――20分後

澪「ここの親指を当てる場所が……」

○○「もう少し爪の部分で触れた方が……そうです、そのまま人差し指で弦を」

ギュラーン

澪「出た!」

○○「後は反復練習ですぐに使いこなせますよ」

澪「できるもんなんだ……」

○○「教えてすぐに理解しちゃうなんて、すごいですね、澪さんは」

澪「い、いや、○○さんの教え方が上手だから!」


梓「……」じーっ


キュイーン

唯「おお! はーもみっくす、できたよ! あずにゃん!」

梓(澪先輩、もう恥ずかしがったりしてない……)

唯「あずにゃーん」

梓(それどころかギターのテクニックを教えあって、仲良くなってる)

唯「あずにゃーん?」

梓(○○先輩もいつの間にか澪先輩のこと下の名前で読んでるし……)

唯「おーい」

梓(うー……私も下の名前で呼ばれるとか……『梓ちゃん』って)

唯「返事してよー」

梓(あ! 何考えてるんだろ。そんなこと考えるなんて、意識してるようなもので……)

梓(律先輩のあの言葉のせいで、なんだか落ち着かないよ……)

唯「あーずにゃん!」だきっ

梓「ひゃあ!」

梓「ゆ、唯先輩、なんですか?」

唯「あずにゃんが声かけても返事してくれないんだもん」

梓「そ、それはすみません……どうしたんですか?」

唯「暇だから抱きついただけー」

梓「暇って……練習しましょうよ」

唯「だって新しい弾き方教えてもらったから、もういっぱいいっぱいだよー」

澪「それはよく分かる」

○○「だね。新しいこと覚えると、それでいっぱいになるから」

梓「澪先輩、○○先輩」

○○「にしても、唯さんは中野さんのこと、特徴的なあだ名で読んでるんだね」

唯「あずにゃんはあずにゃんだもーん」

澪「唯は変なあだ名をつけるのが得意だからな」

唯「○○君もあずにゃんって呼んでみたらいいんだよー」

梓「ええ!?」

○○「ははは、あずにゃん、って?」

梓「はう!」

梓(先輩にあずにゃんて呼ばれた先輩にあずにゃんて呼ばれた先輩にあずにゃんって――)カァ

梓「きゅー」バタン

律「おお! 梓選手が倒れてしまったぞ! 救護班! 救護班!」

紬「救護班来ましたー」

○○「熱中症かな、大丈夫?」



律「私たちもそろそろ暇だぞー」

紬「だぞー」

澪「じゃあ、通しで1度弾いてみるか」

唯「けど、あずにゃん、まだ回復しないよー?」

梓「先輩に先輩に――」ブツブツ

律「じゃあ……代わりに○○に入ってもらおう!」

澪「ええ!」

○○「え……」

紬「○○さんにとっては初めての曲だけど、大丈夫かしら?」

律「初見で弾けるだろー。別に完璧を求めてるわけじゃないしさ」

○○「えーと……」

律「というわけで、○○は梓のギターで弾くこと! 澪! 楽譜見せてやれ!」

澪「え、私が?」

○○「け、けど……」

澪「えと……○○さん、これが『ふわふわ時間』の楽譜で、タイミングとかも一応教えておくから」

○○「ど、どうも」

○○「仕方ないか……」ボソッ

梓「先輩に先輩に――」ブツブツ



律「じゃあ行くぞー。1、2、3、4!」

ジャララン ジャッジャララ♪


梓「はっ!」

梓(あ、あれ? いつの間に皆さんが演奏を……)

梓(ああ! ○○先輩がギターを弾いてる……!)

梓(『ふわふわ時間』のリズムギターやってるんだ……私の代わりかな?)

ジャラン♪ ジャン♪

梓(いい音……特に唯先輩、音が伸びやかになってる)

梓(澪先輩はベースの音がしっかりしてて)

梓(律先輩とムギ先輩もそれに引っ張られて)

梓(○○先輩は……初めての曲とは思えないほどしっかり合わせてる)

梓(やっぱり、誘ってよかった)

梓(みんなと一緒に弾いてるからか、先輩の歪みも直っていってる)

梓(先輩、バンドで弾いても大丈夫ですよ……)

ジャラン♪ じゃk♪

梓(!)

梓(今、ギターの音が乱れた)

梓(音がどんどんと遅れてて……おかしい!)

梓「○○先輩!」

○○「……はぁ、はぁ、ごほっ!」


ピタ

律「どした?」

唯「○○君?」

○○「ゴホッ! ゴホッ!」

梓「せ、先輩! そ、そうだ、先輩の鞄……!」

○○「だ、大丈夫。止まったのは腕が痺れたせいだから……」

澪「○○さん……?」

紬「か、身体ですか? 大丈夫ですか?」

○○「は、ははは、さっきまで長く練習してきたし、腕が疲れてたのかも」

梓「先輩……」

○○「ごめん、演奏を途中で止めちゃって」

律「い、いや、それはいいんだけど」

梓「せ、先輩、水です」

○○「ごめん、ありがとう……そうだ、ギター、勝手に借りてごめんね。返すよ」

梓「は、はい」ぽん

○○「えーと、とりあえず俺のことは気にしないで、中野さんを加えて練習を再開してもらえれば」


ピカンピカン


律「あ」

澪「もう退出時間……か」




――スタジオ外

○○「すみませんでした、なんだか練習の邪魔したみたいで」

唯「そんなことないよー。私、ギターいっぱい教えてもらったもん!」

澪「私も……ありがとう、○○さん」

律「けっこう楽しかったぜい!」

紬「また一緒に練習しましょうね」

○○「はい……もっと俺がギターを弾けるようになったら、ということで。ははは」

梓(○○先輩……)

