律「えっ」

澪「……(やばっ…)」

律「……な、なぁ澪これって私達目ぇつけられたのか?」ヒソッ

澪「た、達をつけるな達を!睨んだのはお前なんだからお前だけだっ!」ヒソソ

律「えぇっ!?私と澪は一心同体だから私が目ぇつけられたなら澪もだろぉお~」

澪「し、知るか!栄えある高校生活初日から面倒事に巻き込まれてたまるか、
  お前一人で背負えよ!一人で潰れていってくれ律っ!!!」



唯「……おいツリ目」

澪「え゛ッ!?」

唯「お前なんかムカつくな。雰囲気がムカつくわ。放課後校舎裏こいな」

律「プフハwおい澪お前じゃねーかよ目ぇ付けられてたのw
  私に面倒ごと押し付けんなよな~w」

律「お前も一緒に決まってンだろうが、デコッ!!!!」バンッ!

律「ひ…!」



――――

澪「……うぅ…今朝の事考えてたらあっという間に放課後になってしまった……」

律「んんんぁあああ~、よっしクラブ見学行くか~!」

澪「お…おい、校舎裏に呼ばれてたろ……」

律「え?あっ……ど、どうする?行くのか?」

澪「……ここでスルーしたら何倍にもなって返ってきそうじゃん……大人しく行っとこうよ…」

澪「だ、大丈夫だよ出会い頭ソッコーで土下座すれば……」

律「えぇ~…デコが汚れる…」

澪「んなこと言ってる場合かっ!大体誰のせいでこんなことになったと思ってるんだよ!!」

律「……でも私がニラまなくても澪は雰囲気でムカつかれてたから……」

澪「」

澪「とりあえず行っとこうよぉおお不安なんだよぉお」

律「わ、わかったわかったよ、行こう…ソッコーでスイマセンしたぁっ!って謝ろう」




唯「……」


澪「うわ、仁王立ちして待ってるし……うぅ…」

律「……い、行こう」ザッ


唯「!! 貴様らッ、おせェーだろうがよォーッ!!!えぇあぁ~ッ!!?!?」

澪「ひ…!!」ビクッ

律「す、す、すいませんでしたぁっ!!」バッ

唯「あぁン!?謝って済むと思ってンじゃねぇーーーーっつーんだよッ!ダボハゼがぁっ!!!」

澪「ひぃあ!」

律「すんませんすんませんすんませんすんませんすんまそん あっ!!」

唯「……オメ、今すんまそんっつったよなァっ。えぇ?おッ!?ナメてんのか!?」

律「ひ…!そ、そんなことはぁっ……!」

「おい随分威勢のイイ新入生じゃねーの」

澪律「!!?」


唯「な…なんだよお前……」

女「この学校の番張らしてもらってるモンだよ。おめ誰に断ってこんな事しとるの?」

唯「……な、なんだよ…」

澪「ひぃいい(また怖いのが…段違いに怖いよおお)」

律「……なぁ澪」ヒソッ

澪「な、なん なんだよ律…こんな時にっ…」

律「あ、あの私ら呼び出した方さ……明らかビビってね?」ヒソッ

唯「」ピクッ

澪「え?あ……確かになんか縮こまってるかも……」

律「…なぁ、ホントはあいつ弱いんじゃねーの?」ヒソッ

唯「……」

女「おぃコラ。何黙っとんじゃ黙っとってもなんも解決せんぞ」

唯「……」

律「ほ、ホラやっぱビビってんじゃんっ。だっせぇー…」

唯「!!」

唯「…おっ……」

女「お?」

唯「おめぇー調子に乗ってンぢゃねぇええええーーーよッ!!!!」ダッ

澪「あっ!行ったっ!!!」

女「うるせガキャっ!!」バキィ!

唯「はぶぁっ!?」

律「やられたっ!!!」

唯「あぅ……ぅうあ…」ボタボタ

律「鼻血くっそ出てんじゃんwよええww」

澪「い、一発だな……」

女「おいさっきまでの威勢はどしたコラ」ザッ

唯「ひ…ご、ごぇんなひゃい…ゆるひて……」シクシク

女「……なんじゃお前…クズやの……殴る気も失せたわ。じゃあの」



唯「…うぅう……ひっく……」グスングスン

律「あちゃ~…」

澪「ど、どうする律……」

唯「……な、何見てん…だよぉ……」グスンスン

律「ま、まぁこういうの自業自得っていうんだよな。行こうぜ澪」

澪「でもなんかかわいそうじゃないか…?」

「お姉ちゃ~ん!」

律澪「!?」

唯「! う、うぃい~……グス…」

憂「お姉ちゃん!どうしたの、鼻血出てるじゃない!あ、あなた達がやったんですかっ!?」

律「え!?誤解だ誤解っ!」

澪「む、むしろ私達は被害者だ!!」

憂「え?」

唯「…グズ……ぅうういい~っ……」

憂「……詳しい話を聞かせてもらえませんか?」

律「え……」

澪「う、うん…いいよ」

律「おい澪っ、めんどくさいよ」

澪「律お前なぁ……」

憂「それで、何があったんですか?」

澪「実は……」




澪「……というわけなんだ」

律「そ。完全にその子一人の空回り舞台だったってわけ」

憂「そうだったんですか……」

唯「……グス…いたいよぉ……」

憂「じ、実はおね……姉は、中学時代いじめられてたんです」

律「えっ」

澪「そ、そうなのか」

憂「それでその…高校ではバカにされたくないって思ってたらしくて…
  今朝家を出る時も私に『うい!お姉ちゃん高校で新しく生まれ変わるからね!』って…」

憂「期待しててね!って…そういって出て行ったんです……お姉ちゃん、
  中学時代はいじめの事で私に『心配かけてごめんね』っていつも謝ってて…」

律「……」


憂「お姉ちゃん、痛かったね。もう大丈夫だよ…私がついてるから心配しないで」

唯「うぅう~…ヒグ……ごめんうぃい…私変われなかったよぉ……またおんなじだよぉおお~」グスン

澪「……」

律「…ひ、平沢さん……だっけ?」

憂「?」

律「あ、お姉さんの方」

唯「……な、なんだよお」

憂「お姉ちゃん!」

唯「う、ごめんうい……な、なんですか…」

律「良かったら軽音部に入らないか?」

唯「えっ」

澪「律……」

律「私達今部員探しててさ。どうせだったら楽しいメンバーでやりたいじゃん?」

律「平沢さんどうかな。きっとすっごく楽しいと思うよ。
  楽しい部活に入って高校生活も楽しくしちゃおうよ」

唯「グズ……で、でも私……」

澪「も、もう私ら気にしてないよ。
  色々事情があったんだって分かったし。どうかな?平沢さん」

憂「お姉ちゃん…」

唯「……は、はいる……」

憂「! お姉ちゃん…!」

律「そうか!はは、よかった~!これからよろしくな、平沢さん!!」

澪「あぁ、よろしく!」

唯「……ゆぃ…」

律「え?」

唯「…私のなまえ……唯っていうの…唯って呼んで……」

律「あぁ分かったよ!唯!」

澪「ゆっ……唯//」

唯「えへへ、よろしくね……」

律「あ…私は律。田井中律。で、こっちは…」

澪「澪だよ。秋山澪」

唯「りっちゃんに…みおちゃんだね!えへへ…」

憂「お姉ちゃんよかったね。お二人ともありがとうございます、姉をよろしくお願いします!」




  • 完-