唯「ねえねえ、○○君」

○○「あ、はい。なんですか、平沢さん」

唯「そんな『平沢さん』なんて呼び方しなくていいよう。変な言葉遣いもしなくていいから。身体がかゆくなっちゃう」

○○「あー……うん、分かった。何て呼べばいいかな?」

唯「唯でいいよー」

○○「じゃあ唯さんで」

梓(! 唯先輩、打ち解けてるの早い!)

澪(どうしてあんなに男の人に近づけるんだろ……)

唯「でね、私はー? 私のギターの感想は何かないの?」

○○「もちろん。平沢さんは」

唯「ゆ、い!」

○○「ああ、唯さんは」

○○「もちろん演奏も上手だったけど……それ以上に、楽しさっていうが伝わってきたかな」

○○「もっと聞きたい、一緒に弾きたいって思わせる力があると思う」

唯「えへへー」

梓(うん、だから私も新歓ライブでけいおん部に入ろうと思った)

梓(唯先輩の音はそういう力がある)


○○「では、俺はそこで見学させてもらいますね」

唯「えー、○○君もギター弾けるよね?」

○○「まあ弾けるけど……」

唯「だったら一緒に弾こうよー」

律「おいおい、唯。一緒に弾くったって、○○はギター持ってきてないだろ」

梓(いきなり呼び捨て! さすが律先輩……)

唯「うぅ……じゃあ、ギター教えて! あずにゃんに聞いたよ! 上手いって!」

○○「はあ。そんな教えられるほど上手くはないけど……中野さんに教えてもらった方が」

梓「そんなことはありません! 先輩は私なんかよりずっと上手です!」

○○「ありゃ……」

律澪紬「……おー」

梓「はっ! す、すみません、いきなり大声なんて出して……」

唯「あずにゃんもこう言ってるし、教えてよー」

○○「あー、じゃあ、教えられる範囲なら」

唯「やった!」

○○「コホッ……えーでは、ちょっと待ってくださいね。喉渇いちゃって……外で水飲んできます」

梓「あ、私も行きます。外は暑かったので……」

ガチャン


律「……どう思った?」

澪「どうって?」

紬「私は良い人だと思ったけど」

唯「ギター教えてくれる良い人だね!」

律「はいはい、唯は気楽でいいねえ」

澪「律はどう思った?」

律「間近で見ると思ったより普通な男だったなあ。ちょっとなよってしてて、頼りない奴だけど……」

律「まあ、悪い感じはしない。しっかし、身体が悪いとはねえ」

澪「じゃあ、家や学校で練習できない理由ってそれに関係あるのかな?」

紬「お医者様に止められてるとか?」

澪「だったら本当は練習もしない方がいいんじゃ……」

律「それは大丈夫だろ。梓とやってるらしいんだし」

紬「そういえば、梓ちゃんは○○さんの身体のことを知っていたのかしら?」

澪「驚いてなかったし、多分知ってたんだろうな。勝手に話しちゃいけないとでも思ってたんじゃないかな?」

律「ま、今日はあいつの言う通り、私たちの練習も見てもらうだけでいいか。それで様子見だ」

唯「楽しみだなー。教えてもらうのー」



――スタジオ外

ごくごく

○○「ふぅ」

梓「ぷはぁ」

梓「あの、先輩」

○○「ん?」

梓「すみませんでした。こんな騙すみたいな形で連れてきてしまって」

○○「いやいや、いいよ」

○○「俺もさ、変わらなきゃいけないって思ってたから」

梓「……じゃあ、身体のことを話したのは」

○○「……中野さんに言われたからね」

○○「『もっと人を信じろ』って」

○○「あの人たちは中野さんの先輩でバンド仲間」

○○「きっと一番に信じられる人たち、だろ?」

○○「だから俺も信じてみたいって、そう思った」

○○「いきなり呼び捨てにされたり、名前で呼べって言われたりで、ちょっと驚いたけどね」

梓「すみません……あの人たちはどこか遠慮がないんです」

○○「いやいや、楽しい人たちだよ」

○○「あとは……俺がどれだけ頑張れるか、だね」

梓(先輩……)

梓「わ、私もお手伝いします!」

○○「ありがとう」



――1時間後 スタジオ内

○○「ここでのハーモニクスをピッキングでできるようなれば、もう少し音に幅が出せる」

唯「はーもみっくす? おいしそうだね」

梓「ハーモニクスです。唯先輩、そろそろ本気で音楽用語覚えましょうよ……」

唯「あうー」


律「あいつら仲良くなったなー」

澪「まあ、同じギター奏者だしな」

紬「仲が良いのはいいことだわ」


○○「ギターの弦を左手で押さえてると、ある場所だけ物凄く高い音が出たりするよね?」

唯「うんうん」

○○「それがハーモニクス。さっきの演奏でもちゃんとできてたよ?」

唯「あー、あれかー」

○○「で、それをピッキング、えー、右手で弦を弾いただけでできるテクニックがあるんだ」

唯「?? よくわかんないよー。実際にやってみせて!」

○○「え? だけどギターないし……」

梓「先輩、私のギター使います?」

唯「おー、見せて見せてー」

○○「んー、じゃあ、少しだけ」

キュイーン

梓(!)

○○「ほら、ここにピックを当てると、音が高くなる」

唯「ほんとだー」

梓(初めてのギターなのに、1発で1弦の倍音を出すなんて……先輩、やっぱりすごい)

○○「ピッキングで高い音が出せたら、左手はフリーになるからビブラートもチョーキングもかけられる」

○○「だから音の幅がすごく広がるんだ。こんな感じで」

キュイイーイイン

唯「おー」

梓(かっこいい音だなあ……)


澪「すごいなー」

唯「あれ?」

梓「澪先輩?」

澪「あ」アタフタ

澪「いや、その、ピッキングハーモニクスはベースも使えるから、ちょっと興味あって……」

○○「どうぞ、秋山さんぐらいの人には基礎的なことかもしれませんが、よければ一緒に」

澪「ははははい! では失礼しましゅ!」

唯「噛んだ」

梓(噛んだ……)

澪(か、噛んでしまった)


律「澪があっちに行ってしまった……」

紬「私たちは見物しておきましょうかー」



18