梓(あの笑顔は……本当の笑顔じゃない)

梓(最初に見た時と同じ、悲しいのを隠してる笑顔だ)



○○「では、俺は電車で帰るので」

律「じゃあ、ここでお別れかー」

唯「またねー」

梓「……私、駅前に用事があるので、途中まで○○先輩にご一緒しますね」

○○「あ……うん」

○○「それでは、皆さん、さようなら」



――駅前

テクテク

○○「……」

梓「……」

○○「……」

梓「……先輩、暑くないですか?」

○○「いや、大丈夫」

梓「そう、ですか……」

○○「……」

梓「……」

○○「中野さん、用事は?」

梓「……忘れました」

○○「そっか……」


テクテク

○○「やっぱり、駄目なのかな」

梓「え……?」

○○「最近は身体の調子も、演奏の出来もよかったから、いけると思ったんだけどね」

○○「やっぱり、駄目だ。期待されて弾かせてもらったのに、結局あんなことになって……」

○○「バンドで練習なんて……ステージに立つだなんて、結局無理な話なのかな」

梓「そ、そんなことないです!」

○○「けど、あんなことあった後だと、あの人たちも幻滅したかもだし……」

○○「こんなんじゃ、ただの邪魔者で」

○○「迷惑なだけだよ」

梓「違います!」

梓「誰も迷惑だなんて思ってません!」

梓「○○先輩には、今まで積み重ねた努力があるじゃないですか!」

梓「先輩のその思いの強さは、みんな分かってくれてます!」

梓「だから」

梓「だからもう少し私たちを信じてください!」


ザッ!

律「そのとーり!」

唯「だよ!」

澪「うん」

紬「はい!」


○○「あ……」

梓「みなさん……!」


梓「どうしてここに……!」

律「だって、あんな悲しそうに笑われたら、なあ?」

澪「気になってしょうがなくなる」

紬「一緒に演奏すれば、お友達、ですもの」

唯「励ましに来たんだよ!」

梓「みなさん……」

梓「……○○先輩!」

○○「え、け、けど」

○○「こんな1曲通して弾き切れない身体じゃ、迷惑で、何の役にも立たないし」

唯「えー、そうかなあ? ○○君はすごいと思うよ?」

○○「すごい……?」

唯「だって、私にはできないことがたくさんできるもん」

○○「できないこと……」

梓「……そうです、○○先輩」

梓「みんな、できることとできないことがあるんです」

○○「……」

唯「そうだねー。私は楽譜は読めないし、音楽の知識はないしで、いやー、お恥ずかしい」

澪「私は恥ずかしがり屋で怖がり屋なせいでみんなに迷惑かけてて」

律「私はドラムが走りがちになるのが欠点かな」

澪「律は何事にも不真面目なのが欠点だろ」コツン

律「なにをー!」ウガーッ

紬「私はどうも一般常識に疎くって」

梓「私は……」

梓「負けず嫌いで素直じゃなくて、変に真面目だからすぐに空気を悪くしてしまって」

梓「それにギターもまだまだ下手くそで」

澪「そ、そこまで自分を悪く言わなくても」

唯「あずにゃんが下手だったら私立場ないよー」



梓「……そして、○○先輩は」

梓唯澪律紬「体力がない!」

○○「……みんな」



梓「みんな、そういう自分を受け入れて、なんとか努力して前へ進んで、時には人に頼ってます」

梓「先輩も同じです! 身体のことを受け入れて、なおギターを弾くために努力してます!」

梓「練習場所を探したり、体調を管理しながら演奏したり」

梓「私たちはそんな先輩を知ってるからこそ、一緒に演奏したいと思う。迷惑なんかじゃありません!……ですよね、みなさん!」

唯「うんうん、さっきは一緒に弾いてて楽しかったもん」

律「ま、悪い奴じゃないってことだけは分かったしな。頼りないけど」

澪「わ、私はまだ恥ずかしいけど……演奏は、楽しかったから」

紬「男の子のギターって力強いから、私は好きですよ?」



梓「だから」


梓「また、みんなで一緒に演奏しましょう! 先輩!」



○○「……」

○○「あ……」

○○「ありがとう……」ぽろ

○○「本当に、ありがとう」ぽろぽろ


梓(先輩……先輩が泣いてるところ、初めて見た)

梓(いつも笑ってるか驚いているか、真剣な顔でギターを弾いてるかだったから……)

梓(怒ったりとか泣いたりとか、そういう感情の爆発っていうのを見たことがなかった)

梓(きっとそれは、他人に心配をかけさせないため)

梓(周囲に身体のことで心配をかけてる分、せめて表情だけでも人に安心させるように生きてきたんだ)

梓(けど、それって本人にとってはとても辛いことのはず)

梓(感情を押さえ込んでるようなものだから)

梓(……その辛さを和らげてあげたい)

梓(そのためには私たちと先輩がお互いに信頼しあわなきゃいけないけど)

梓(先輩の涙は、その1歩のような気がする)



4章 おわり



19