――さわ子の車の中

さわ子「シートベルトは締めた?」

○○「はい」

梓「はい」

さわ子「じゃ、出発ね。まずは梓ちゃんの家に行きましょう」

ブロロロー


○○「……」

梓「……」

梓(さわ子先生に無理やり後ろの席に座らされたけど……○○さんも後ろだなんて)

梓(距離が近い……)

梓(それに話ができないなあ。何を話せばいいんだろ)

梓(練習中は話せるんだけど……)

○○「あの、中野さん」

梓「は、はい!」

○○「今日はありがとう。手助けしてくれたんだよね」

梓「い、いえ。そんな……」

○○「最近は他に練習する場所が確保できなくって、困ってたんだ。あそこを使わせてもらって、本当にありがたい」

梓「……普段はスタジオを借りてるんですよね。あ、前にも聞きましたね、これ」

○○「うん、だね。スタジオって高いから、1人で借りるのはきついんだよねえ」

梓「普通はバンドメンバーみんなで借りるものですし」

○○「スタジオで1人練習してると、なんだか寂しいしね。今日はさわ子先生と中野さんがいてくれて、本当に楽しかったよ」

梓「い、いえ、私は何もやってませんし……」

○○「聴いてくれてるだけでも結構違うから」

梓「次に部室が使えるのはいつなんでしょうか」

○○「それはさわ子先生次第だね。どうなんですか、先生?」

さわ子「んー、今週はもう無理かも。明日から連日、放課後に会議があって、長引きそうだから」

梓「そうなんですか……」

○○「じゃあ仕方ないですね」

さわ子「ごめんね。また来週になるわ」

○○「いえいえ」

梓「残念ですね」



――梓の家の前

梓「ありがとうございました、先生」

さわ子「いえいえ。また明日ね」

梓「はい。○○さんも……私、またお手伝いしますね!」

○○「ありがとう」

さわ子「じゃあねー」

ブロロロロー



梓「……」

梓(楽しかった、かな)



――さわ子の車の中

さわ子「……」

○○「……」

さわ子「楽しかった?」

○○「……はい」

さわ子「あの子、多分これからも来てくれるでしょうね」

○○「はい」

さわ子「……色々と言わなくてもいいの?」

○○「余計な心配はかけたくありません」

さわ子「あら、私にはいいの?」

○○「先生は先生ですから」

さわ子「……ま、そうね。先生と友達じゃ、色々と距離感が違うもんね」

○○「はい」




――火曜日 放課後 部室

梓「唯先輩! 練習です練習!」

唯「あーうー、あずにゃんが厳しいよー」

律「梓の奴、どうしたんだ? すっげーやる気だな」

澪「いいことじゃないか……と言いたいけど、ちょっと焦りすぎてるな」

紬「何かあったのかしら」

唯「あれ? この楽譜、なんだろー」

ペラ

唯「びーとるず?」

澪「ビートルズの『カム・トゥゲザー』か」

律「ギター用のスコアだな」

梓(あ、それって昨日の……○○さん、忘れていったんだ)

唯「誰のー?」

澪「知らないな」

律「私でもないぞ」

紬「私も」

梓「あ、私のです。たまにはこういう曲もいいかなって……」

唯「へー。どういう曲なのー?」

梓「リズムが独特で……ゆったりしてるけど、そのゆったり感を出すのが肝の曲ですね」

唯「おもしろそうだね。んー、ちょっと弾いてみようかなあ」

梓「あ、じゃあ私もお手伝いします」

律「私らは一緒にできないか」

澪「ギタースコアだけじゃあなあ」

紬「今度楽器店に行った時にバンドスコアも買ってみましょうか」

律「いいねー」

澪「ビートルズか。私たち、あんまり弾いたことないな」



ジャカジャカ♪

唯「んー、こんな感じ?」

梓「は、はい。唯先輩、初見でこれだけ弾けるんですね……」

唯「あずにゃんのおかげだよー。私1人じゃ楽譜全部読めないもん」

梓(すごいなあ、唯先輩。ちゃんと練習すればすごく上手になるのに)

