5章



――1ヵ月後 7月中旬 水曜日

――夜 梓の自室

梓(……)ごろごろ

梓(……)ごろごろ ぴた

梓(明後日が、けいおん部のみんなと○○先輩が一緒に練習できる日かあ)

梓(1週間に1度、金曜日に合同練習をする。うん、これぐらいがちょうどいい)

梓(良かった、本当に。良かった。○○先輩が一緒に練習できるようになって)

梓(……)ごろごろ

梓(暇だし、ちょっと○○先輩にメールを送ってみようかな)


to ○○先輩
件名 夜遅くすみません

あさっての合同練習日ですが、何か練習したい曲とかありませんか?
よければスコアを用意しておきます。


梓(送信、っと)


梓(……)ごろごろ

梓(……)ごろごろ ぴた

梓(返信が来ない……)

梓(もう1時間も経ってる)

梓(寝てるのかな)

梓(それとも夜遅くにメールしたから鬱陶しがって)

ぴろぴろりん

梓「きた!」バッ

パカッ


from ○○先輩
件名 ごめん、音楽聴いてた

音楽聴いててメールに気付かなかった、ごめん。
やりたい曲なら、以前けいおん部オリジナルの曲がいいかな。


梓「よかった。メールが嫌だったわけじゃないんだ」

梓「えーと、返信は……『どんな音楽を聴いていたんですか?』っと」

梓「あ、そういえば先輩のおススメのゲーム曲、聞いてないや」

梓「それも教えてもらおっと」




――翌日 昼休み 教室


純「それで臭くってさー」

梓「あはは」

憂「面白い人だねー」

純「そういえば、梓は最近どうなの? けいおん部」

梓「え?」

純「なんか毎日が楽しそうって顔してるしさ」

憂「お姉ちゃんも楽しそうだよー」

梓「ふふ」

梓「うん、すっごく楽しいよ」パァ

純「おふ、なんて良い笑顔」

憂「充実してるんだね!」




――放課後 部室

さわ子「今日は○○君を呼ぶつもりなんだけどー」

唯「おお!」

律「ひっさしぶりだなー」

紬「合同練習日以来かしら?」

澪「今日の夜かあ」

さわ子「で、いつも通り梓ちゃんと……あと1人はどうする?」

唯「じゃんけんだね!」

律「よーし、やるぞー」

澪「ま、前の続きがしたい……!」

紬「じゃーんけーん」

ポン!


澪「やった! 勝った!」

唯「まーけーたー」

律「ちぇー。リズムの調整したかったのになあ」

紬「残念だわー」

梓(……)

梓(いつの間にこんなことになっちゃったんだろう)

梓(いや、さわ子先生が『夜の学校で練習できるのは3人までが限界』って言ったからだけど)

梓(そりゃあ、6人もいるとばれる可能性高くなるから、3人ていうのはなんとなく分かる)

唯「次は負けないもんねー」

律「しゃーない、明日は合同練習だし、よしとするか」

梓(……みんな、先輩と練習するのを楽しみにするようになったんだなあ)

梓(けど、どうして私は最初から夜まで残ることが確定してるんだろ)

さわ子「梓ちゃん、どうしたの?」

梓「あ、その……私はどうして最初からメンバーに入ってるのかなあ、と」

さわ子「んー、嫌だった?」

梓「嫌ではないです、むしろありがたいです、はい」

さわ子「じゃあ、いいじゃない」

さわ子「みんな、察してくれてるのよ」

梓「……?」




――夜 部室

澪「うぅ……」びくびく

○○「澪さん、大丈夫? 暗い所が駄目なら、せめて窓際で」

澪「だ、大丈夫! 練習を始めれば集中できる……はず」

さわ子「じゃあ、好きに練習しときなさい。私は例によって仕事があるから」

梓「先生、最近仕事溜めすぎなような気がしますが……」

さわ子「3年生を担任に持つと色々苦労するのよ。じゃあねー」


ガチャン

澪「……」びくびく

○○「じゃ、練習しよっか」

梓「はい!」



――30分後

澪「この時のリズム取りが……」

○○「身体に叩き込むしかないかなあ。澪さんならいくらかずれても修正できるかと」

べんべーん♪


梓(……なんだか)

梓(澪先輩と○○先輩、すごく仲が良くなってる)

梓(ギターとベースで、お互いに話してて新鮮だからだろうけど)

梓(……)

梓(ちょっと寂しい)


○○「中野さん? どうかした?」

澪「疲れた?」

梓「い、いえ、なんでもありません」

○○「そう? じゃあ、1度3人で合わせてみようか」

澪「あ、まだ14小節目の音について話したい……」

○○「んー、前後を通してみると、案外自分で見えてくるものがあるかもだし」

澪「……分かった。○○さんがそう言うなら」

梓(やっぱり仲が良い)じーっ

○○「中野さん? 始めるけど、大丈夫?」

梓「あ、はい」


○○「1、2、3、4」

ジャンジャカジャン♪

梓(ん、いい感じ。やっぱりベースが入ると音に厚みが出るなあ)

梓(○○先輩にとっても良い練習になるはず)

ジャン!

