――唯の家

唯「ただいまー。ういー、帰ったよー」

憂「おかえりー、お姉ちゃん、待ってたよー」

澪「どうも、憂ちゃん。お邪魔するね」

律「お邪魔しまーす」

憂「どうぞどうぞー……あれ? そちらの方は?」

○○「どうも。えーと他校の者でして、けいおん部の皆さんと一緒に練習させていただいてます、○○と言います」ペコリ

憂「ど、どうも。平沢唯の妹の憂です」ペコリ

憂「お、お姉ちゃん、いつの間に男の人が?」

唯「あれ? 話さなかったっけー?」

憂「聞いてないよー」

唯「そうだっけ? まあ、とにかくみんな上がってー」

○○「お邪魔します」

梓「お邪魔するね、憂」

憂「うん。あ、荷物はそちらにどうぞー」



――リビング

唯「おー、料理がいっぱいだ」

梓「憂、気合入ってるね」

憂「うん、久しぶりに皆さんが来たので、張り切っちゃいました!」

律「おーし、じゃんじゃん食べるぞー」

澪「お前は少しは遠慮しろ」

紬「私、ケーキ持ってきたから後で食べましょうね」

律「私は飲み物だ! ジュースいっぱいあるぞー」

澪「私はクッキーを……これもケーキと一緒に食べような」

梓(急に決まったお食事会なのに、皆、用意がいいなあ)

唯「あ、○○君とあずにゃんはこっちね!」

○○「あ、はあ」

梓「席決まってるんですか?」

唯「私はあずにゃんの横ー」

憂「じゃあ私はお姉ちゃんの横!」

律「私は澪の横だ! ○○も隣だけど」

○○「すみません」

澪「謝ることないよ、○○さん」

紬「私は澪ちゃんと憂ちゃんの間ー」

梓「円卓ですね」

全員「いただきまーす」



――10分後

憂「え? 前にお姉ちゃんが言ってたサプライズの相手って、○○さんだったんだ」

唯「そだよー」

梓「あー、私も隠しちゃってた、ごめんね、憂」

憂「ううん、それはいいんだけど……」

憂(う、うーん……なんだろう。気になる)

梓「○○先輩、これも食べます?」

○○「ありがとう、貰うよ」

憂「うーん?」

憂「ねえねえ、お姉ちゃん。○○さんと梓ちゃんって……もしかするの?」ヒソヒソ

唯「もしかする?」ヒソヒソ

憂「その……今校内で噂になってる、あれ」ヒソヒソ

唯「あー、あずにゃんの……」

紬「そうよー」ヒソヒソ

憂「わっ」

紬「多分、憂ちゃんの思ってることは当たってるわよー」ニコニコ

憂「そ、そうなんですか……」

憂(あれが噂の彼氏さん……けど、秘密の関係じゃなかったのかな? どうしてお姉ちゃんたちと……?)


澪「律! 食べすぎ!」

律「いいだろー。私は腹が減ってるんだー」

唯「私も負けないよー」

梓「唯先輩、もっと綺麗に食べてください!」

憂「お姉ちゃん、口にソースついてるよ。拭いてあげるね」フキフキ

紬「あらあらー」

○○「……」

○○「はは」

○○「楽しい人たちだなあ」



――食事後

憂「へー。あの合同フェス、お姉ちゃんたちも出るんだ」

唯「そだよー。○○君も一緒にねー」

憂「え? ろ、6人で出るんですか?」

憂(ひ、秘密の関係なのに、ライブに出てもいいのかな? わけがわかんなくなってきた)

澪「曲、何にしようか」

律「またおいおい決めたらいいだろ」

紬「曲を決めたら練習たくさんしないと」

唯「じゃあ合宿だね!」

澪「いや、さすがに夏季講習もあるし、無理だろ……」

唯「えー、2日ぐらいなら大丈夫だよー。息抜き息抜きー」

律「んー、確かに合宿で一気にレベルアップもいいな」

澪「けど、フェスは6人で出るわけで、つまり練習するなら○○さんも来るわけで……」ビクビク

梓「……私も合宿したいです」ボソッ

唯「ほらー、あずにゃんもこう言ってるしー」

律「よっしゃ! 各自空いてる日を提出するように!」

○○「え? 俺も?」

律「当たり前!」



――10分後

ぺちゃくちゃ エームギチャンユメオチナンダー

○○「……っと、ごめん、唯さん、トイレ借りていいかな?」

唯「どぞー。廊下出て左だよー」

○○「どうも」ガサ

梓(あれ? 先輩、ビニール袋なんか持ってトイレ?)

梓(いや、あの袋は確か……そうだ、薬の袋!)

梓(けど、水ないのにどうやって飲むんだろ……まさか、トイレの水を使うとか?)

梓(そ、それは駄目なような……よし!)

