい決めてこうぜー」



――帰り道

テクテク

梓「○○先輩は、夏休みに入った後は忙しいですか?」

○○「まあ、一応受験はするつもりだから、夏期講習とかあるよ」

律「お、○○も進学組か」

唯「どういう所に行くつもりなのー?」

○○「まだそこまで詳しくは決めてないかな」

唯「私と一緒だね!」

澪「唯も最近になってようやく進学って決めたからな」

紬「早めに決めておいた方が、勉強もはかどるわよ~」


梓(そっか。先輩たちはみんな来年にはいなくなっちゃうんだ)

梓(○○先輩も大学に行っちゃう……)

梓(永遠の別れってわけじゃないだろうけど)

梓(別の場所に行っちゃうって、なんだか寂しい)

梓(……私、耐えられるのかな)

梓(先輩たちがいなくなった日常……全てが色あせてしまいそうで)



唯「○○君はここで電車に乗るんだよね。じゃあねー」ぶんぶん

○○「はい、皆さん、また練習で」ふりふり

律「金曜にまたスタジオでなー」

澪「夏休み中も、部室使える時があったら、つ、使おうね」

紬「さよーならー」

梓「先輩……さようなら」ふりふり

梓(……はぁ)

梓(まずは8月のフェスに集中しよう)

梓(色々と考えるのはその後! うん、そうだよね)




――道路

○○「……」

○○「合宿か……」

○○「楽しくなれたらいいな」

prrrrr prrrr

○○「電話? 母さん?」

ピッ

○○「はい、もしもし」

○○「うん……今帰るところ」

○○「え?」

○○「いや、その話は……ちょっと待ってって。落ち着いて」

○○「もう無理だってことになったんだろ?」

○○「見つかった? けどそんな急に……」

○○「うん、そりゃあ、分かってるけど」

○○「また家に帰ったら詳しく話そう、うん」

○○「切るよ、じゃ」

ピッ

○○「……」

○○「はぁ……そっか」

○○「……梓ちゃん」ボソッ



5章 おわり



25