――帰り道

律「じゃ、また来週なー」

澪「気をつけて帰るんだぞ」

唯「あずにゃんばいばーい」

紬「またね~」

梓「さようならです!」


トコトコトコ

梓(今日は唯先輩、ちゃんと練習してくれたな……珍しい)

梓(いつもこれぐらいやってくれたらいいのに)

梓(……熱血なけいおん部も、それはそれでなにか違和感があるけど)

梓(はあ、私もけいおん部に毒されてるのかなあ)

梓(そりゃあ、1年間ここにいたらそうなるよね)

トコトコ

梓(けど、ああいう場所も嫌いじゃない)

梓(練習はもちろんしてほしいけど……なんだろ、皆で集まって楽しむことも大切なんだと思う)

梓(演奏技術だけが大事なんじゃない。皆で弾くことも大事)

梓(楽しく弾くことが大事)

梓(……それが、唯先輩たちと一緒に演奏することの魅力の1つなんだろうなあ)

梓(1人で弾いてるだけじゃ、絶対に分からない感覚)

トコトコトコ

梓(……)

梓(○○先輩は、バンドで演奏したことあるのかな)




――梓の自室

梓「えーと、メールメール」


to ○○先輩
件名 明日のことですが

こんばんは、中野です。
明日は何時ぐらいに来られますか? 両親に話したところ、丸1日使ってもOKとのことです。
朝から晩までみっちり練習しても大丈夫ですよ。


梓「送信、っと」

ぴろりん

梓「あ、けど先輩の身体じゃそんなに長く練習できないか」

梓「しまったなあ……」

ぴろぴろりん

梓「あ、返信きた」


from ○○先輩
件名 Re:明日のことですが

では、昼の13時頃にお邪魔しようと思います。
晩までみっちり、というのはちょっと難しいですが、きちんと休憩を取れば、多分4,5時間ぐらい練習できます。
そんなに長く練習するのは久しぶりなので、とても楽しみです。
お土産のケーキもちゃんと持っていきますね。


梓「そっか、休憩を取れば大丈夫なんだ。よかった」

梓(ケーキか……楽しみだなあ)

梓(チョコケーキかな。今日も食べちゃったけど……うん、好きなものなんだから、食べられるはず)

梓(よし! 今日は早く寝て、明日の朝は迎える準備しなくちゃ!)




――土曜 朝 梓の家のリビング

ガチャ

梓「ふぅ……おはよー」ムニャムニャ

梓「あれ? お母さんがいない……お父さんも?」

梓「どこに行ったんだろ」

梓「あ、書置きがある」

『実家のおばあちゃんがぎっくり腰になったので、お見舞いとお手伝いに行ってきます。
お友達が来たら、冷蔵庫の中にあるジュースとお菓子を出すこと。夜には帰ります。母より』

梓「……う、嘘。どうしてそんな、いきなりぎっくり腰に?」

梓「あ! じゃあ、今日は私、先輩と2人きり?」

梓「……だ、大丈夫だよね」

梓「そうだ! 部屋の掃除! 埃取っとかないと!」



――掃除後

梓「これぐらいでいいかな」

梓「今日はちょっと暑いみたいだからエアコンつけないと」ピッ

梓「……私の部屋で練習かあ」

梓「ま、まあいっか。練習するだけだもんね、うん」

梓(……男の人を部屋に入れるのって、お父さん以外じゃ初めてだ)

梓(そりゃあ、練習するだけだけど……ん、んー、ちょっと恥ずかしいなあ)

梓(リビングで練習した方が……いや、今から掃除してたら間に合わない)

梓「もう12時半……」

梓「あ、私お昼ご飯食べてないや」

梓「パンだけでいっか。先輩がケーキ持ってきてくれるし」もぐもぐ

ぴろぴろりん

梓「あ、メール」


from ○○先輩
件名 もうすぐ着きます

今、駅に到着しました。多分あと10分ほどで着くと思います。
約束の1時には少し早いですが、大丈夫ですか?