梓(もったいない……)

唯「けど、リズムが取りづらい感じだね」

梓「ドラムとベースがあればもう少し楽ですよ」

梓(そういえば○○さんはドラムなしなのにリズム取り完璧だったなあ)

梓(けど、所々コードミスもあったし)

梓(1度の練習だけじゃ、○○さんの実力よくわかんないや)


唯「あずにゃん、考え事?」

梓「え? あ、すみません。次ですね」

唯「何考えてたの? 今日のおやつ?」

梓「違います。ギターについてですよ」

唯「おー、あずにゃん、今日はほんとにやる気満々だねー」

梓「いつもそうですよ」

唯「いやいやー、あずにゃんも成長したんだねえ」ナデナデ

梓「……頭を撫でないでください」

律「そだぞー、成長が止まるからな」

梓「そんなことありません!」



――皆でセッション中

ジャジャジャ、ジャン!

律「ふぅー、今のは良い感じだったな」

澪「ああ。梓と唯のギターが引っ張ってくれたな」

紬「弾きやすかったわあ」

唯「えへへー」

梓「ど、どうもです」



律「んじゃま、今日はこのぐらいにして帰るかー」

澪「もうすぐ下校時間か……うぅ、早く帰ろう」

紬「あらあら、澪ちゃん、まだ幽霊のこと引きずってるの?」

澪「引きずるなって言う方が無理だ……」

唯「あずにゃん、忘れ物しちゃ駄目だよ?」

梓「大丈夫です、今日は取りに戻ることなんてありえませんから……」




――夜 梓の自室

梓「よっと。そろそろ寝ようかな」

梓「わー……ベッド気持ちいい……」

梓(今日はいっぱい練習できたなあ)

梓(普段からあれぐらいしてくれたらいいのに)

ゴロゴロ

梓(……○○さんは練習できてるのかな)

梓(そう簡単にスタジオは借りられないだろうし、できてないのかも)

梓(それに、ずっと1人で練習してて……私みたいにバンドで合わせたりもできない)

梓(……)

梓(なんとかしてあげたいなあ)

梓(……)

梓(あれ?)

梓(私って世話焼きだったのかな)




――水曜日 昼休み 学校

純「梓、考え事?」

梓「へ?」

純「なんか今日はぼんやりしてるよ」

憂「だね。話しかけても上の空だし」

梓「そ、そうかな?」

純「なんかあったなら、私たちに話してみ?」

憂「力になるよー」

梓「う、うーん」

梓(そんなに考え事してたかな……うん、してたかも)

梓(ちょっと相談してみるかな)

梓「あのね」

純「ん?」

梓「もし家や学校でギターの練習ができなかったとして、他の練習場所って思いつく?」

憂「練習場所? 梓ちゃん、練習場所がないの?」

純「それはないでしょ。いっつも放課後はけいおん部に行ってるのに」

梓「ただの例え! うん、例え話!」

純「ふーん。そうだなあ……家と学校以外なら、スタジオとか公園とか? 音のこと気になるなら都会じゃなかなかねえ」

憂「あれ? けどエレキギターってヘッドフォンつけての練習もできるよね」

純「んー、梓の言うギターってエレキだよね?」

梓「うん」

純「だったら自分の部屋使って練習もできるはずだけど……そもそも家でも学校でも練習できないって、どういう理由?」

梓「さ、さあ?」

純「さあって……梓の考えた例え話でしょ?」

梓「そこまで深く考えてなかったから……」

純「なんだそりゃ」

憂「あ! カラオケボックスとかどう?」

梓「……それって店の人許してくれるのかな」

憂「どうだろー」

純「結局、楽器って練習場所に困るもんだよねえ」

梓「まあ、音が出るものだし……」

純「トランペットとか、防音設備ないとちゃんと音出せないからね。ジャズ研の子も外で練習できないって困ってたなー」

憂「お姉ちゃんは家でできるから安心だね」

梓(なかなか場所ってないなあ……けど、カラオケボックスは今度提案してみようかな)



7