――30分後

唯「ぎゅいぎゅいーん!」

○○「おー」

梓「う、ウインドミル奏法」

唯「どうどう? すごい?」

○○「すごいね。これはできないや」

唯「やった! じゃあ私の勝ちだね!」

○○「うん、そうだね」

梓「いったいどういう勝負だったんですか……」

唯「じゃあ次にこれ! ぎゅういーん!」

○○「逆ウインドミル奏法!?」

梓(○○先輩、楽しそう……)

梓(そりゃそうだよね。みんなで練習できるのは楽しいから)

梓(私が手助けしなくても、先輩はやっていける。距離は縮まった)

梓(敬語で話すことも少なくなってきたのが、その証拠)

梓(もう私は必要ないかも)

梓(……って何考えてるんだろ、私。バカだなあ)

梓(今は練習練習!)



――2時間後

ジャジャン ジャン!

律「うーし、終わりー」

唯「○○君、今のどうだった!?」

○○「良かったよ。みんな、かなり息が合った演奏だったと思う」

律「みんなレベル上がったからなー。なんかやりやすくなったよ」

澪「だな」

梓「はい! 私も弾いてて気持ちよかったです!」

紬「これなら文化祭ライブもばっちりね」

唯「後は○○君だねー」

○○「あー、はい」

律「どんな曲も最後まで弾けるようになる、ってのが当面の目標だな」

澪「やっぱり、難しい?」

○○「んー、ゆったりした曲なら大丈夫だけどね。激しい曲はどうも……」

梓「それに、舞台に立つと体力の消耗度合いが違うと思います」

○○「だね。その辺りは1度経験してみないことにはなんとも」

唯「じゃー、○○君もライブに出て経験してみたらいいんだよー。私たちと一緒に!」

○○「それは……」

律「いやー、無理だろ。学園祭ライブに他校の生徒が出演できるわけがない」

紬「じゃあ、一般のライブはどうかしら?」

澪「夏のこの時期になると、この近辺のライブハウスってどこも一杯になるしなあ」

唯「ええー、じゃあ他の街に行くとか?」

律「んー、難しいような」

○○「そこまで無理してもらわなくてもいいですよ」

梓(ライブ……)


梓「あ!」

梓「そうだ! 合同音楽フェスティバルですよ!」

梓「あれなら、他校の生徒でも出れます!」


律「あー、そういやそんなのあったなー」

○○「なんですか、それ」

紬「付近の高校の生徒が、一緒になってコンサートを開くのよ」

律「夏フェスの地元版みたいなもんだ」

澪「○○さんは××高校だったっけ? そこも参加校の1つだったはず」

律「んー、申込書には確か……『他校の生徒と合同で出演してもOK』って書いてたな」

唯「おおー。だったら大丈夫だー」

梓「応募の締め切りはいつでしたか? 律先輩!」

律「あー、覚えてねーなー。なにせ2ヶ月以上前に聞いた話だし……」ぽりぽり

澪「和からチラシもらったろ? どこにやったんだよ」

律「んー、私の記憶が確かなら、部室の机の引き出しに入れたはず……」

梓「相変わらず律先輩は整理整頓ができてないですね……」

澪「また学校に行った時に見てみよう」

律「間に合うようだったら、和に応募頼んでみるか」

唯「やったね、○○君! 舞台だよ! 本番だよ!」

○○「あ、ああ……」

律「なんだよー、あんまり嬉しくなさそうだな」

○○「いや……本当にいいの? 俺、すごく迷惑かけると思うんだけど」

○○「そんな、無理して一緒に出てくれなくても……」

澪「○○さんは出たくない?」

○○「……」

梓「先輩……」

○○「本音を言えば、出たい。けど」

律「『けど』はなしだ!」

紬「私たちも一緒に出てみたいんだし」

澪「○○さんはきっと良い演奏してくれると思ってる」

唯「大丈夫! 私たちは無敵だよ!」

梓「そういうわけで、先輩が出たいならお手伝いします」

○○「……あー、また泣きそうだ」

梓「ふふ、泣いてもいいですよ?」

○○「そうそうカッコワルイところは見せられないよ……ありがとう、みんな」


唯「よーし、私も頑張るよー。ぎゅわああんって!」

紬「私もー。たらたらたらーん、って」

律「じゃあ私はドカドカバキンだ!」

澪「その効果音だと何か割ってるぞ」

梓「……ぎゅいーん」ボソッ

○○「そういうのは大声で言った方が、いっそすがすがしいよ?」

梓(はぅ! 聞かれた!)カァ




――スタジオ練習後 外

律「あー、疲れた」

唯「ねえねえ、私の家でご飯食べていかない?」

梓「え? 今からですか? すごく急な話ですね」

唯「私の家、今日は親がいなくってさ。なんだか寂しいんだよね」

律「お、おー、そうかー。だったら私たちが行ってやるかー」

紬「そ、そうねー。私も行こうかなー」

澪(なんて棒読み)

澪「うん、私も行っていいぞ」

唯「○○君とあずにゃんはどうするー?」

梓「私は……えーと」

○○「男は俺1人だけど……いいのかな?」

唯「そんなの今更気にしないって」

○○「んー、分かった。家に晩御飯用意されてるかもだから、ちょっと電話して聞いてみる」

タタタ

ピポパ

○○「母さん? 俺。今日の晩御飯なんだけど……うん」


唯「あずにゃーん、来ようよー」

梓「ど、どうしようかな……」チラチラ

律(めっさ○○のこと見てるよ。分っかりやすい奴)


○○「ん、分かった。気をつけて帰るよ。それじゃ」

パタン

○○「お待たせ。大丈夫。俺も行くよ」


梓「では、私も行きます!」

律(即答かよ)

澪(これだけやっておいて自分の気持ちに気付かないって……)

紬(梓ちゃん、かわいいわ~)

唯「よーし、私の家まで出発しんこー!」


全員「おー」



22