律「よーし、梓も戻ってきたし、帰るか」

唯「帰りに肉まん買って帰りたいなー」

澪「春になっても肉まんって売ってるのか?」

紬「わあ、私はピザまんっていうのを食べてみたい」

梓「あ、あの!」

律「どした?」

梓「私、さわ子先生とのお話がまだ済んでなくて、今から職員室に行かなくちゃいけないんです」

澪「お話って……もうすぐ下校時間だぞ?」

梓「先生がついてるからそれは気にしなくていいらしいです」

唯「あずにゃん、叱られてるのー?」

梓「違いますよ。その……音楽活動に関するお話みたいなものです」

澪「だったら私たちにも関係あるんじゃないのか?」

梓「い、いえ。これは私個人の話ですので」

律「ふーん、音楽活動ねえ。CDデビューでもするのか?」

唯「すごいねあずにゃん! オリコン1位狙うの?」

梓「そういうのじゃなくて、練習関係のお話です!」

紬「だったらなおさら私たちもいた方がいいんじゃない?」

梓「あう……だ、大丈夫ですから! 先輩たちは先に帰っていただいて結構です!」

ダダダダダ!


唯「ありゃ、行っちゃった」




――帰り道

律「梓の奴、なーんか変だったな」

澪「挙動不審だった」

紬「何か隠し事かしら」

唯「えー、あずにゃんが? あずにゃんはそんな悪い子じゃありません!」

律「いやいや、案外私たちと別れた後、どっかで男と待ち合わせしてたりとか」

澪「それはさすがに……」

紬「あるのかしら?」

唯「あずにゃんの浮気者ー」

律「まあ、梓って男慣れしてない感じだからな。男と待ち合わせって線は薄いな」




――学校

梓(ちょっと強引すぎたかな……もう少しうまい言い訳を考えておかないといけないなあ)

ガラ

梓「さわ子先生、来ましたよ」

さわ子「あ、ちょうど良かったわ。もうすぐ彼も到着するらしいから、梓ちゃんは校内を1度見回ってくれる?」

梓「はい、分かりました」

さわ子「終わったら部室に直接来てちょうだい」



――校舎内 廊下

梓(うぅ、やっぱり夜の学校ってちょっと怖いなあ)

梓(今はまだ太陽が沈みきってないからいいけど)

梓(あんまり帰りは1人になりたくないなあ)

タタタタ

梓(うん、校舎の中には誰もいないかな)

梓(守衛さんの見回りはもう少し後らしいし)

梓(体育館は……あ、先生と生徒かな。校門の方に向かってく)

梓(うん、多分校舎の中は大丈夫)



――部室

梓(うわ、やっぱりばれないために電気は点けないんだ。暗いよ……)

梓「こ、こんばんはー」

さわ子「あ、来たわね」

○○「こんばんは、中野さん」ペコリ

梓「○○さん、こんばんは。お久しぶりです」ペコリ

○○「と言っても、3日ぐらいしか経ってませんけどね」

梓「そうですね。あ、もうギターを出してたんですか」

梓(○○さんのギター……暗くてよく見えないけど)

梓(多分、リッケンバッカーだ。シリーズまではちょっと分からないかな)

梓(うん、ロゴもあるし、カッタウェイも大きい。間違いない)

梓(絵になってるなあ……身長高いし、黒いボディが映えてる)

○○「よし、チューニングも終わりっと」

さわ子「梓ちゃん、扉はちゃんと閉まってる?」

梓「はい、大丈夫です」

さわ子「じゃ、○○君は適当に練習しときなさい。アンプはなるべくつけないこと。私は梓ちゃんと遊んでおくから」

梓「え、ええ!?」

○○「ははは、ではお言葉に甘えて」

ジャン♪

梓「あっ……」

梓(弾き出しの音がやっぱり優しい……私とも唯先輩とも違う弾き方だなあ)

ジャン♪ ジャカ♪

梓(リッケンバッカーの音って独特……高音がよく出てて)

ジャン♪ ジャカ♪

梓「……」ジーッ

さわ子(梓ちゃん、集中してるわねえ。いじり倒せる雰囲気じゃないわね)

梓「……」ジーッ

さわ子(そんなに彼のこと凝視して……ふふふ、それでもちょっかいかけるのが私なんだけど)

プニュ

梓「うに! さ、さわ子先生?」

さわ子「梓ちゃんのほっぺたは柔らかいわねえ」プニプニ

梓「いきなり何を! わっ!」

ムニムニ

ジャン♪ ジャカ♪

○○「ふぅ……ちょっと休憩。って、何してるんですか?」

さわ子「梓ちゃんと遊んでるの」

梓「先生に遊ばれてるんです」

○○「はあ。仲が良いんですね」

梓「これはただいじめられてるだけです! ほら今もひょうやってひょっへはは」

さわ子「ふふふふ、ほっぺたが伸びるわー」うにょーん

梓「うにゃー!」

○○「先生が楽しそうで何よりです」

梓「と、ところで今○○さんが弾いてた曲って」

○○「これですか? スコア見ます?」

梓「はい、って、○○さん、前から気になってたんですが」

○○「なんでしょうか」

梓「○○さんが先輩なんですから、敬語を使わなくてもいいですよ。というより、年下に敬語って変だと思います」

○○「……そうですか?」

梓「なんだか違和感です」

○○「……そっか。分かった。これでいいかな?」

梓「はい!」


梓「んー、この曲……」

○○「ただの練習曲だよ。オリジナルの」

梓「え? ○○さんって作曲もするんですか?」

○○「いや、これは知り合いの人から貰っただけ。練習に使ってくれってね」

梓「へえ……確かに、運指の練習にはいいかも。難しいコード移行もあるし……」

○○「最初にこれを弾いて指を温めた後、普通の曲を練習するってわけ」

梓「じゃあ、次は何の曲を?」

○○「んー、適当にスコア持ってきたんだけど……」ガサゴソ

梓「色々ありますね。あ、ビートルズ」

さわ子「たまにはバラードもいいんじゃない?」

○○「エレキでバラードですか。まあ、できないこともないですけど」

梓「アコギの方が雰囲気出そうですけどね」

○○「暗い中でバラード弾いてると悲しくなりそうだ、っゴホッ! ゴホッ!」

梓「だ、大丈夫ですか?」

梓(○○さんってよく咳してるけど、風邪かな?)

梓「体調悪いんですか?」

○○「いやー、ちょっと前に風邪引いてね。風邪自体は治ったけど咳だけが止まらなくって」

梓「病院に行って診てもらった方がいいですよ」

○○「……ん、だね」

さわ子「……」



――1時間後

さわ子「そろそろ時間よ。片付けなさい」

○○「あ、はい。ゴホッ! ゴホッ!」

さわ子「ほら、お茶よ」

○○「ありがとうございます」

梓「風邪の後なら喉は乾燥させないようにしましょうね」

○○「ん、ありがと」



――後片付け後

さわ子「もう8時ね。梓ちゃん、車で送っていこうか?」

梓「いえ、大丈夫です。このぐらいの時間なら全然」

さわ子「けど、夜に1人で帰るのもねえ……○○君も車で送ってあげるから、もう1人増えても大丈夫よ?」

梓「え? ○○さんもですか?」

さわ子「ええ。大人として当然の義務ですから」

梓「……」

梓「分かりました。お願いします」

○○「準備できました」

さわ子「じゃ、いきましょう」



6