梓「あ、あー、私、電話かかってきたー、ちょっと席外しますねー」

ガシ


タタタタ

律「……梓の奴、水なんて持ってどこ行くんだ?」

澪「すごい棒読みだったな、今の」

唯「携帯も鳴ってなかったのにねー」

紬「うふふ」



――平沢家 廊下

○○「ふう、どうしたものか。トイレの水はさすがに……」

梓「先輩!」

○○「あれ? 中野さん」

梓「これ、お水です! どうぞ!」

○○「あー……もしかして、分かっちゃった?」

梓「はい! 付き合いも長くなったんですし、これぐらいは察します!」

○○「ははは、ありがと。助かったよ」

○○「やっぱり中野さんがいないと、俺駄目だね」

梓「そ、そうですか? 最近は私がいなくても皆さんと練習できてますし……」

○○「そんなことないって」

○○「けいおん部のみんなも、俺が中野さんと仲が良いからこそ、こうやって気兼ねなく付き合ってくれてるんだよ」

○○「でなくちゃ、こんな女の子ばっかりな所に入れてくれないはず」

○○「中野さん、ありがとう」

梓「ど、どうも、です」カァ

梓「じゃあ、私、先に戻ってますから!」

○○「ん、ほんとにありがと」

タタタタ


○○「……優しい子だな、ほんと」



――2時間後

澪「あ、もうこんな時間じゃないか」

律「おお! けど、明日は土曜日!」

唯「何時だろうと、かんけーない!」

紬「じゃあ、お泊りかしら?」

○○「あー、ごめん。俺、今日は家に帰らないといけないんだ。明日は用事があって」

梓「私も……すみません」

唯「ええー。もっと遊ぼうよー」

律「むっ!」キラン

律「いや! 用事があるんだったら、仕方ない! な、澪!」

澪「え? そうだな。ここは帰ってもらって」

紬「夜も遅いし、○○君と梓ちゃん2人で帰らないとね」

憂「梓ちゃん、大丈夫? 自転車で送ろうか?」

梓「ううん、大丈夫。歩いて帰れるよ」

唯「○○くーん、もっとギターのことおせーてー」

○○「また今度の練習日にね」



――平沢家 玄関

○○「では、また次の練習日に」

梓「お邪魔しました。先輩たちも、また来週に」

唯「じゃーねー」

律「またなー」

澪「○○さん、またライブのことで相談するから」

紬「梓ちゃん、気をつけてねー」

憂「2人共、さようなら」


がちゃん

律「さーて、どうなるかなー」

唯「尾行? 尾行する?」

澪「なんだ、だから2人だけで帰らせたのか。やめとけ。ばれるのがオチだ」

紬「私たちは私たちで楽しみましょう~」

憂(○○さんか……結局、梓ちゃんとどういう関係なのか、詳しく聞けなかったなあ)




――外

テクテク

テクテク

○○「……」

梓「……」

○○「あ、月が出てるね」

梓「ほんとだ。綺麗ですね」

○○「月を見ると少し涼しく感じない?」

梓「少しは、ですけどね。最近は夏のじめじめが近づいてきてる感じがします」

○○「確かに、夏の足音って奴かな」


○○「あのさ、中野さん。さっきの続きなんだけど」

梓「はい? さっき、ですか?」

○○「トイレの前で話してた時の」

梓「あ、はい」

○○「……中野さんには本当に、感謝してるんだ」


○○「中野さんは俺の世界を変えてくれた」

梓「そんな、大げさです!」

○○「いや、本当にそうなんだ」

○○「ずっと1人でギターを弾くことしかできなかった俺を、あんな楽しい仲間の輪に入れてくれた」

○○「おかげで色々と変われたよ」

○○「感謝してもしきれない」

梓「そんな、私はただ一緒に弾きたいと思っただけで……」

○○「それに、中野さんと仲良くなれたことも、嬉しいしね」

梓「あ……」

梓(先輩……)

梓(先輩、先輩!)ドキドキ

梓(……)ドキドキ

○○「また来週もみんなと一緒に音楽ができると思ったら、楽しみで」

○○「夏の間も、夏が過ぎても、ギターが弾ける」

○○「こんなに満ち満ちた人生を送れるなんて、想像すらしてなかった」

○○「中野さんには、何かお礼がしたくて仕方ないよ」


どっくん


梓「お礼……」

梓「じゃ、じゃあ」

梓「1つだけ! いいですか!?」

○○「どうぞ?」


どっくん


梓「その……」

梓「これからは」


どっくん


梓「私のこと、下の名前で呼んでください!」


どっくん


○○「下の名前……か」


どっくん


梓「は、はい」


どっくん


○○「分かった」


どっくんどっくん


○○「じゃあ」

○○「梓ちゃん」


どくんどくんどくん


○○「これからも、一緒にギターを弾いてくれますか?」


……すとん


梓(あ……)

梓(今、分かった)

梓(そうだったんだ)

梓(私、先輩と一緒にギターを弾きたかった)

梓(一緒におしゃべりしたかった)

梓(一緒に帰りたかった、ご飯も食べたかった、メールもしたかった、もっと近くにいたかった)

梓(自覚してなかったけど、それが私の気持ちで)

梓(……これからもそういう時間を過ごしたい。一緒にいたい)

梓(思い出と未来を共にしたい)

梓(あはは。なんだあ)

梓(私……)

梓(今、『落ちちゃった』)


○○「梓ちゃん?」


梓「はい」

梓「もちろん」

梓「これからも一緒に弾きましょう、先輩」




23