澪「ほ、ホントにこれ履くのか!?///」

紬「全員分用意したわ」 

唯「うわ~、丸見えだぁ~」 

律「なんか履いてないみたいだな///」 

紬「下はコレ一枚だけだから」 

澪「へ?」

紬「見せないと意味ないでしょ?」

澪「見せ、え?」

紬「HTTなんだから当然よ」 

唯「あ~、りっちゃんハミ毛~」

律「唯はいいなぁ、無毛恥帯で」 

唯「憂がね、毎日一本一本抜いてくれてるの~」 

澪「なぁ、なんで下はコレ一枚なんだ?」

紬「あら、他に履いてたらケツドラムができないじゃない」

澪「ケツドラム?」

紬「3人でりっちゃんの前に並ぶの、orz←こんな感じで」

律「爽快な眺めだな」 

紬「で、りっちゃんが私達のおしりを叩くのよ」 

澪「でも私達の演奏はどうするんだ?」 

紬「ケツドラムには必要ないわ」 

唯「歌は~?」 

紬「ケツドラムには必要ないわ」 

律「他の曲は」

紬「KHN」



律「よし唯、ちょっと叩かせろ」

唯「はい、りっちゃん」orz

律「よっしゃ、叩くぞ~!」ペシペシバシバシ

唯「痛い痛い痛い!!りっちゃん痛い!!」。゚orz

律「ん~、こりゃスティックでは叩けないな……」 

紬「そうね、スティックは穴にでも入れといてちょうだい」 

律「こうか」ズブ 

唯「アッー」orz-

律「もう一本は……あ、ここか」ズブ 

唯「ん……憂のより細いからあんまり気持ち良くないね」orz= 

紬「じゃあ手で叩いてみてちょうだい」 

律「よし、んじゃいくぞ唯」

唯「ばっちこーい」orz= 

律「よっしゃー」ペチンペチンペチンペチンズブブブブブ


唯「あっ!長さは憂のより長い!!」orz=



ペチンペチンペチンペチンペッチーン

律「ふぅ……なかなかいけるな」 

紬「素晴らしいわ、りっちゃん」 

唯「おしり真っ赤だよ~」orz= 

紬「それは慣れよ。もっと練習すればおしりの皮が厚くなって痛くなくなるわ」 

唯「そっか!ギターと一緒なんだね!」orz= 

律「あ、スティック抜かなきゃな」ズニュ

唯「あふぅ」



律「よし、じゃあ今度は澪!」 

澪「や、優しく頼むぞ///」orz

律「うほぉ、ビューティフル」ズブ 

澪「アッー」orz-


澪「ちょっ、ちょっと待て律!!」orz-

律「なんだよ」サワサワ 

澪「そのスティックさっき唯に入れたやつだろ!!」orz- 

律「あ、そういえば」 

澪「ちゃんと洗ってから入れろよ!!」orz- 

律「うるちゃい」ズブ 

澪「ひぎぃ!」orz< 

唯「お~、一穴に二本挿し」

紬「さすがりっちゃんね」


澪「りつぅぅぅぅぅぅ!!!」orz<

律「んだよ」サワサワ

澪「だからそれもさっき唯に入れたやつだろォォ!!!」orz<

律「わかったわかった、澪用に新しいスティック用意するよ」サワサワ

澪「全く……ちゃんと考えてから行動しろよ」orz<

律「わかったわかった。よし、叩くぞ~」サワサワ

澪「や、優しくな?」orz< 

律「って事は強めだな、よし!!」ベチン!ベチン!ベチン!ベチン!クルクルクルクル 

澪「痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!」。゚`orz$

唯「すごい!スティックが風車みたいに回ってる!」

紬「さすがりっちゃんね」



澪「……」_o_v_ チーン

律「あちゃ~、やり過ぎたか」 

唯「澪ちゃん、ぐったりしてるね」 

紬「大丈夫、練習すれば大丈夫」 

律「でも澪のケツドラムはさすがだな、音が違う」 

紬「唯ちゃんより肉厚な分、濃厚なハーモニーを奏でることができるのね」 

唯「澪ちゃんすごーい!」 

澪「……」_o_v_ 

律「あ、スティック抜かなきゃな」ズニュ 

澪「……」_o_、_

律「あ、血、きたねぇ」フキフキ



紬「最後は私ね♪」orz

律「なんか楽しそうだな」 

紬「私ケツドラムされるのが夢だったの~♪」orz 

唯「ムギちゃん……」グスッ

紬「みんなに会えてホントによかったわ」orz

律「よし!ムギの夢を叶えるぞぉ!!」 

唯「夢が叶うよ!やったねムギちゃん!!」

紬「あ、ちょっと待って。……はい、これ使って」 

律「おぉ!ムギ専用のスティックか!」 

唯「すご~い!長~い!」

紬「フランス製なのよ。じゃあ、お願いします♪」orz 

律「よっしゃ~!!」ズブブブ 

紬「アッー」orzー

律「……しかし  ……白い!なんて白さなんだ!私はこれを叩くのか!?」

紬「叩いて♪りっちゃん♪」orzー 

律「あぁ……なんかいい匂いもするし……たまらん」クンカクンカ

紬「もぉ、りっちゃんたら///」orzー 

律「よし、これはソフトな感じだな」サワサワ 

紬「ダメよ、りっちゃん」orzー

律「え?」チュパチュパ 

紬「それじゃケツドラムじゃないわ、澪ちゃんより激しくしてちょうだい」orzー 

律「で、でも……こんな美しいケツドラムを私……」

唯「ねぇ、澪ちゃんが動かないよぉ」

紬「お願いりっちゃん、私の夢を叶えて」orzー 

律「……よし、わかったぜムギ!!覚悟しろよ!!」

紬「はい♪」orzー


律「うりゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ダシッ!!ダシッ!!ダシッ!!ダシッ!! 

紬「あぁ!!いい!!すごくいいわ!!りっちゃん!!」orzー

律「ぬおりゃぁぁぁああああああ!!!!!!!もう一本くらえぇえぇぇい!!!!!!」グリグリグリグリズボボボボ 

唯「わぁ!?最初のスティックがムギちゃんの中に消えた!!!」

紬「ぐおるるるるるるぐぇぁぁぁぁ」-orzー

唯「口から最初のスティックがちょっと出てきた!!」 

律「すごい!!すごい!!ムギのケツドラムすごい!!!」ダシンッ!!ダシンッ!!ダシンッ!!ダシンッ!!ダシンッ!!




────────────────
─────────
────


   _o_、_    -orzー   


&  チョットヤリスギタナ…… 

&  ソウダネ リッチャン……

&  フタリトモ ウゴカナイナ…… 

&  ソウダネ リッチャン……

&  Tバック イミナカッタナ……
&  ソウダネ リッチャン……

&  ブンカサイ、ガンバロウナ……

&  ソウダネ リッチャン……




文化祭当日

律「いよいよこの時がきたな!!」 

澪「あれからいろいろ大変だったな……」

唯「二人とも全く動かないから死んだかと思ったよ!」 

紬MK-Ⅱ「アラアラ、マダマダシネナイワヨ」 

唯「うん!そうだよねムギちゃんMK-Ⅱ!!」

律「さぁ、私達のケツドラムのすごさを見せつけてやろうぜ!!」 

唯澪紬MK-Ⅱ「おぉ!!!(オォ)」

司会「次は放課後ティーバックによる演奏です」

ワー ワー パチパチパチ  ワー ワー  パチパチパチ 



   orz=" 、
   orz<" -8 ウリャァァァ
  -OrZ―"




梓「え、なんだあれ」

                   -完ー