梓「すごく有名な曲じゃないですか。ロックンロールの元祖みたいなものですよ」

○○「だね」

梓「これが思い出の曲なんですか?」

○○「まあね」

○○「音楽をするきっかけになったライブで、出演アーティストがこれをカヴァーしててね」

○○「他の曲と比べて、この曲が1番印象に残った」

○○「で、チャック・ベリーのオリジナルを聴いてますます好きになって」

○○「この歌詞の中にさ、『鈴を鳴らすようにギターを弾く』っていうフレーズがあって」

○○「それがなんだか大好きなんだ」

○○「いつかはあのアーティストみたいに、この曲を舞台で気持ちよく弾けたらいいなと思ってる」

○○「やっぱり、音楽って楽しく弾けるのが大事だから」

梓「……できますよ、きっと」

○○「ん、だから練習しなきゃだね」

梓「はい!」



ジャンジャカジャン♪

梓(もう3時間も経ってる……休憩しながらなら、けっこう長く練習できるんだ)

梓(けど、連続しての演奏はそう長くできない……)

梓(うーん、確かにバンドを組んでも、なかなか上手くいかないのかもかなあ)

ジャンジャカジャン♪

梓「あ、待ってください」

○○「っと、どこかミスってた?」

梓「ミスじゃないんですが、ちょっと気になることがあって」

梓「先輩って、曲を独自にアレンジすることが多いですけど」

梓「今の所、リズムが変化しすぎてて、もし実際にバンドで演奏するとなるとドラムとベースにすごい負担がかかるんです」

梓「かなり練習しないと難しいので……あまりここはアレンジしない方が。1人で弾くならそれでもいいんですけど……」

○○「そっか……んー、こっちの方が良い感じに音が出ると思ったんだけどなあ」

梓(こういうところで、先輩がバンドを1度も組んだことないのが分かる)

梓(先輩は高度な演奏テクニックも難なくこなせるけど、それが走りすぎてる。周りに合わせることを知らない)

梓(他のパートがいれば指摘してくれるような歪みを、そのまま持ち続けてしまってる)

梓(……)

梓(……なんとかしてあげたいなあ)




――夜

○○「あ、もう6時か」

梓「ほんとだ。時間経つの速いですね」

○○「今日はなんか1週間分練習した気分だよ。腕がつりそうだ」

梓「普段は1時間しかできませんもんね。あ、気分が悪いとかは」

○○「それは大丈夫。ただの疲れだから」

梓「よかったぁ」

○○「ふぅ……じゃあ、そろそろ帰るかなあ」

梓「そうですか? けど、この曲のアレンジがまだ終わってませんが」

○○「それは確かに心残りなんだけど……」

梓「うちはまだ大丈夫ですよ?」

○○「けど、そろそろ晩御飯の時間だし、親御さんも帰ってくるんじゃ?」

梓「どうでしょうか。メールはまだ来てないんですが……」

ぴろぴろりん

梓「あ、メールが来た」


from 母
件名 ごめん!

ちょっと遅くなりそうだから、晩御飯は外で食べるか買うかしてください。
お金は後で返すので、好きなものを食べてください。母より。


梓「……はぁ」

○○「どしたの?」

梓「晩御飯は1人になりそうです……外で何か買ってこいって」

○○「あらら」

梓「どうしよう。今から買ってきて料理しても遅いし……何か食べに行こうかなあ」

○○「んー……」

梓「うーん」

○○「中野さん」

梓「あ、はい」

○○「実はね、俺も親から『晩御飯は適当に外で食べてこい』って言われててね」

梓「え? 先輩のご両親もお出かけですか?」

○○「うん、前の家の契約がどうのこうのあるらしくて。今日は晩、1人なんだ」

梓「……そ、それじゃあ」

○○「中野さんが良ければなんだけど」

○○「一緒に何か食べに行く?」

梓「……あ、い、一緒に、ですか?」

○○「駄目なら全然構わないんだけど」

梓「い、行きます! 行きましょう!」




――駅前

梓(勢いで了承してしまったけど、まさか一緒に食事なんて……)

梓(緊張することないよね。ただ一緒にご飯食べるだけだし)

梓「どこの店にしましょうか」

○○「んー、何か食べたいものとかある?」

梓「いえ、特には……何でもいいですよ?」

○○「あー、そっか……」

梓(あ、先輩が困った顔してる)

梓(そう言えば聞いたことあるなあ。女の人に『なんでもいい』って言われると、男の人は困るって)

梓(ど、どうしよう。どこかの店を……あ、あれだ!)