梓「もうすぐ着くんだ……」

梓「……あっ」

梓(しまった! 私、掃除するためのラフな格好なままだ!)

梓「ど、どうしよう! 髪もセットしない!」ワタワタ

梓「どうしようどうしよう!」

梓(先輩には少し待ってもらって……駄目! 外で立ちっぱなしにさせるなんて!)

梓(と、とりあえず服だけでも……髪はポニテでまとめればなんとか!)




――10分後

ぴんぽーん

梓「は、はーい! 少々お待ちを!」

梓(ギターの練習なんだし、このぐらいの軽い感じの服でいいよね)

梓(うん、大丈夫。髪も鏡でチェック……OK!)


ドタドタドタ

ガチャ

梓「お待たせしました!」

○○「こんにちは、中野さん」

梓「はい、こんにちは! 今日はよろしくお願いします!」ペコリ

○○「お願いします」ペコリ


○○「ご両親はいらっしゃるのかな。一応挨拶しておきたいんだけど」

梓「いえ、実は今日の朝になって突然、2人共実家に帰ってしまって」

○○「え?」

梓「許可は取ってるから大丈夫です。だから先輩が気後れすることありません」

○○「けど、いいのかな。中野さんと2人だと、色々問題が……」

梓「問題なんかありません! ギターの練習ですから!」

○○「わ、分かった。じゃあ、お邪魔します」

梓「どうぞ!」

梓(うわーうわー、先輩が私の家にいる!)


トコトコ

○○「あれ? 今日は髪型違うね」

梓「あ、これは……こっちの方が気楽でして」

梓(セットする時間がなかっただなんて言えない……)

○○「ツインテールよりポニテの方が楽なんだ」

梓「まあ、ひとまとめにできますから。あ、ここが私の部屋です、どうぞ」

○○「お邪魔します」

ガチャリ

梓「ギターケースはその辺りに置いてください」

○○「どうも。あ、これお土産のケーキ」

梓「ありがとうございます……ちょっと開けてみていいですか?」

○○「どうぞ」

パカッ

梓「あ、フルーツケーキだ」

○○「今日はちょっと暑いから、こういう爽やかな奴がいいかと思って」

梓「ありがとうございます。じゃあ、お皿とジュース用意しますので、ちょっと待っててください」

○○「ありがとう」

ガチャ
トタタタタ


梓(うわー、先輩が私の部屋にいるよ、うわー)

梓(な、なんだか緊張してきちゃった)ドキドキ

梓(こういう時は深呼吸して……)