○○「ふぅ……こほっ、こんなもんかな」

澪「だ、大丈夫? なんだか疲れてるけど……」

○○「これくらいなら問題ないよ。ありがと」

澪「い、いえ、どういたしまして」

梓(むー……)



コツコツ

梓「あ、先輩、誰か来ます!」

○○「さわ子先生?」

梓「いえ、この足音は……先生じゃないです、多分」

澪「守衛さんか! か、隠れなきゃ!」

○○「けどどこに」

梓「物置に!」

ガチャ

ドタドタ



――物置内

○○「も、物置って狭いね」ヒソヒソ

澪「この前片付けて少しはマシになったんだけど……また物が増えてる」ヒソヒソ

梓「整理整頓しないからです。うー、せ、狭いです」ヒソヒソ

梓(これじゃあ、みんな身体がぶつかっちゃう……)

梓(一応○○先輩が1番前に立って、距離は空けてくれてるけど)

梓(ち、近いよう)


ガチャ

○○「誰か入ってきた! 静かに」ヒソヒソ


トタトタトタ

守衛「んー? なんか音が聞こえたと思ったけどな……気のせいか」

守衛「異常なし、かね」

守勢「ん? この鞄は……忘れ物か?」

○○「鞄?」ヒソヒソ

澪「あ! 私の鞄! 持ってくるの忘れてた!」ガタガタ

梓「み、澪先輩、動いちゃ駄目です。こけちゃいます!」

ガタガタ

澪「わ!」

梓「きゃ!」

○○「っと!」

ポスン


守衛「ん? 何か音がしたか?」

○○「静かに」

澪「う、うん」

梓(澪先輩! ○○先輩に抱きとめられて!)

澪「うぅ」

○○「ごめん、嫌かもしれないけど、今は動けないから我慢して」ボソッ

澪「は、はいぃ」

梓「……」ムカッ

梓(……胸が苦しい。何これ)


守衛「……気のせいか。よし、戻るかね」

ガチャン バタン


ドタドタドタ

○○「……もう大丈夫かな」

澪「あ、あの」

○○「あっと、ごめん。ドアを開けるから、そのまま外に」

澪「は、はい」

梓「……」

○○「ふぅ、なんとかなったか」

澪「危ない所だった……」

梓「……」

○○「ごめんね、いきなりあんなことになっちゃって」

澪「い、いや、私のせいだから……気にしないでいいよ」

○○「澪さん、男の人苦手みたいだから、悲鳴あげられたらどうしようかと思ったよ」

澪「私だって状況は分かってたし、それに……そこまで嫌じゃなかったから」

○○「良かった。あれ? 中野さん、ギター片付けて、もう帰るの?」

梓「あんなことがあった後ですし、もう今日は帰った方がいいと思いますっ」ぷいっ

○○「あ、うん、それもそうか……」



――職員室前

さわ子「そうだったの。じゃあ今日はこれで終わりね」

○○「はい、少し早いですが、用心して、ということで」

さわ子「そうね。帰りましょう……で、梓ちゃんは何をそんなにぷりぷりしてるの?」

梓「ぷりぷりなんかしてません!」ぷいっ

さわ子「な、何かあったの? ○○君、澪ちゃん」

○○「さ、さあ?」

澪「特に何も……」

梓「……ふん!」

さわ子「変な梓ちゃんね……とにかく3人とも私の車で送ってあげるわ」




――車の中

○○「……」

梓「……」

澪「……」

さわ子(く、空気が重いわ。特に後ろの○○君と梓ちゃん)

さわ子(明らかに何かあったんでしょうけど、○○君は何がなんだか分からないみたいね)

さわ子(ま、こういうのは当人同士で解決するものだし、静観しときますか)


○○「……あの、中野さん」

梓「なんですか?」とげとげ

さわ子(うっわ、声ひくっ)

○○「な、何か怒ってる? もしかして十分に練習できなかったのが……」

梓「アクシデントで中止になったのに、どうして○○さんに怒るんですか?」

さわ子(しかも『さん』付けになってる。怖いわあ)

○○「えーと……」

梓「○○さんは別に何も悪くありせんから、気にしないください」

○○「は、はあ」

梓「先輩なんか、フルーツケーキになっちゃえばいいんです」ぷいっ

○○「フルーツケーキ?」

さわ子(怒りすぎて自分でも何を言ってるのか分かってないのかしら)



――梓の家の前

梓「さわ子先生、今日もありがとうございました」

さわ子「ええ、またね」

澪「梓、また明日」

○○「中野さん、また」ふりふり

梓「……はい、また」

スタスタスタ ガチャン

○○「……」

さわ子「手を振り返しもしないか。なかなか重症ね」ボソッ

澪「はい? 先生、何か言いました?」

さわ子「いいえ。さ、帰りましょう」




――梓の自室

梓(……)ごろごろ

梓(……)ごろごろ

梓(私、何に怒ってたんだろ)

梓(あんな態度取っちゃって……どうして?)

梓(先輩が澪先輩を抱きとめてるのを見てから、胸がもやもやする)

梓(けど、あの状況だと、ああするのが当たり前だし、最善だった)

梓(だから○○先輩は何も悪くない)

梓(悪いのは私だ)

梓(無闇に怒ったり、手を振り返さなかったり)

梓(あんなことするつもりはなかったのに、気持ちが高ぶって……)


律『梓は何も意識してないのか?』


梓(1カ月前の律先輩の言葉が、まだ私の中で残ってる)

梓(……そういうことなのかな)


20