梓「先輩、あそこにしましょう!」ビシッ!

○○「あそこって……牛丼屋?」

梓「え?」

梓「あ」カァア

○○「はは、本当に何でもいいんだ」

梓「ちっ違います! これは不可抗力というか、慌てて間違えてしまっただけで、決して牛丼好きの女などでは」

○○「じゃあ豚丼好き?」

梓「どちらも違います! 私が指差したのは隣のレストランで……」

○○「ああ、あれか。いいね。オシャレな感じで。パスタメインの店か」

梓「はい。結構おいしいですよ」

○○「じゃあ、中野さんのおススメを信じてあそこにしよう」

梓「あう、そう言われるとなんだかプレッシャーです」

○○「さっきの俺と一緒だね」

梓「あ、ほんとですね。あはは」




――レストラン

店員「いらっしゃいいませー。お2人様ですかー?」

○○「はい」

店員「禁煙席と喫煙席がございますがー」

梓「禁煙でお願いします!」

店員「ではこちらへどうぞー」



――テーブル席

梓「うーん、クリームパスタにしようかなあ……」

○○「よし、あさりと春野菜のパスタにしよう」

梓「え、もう決めちゃったんですか? すみません、早く私も」

○○「いやいや、ゆっくり選んでくれていいよ」



――食事中

カチャカチャ

○○「おー、美味しい」

梓「ふっふー、私の勝ちですね」

○○「勝負だったんだ。恐れ入りました」

梓「私の家族がお気に入りで、よく来るんですよ、ここ」

○○「うん、俺もお気に入りになりそうだ」

梓(良かった……)

カチャカチャ

○○「へえー、部室のあの水槽にいるのは亀じゃなくてすっぽんもどきなんだ」

梓「トンちゃんって言うんです。声をかけたらこっちを見てくれるんです。かわいいかどうかは……」

○○「微妙?」

梓「唯先輩はかわいいって言ってるんですけどね」

カチャカチャ

梓「これから夏になると日焼けが辛くって……」

○○「日焼け止めは? へえ、効かないんだ。そりゃきついなあ」


カチャカチャ

○○「ははは、それがネット通販の罠って奴だね」

梓「買う時は『絶対に必要だ!』と思ってしまうんです。ほんと、広告って怖いです」


カチャカチャ

○○「ごちそうさまでした」

梓「ごちそうさまでした」



○○「いやー、美味しかった美味しかった」

梓「ご満足いただけて何よりです」

○○「中野さんと一緒っていうのも大きかったかもね」

梓「な、何を」

○○「1人で食べるよりは2人の方がやっぱり楽しいし」

梓「そ、そうですね……」モジモジ

梓「うぅ、すみません! お手洗いに行ってきます!」

○○「どうぞー」

タタタタ

○○「……」

○○「店員さん、すみません。水をもらえますか」



――女子トイレ 洗面台前

梓(先輩ってさらりと恥ずかしいこと言ってくるなあ)

梓(……はぁ)

梓(ああいうこと言われると慌てちゃうの、なんでだろ)

梓(やっぱり私、男の人に免疫ないのかなあ)

梓(……よし、顔が赤いのも治ったし、戻ろう)

タタタタ

梓「先輩、お待たせしました」

○○「あ、お、おかえり」ささっ

梓「? 先輩、今何か隠しました?」

○○「い、いや、何もないよ、うん」

梓「……あっ」

梓(鞄の口から見えてるあれは……薬の袋?)

梓(そっか。薬を飲んでたんだ)

梓(そうだよね。飲んでるって前にも言ってたし)

梓(……先輩はそういう、直接病気を悟らせる場面を見せたがらないから、こっそり飲むつもりだったのかな)

梓「……」

梓「私、もう一度お手洗いに行った方がいいですか?」

○○「あっ……」

○○「いや、大丈夫」

○○「終わった、から」

梓「……はい」




――駅前

○○「じゃあ、そろそろ帰るね」

梓「今度はまた学校の部室で、ですね」

○○「だね。さわ子先生が許可してくれるまで1、2週間かかりそうだけど」

梓「また私の家が使える日があったら、連絡します」

○○「そんな何度も使っちゃ、」梓「迷惑じゃないですよ?」

○○「……ありがとう」

梓「いえいえ、私もいい練習になりますから」



13