梓「すーはー」

梓「よし!」


ガチャ

梓「お待たせしました……先輩、何見てるんですか?」

○○「あっと、ごめん。棚のレコードをちょっとね」

梓「ジャズ系のレコードがほとんどですから、先輩が知らないのも多いと思いますけど」

○○「だね。けど、この『ウェザー・リポート』とか『ウディ・ハーマン』とかは知ってるかな」

梓「あれ? 先輩ってジャズも聴くんですか?」

○○「色々聴くよ。邦楽洋楽、ロック、クラシック、パンク、ジャズ、ポップス……最近はアニメとかゲーム音楽も」

梓「はぁ、雑食なんですね」

○○「家にいると音楽聴くか本を読むかしか、やることないから」

梓「あ、ジュースどうぞ」

○○「ありがとう」

梓「アニメとかゲームも良い曲あるんですか?」

○○「結構あなどれないよ。テレビ番組で時々BGMとして使用されるぐらいだし。
先入観なしで聴いてみると、案外気に入ったりするかもね」

梓「じゃあ、先輩のおススメを今度聴かせてくださいね」

○○「そう言われるとなんだかプレッシャーかかるなあ。
自信ある曲なのに中野さんから『えーこんなの無理ー』なんて評されたら、泣いちゃうかも」

梓「そんな意地悪っぽい話し方はしませんよー!」

梓「あ、ケーキとフォークもどうぞ」

○○「ありがとう。けど、最初の一口は中野さんからどうぞ」

梓「はい、いただきます」

パクリ

梓「おいしいです!」

○○「それは良かった」

梓「結構高かったんじゃないですか? 金欠なのに、すみません」

○○「いやいや、これでも安い方だよ。それに、そんな嬉しそうな顔で食べるのを見てると、持ってきて良かったと思う」

梓「あぅ、そんな顔してました?」

○○「うん。中野さん、甘いもの好き?」

梓「わ、わりと」カァ

○○「じゃあ、今度学校で練習する時も持ってきてみようかな」

梓「それはなんだか駄目な感じです」

○○「どして?」

梓「普段の部活と変わらなくなるかもなので……」

○○「そう言えば、けいおん部ではどんな練習してる?」

梓「練習……練習は……はぁ」

○○「あれ? なんか落ち込むようなこと言ったかな」

梓「いえ、そういうわけではないのですが……んー、けいおん部ももちろん練習します。セッションも、バンドでの音合わせも」

梓「けど、それ以上にお茶会とかお喋りとかが多くって……」

○○「へー。ちょっとサボり気味ってことかな」

梓「い、いえ、皆さん、自分の家で練習もしてますよ。唯先輩――あ、ギター担当の先輩なんですけど、唯先輩は家で暇があったら練習してるらしいですし」

○○「ほうほう」

梓「部活の時間のティータイムは、サボりじゃなく」

梓「技術を高めるといだけでもなく」

梓「えーとえーと……楽しく演奏して親睦を深める時間ってことです!」

○○「なるほど」

梓「……先輩はバンドに所属していたこと、あるんですか?」

○○「んー、ないよ」

○○「前の学校で、友達の紹介で練習に参加させてもらったことはあるよ」

○○「けど、本格的にバンドを組んだことは1度もない。今はそもそもギターのことを周囲の皆に隠してるし……」

○○「まあ、体力つけてちゃんと演奏できるようになってからでないと、メンバーに迷惑かけるからね」

梓「……そうですか」

梓(こればっかりは……どうしようもないのかな)

○○「そろそろ練習しようか」

梓「はい。ギターの用意しますね」

ゴソゴソ



○○「じゃあ、まずはいつもの練習曲を」

梓「この曲、何度も弾いてるとほんと指が動くようになりますね」

○○「うん。友達の渾身の一作だからね。これ以上の練習曲はないと思う」

梓「この曲を作った方は、以前の学校の友達ですか?」

○○「そだよ。ほら、俺をライブに連れてってくれた人のこと」

梓「じゃあ、その人も何か楽器を?」

○○「キーボードを。作曲もやってて、俺がギターを始めたって言ったら、この曲をくれたんだ」

梓「へえ……こんな曲作れるなんてすごい人なんですね」

○○「あいつは変な奴だけど、真剣になると良い曲書くんだ」

ジャンジャカジャン♪

○○「よし、準備運動は完了」

梓「少し休憩します?」

○○「いやいや、準備運動だからまだ大丈夫だって。じゃあ、今日は何の曲を練習したい?」

梓「んー……そうだ、先輩が一番好きな曲とか、ありますか?」

○○「好きな曲? あー……そうだなあ。好きな曲っていうより、思い出の曲がある」

梓「じゃあそれを1度お願いします」

○○「うん。それならスコアもあるから、ちょっと待って」

ガサゴソ

○○「ふー……よし」

チャララ、チャラララララ、ラララ!

梓(! かっこいいイントロ!)

梓(曲調は典型的なロックだけど、なんだろ……このイントロ、聴いたことある。すごく有名な曲だったはず)

梓(えーと、えーと)


ジャンジャカ♪

――曲の半分が終わって

○○「ふ、ふぅ。ちょっと休憩」

梓「大丈夫ですか?」

○○「うん。まだ1曲丸々は弾けないか……」

梓「そりゃあ、こんなに激しい曲は疲れますよ……これってロックですし」

○○「あ、もしかして中野さん、この曲知ってる?」

梓「はい。思い出しました」

梓「チャック・ベリーの『Johnny B.Goode』ですよね!」

○○「おー、さすが」



12