唯「きょうから こうこうせいです」

和「唯、どの部活に入るか決めたの?」

唯「けいおんぶが いいです」

和「軽音部?何で?」

唯「かるい おんがく だからです」

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯「せいとかいは にねんせいに なってからです」

和「そうなんだ、じゃあ私先に帰るね。また明日」

唯「和ちゃん さようなら」




律「ん?ウチの部室で何してるの」

律「あっ、もしかして入部希望の平沢唯さん!?」

律「ギターがすっごく上手いんだよね!待ってたんだよ!」

唯「それは べつじんです」

律「細かい事はいいから入った入った!早速部員を紹介してあげるからさっ」




律「新入部員連れてきたぞーっ!」

澪「本当かっ!?」

紬「軽音部にようこそ平沢さん!待ってたのよ!」

唯「まどれーぬおいしいです」

律「ってもうお菓子食べてるし…どこから見つけてきたんだ?」

澪「平沢さんって、ギターにボーカルができるって聞いたけど本当?」

唯「それは すすむです」

律「えっ、じゃあやっぱり楽器できないの?」

唯「はーもにかが できます」

律「ここにあるから吹いて見せてよ」

唯「うそです」


澪「楽器ができないって言っても、音楽に興味があるからここにきたんでしょ」

唯「こうちゃおいしいです」

紬「平沢さん、それは天つゆよ」

律「とにかく一回私達の演奏聞いていってよ。入部するかどうかはそれから決めてみない?」

唯「えんそう とてもたのしみです」

澪「よし、じゃあやるか」

律「へへっ、じゃあいくぜ!ワンツースリーフォーワンツー!」


じゃーん


澪「…ふぅ」

律「ど、どうだった?」

唯「」

紬「平沢さん?」


唯「先の演奏を聞いて私は様々な感想を抱く、しかし言葉にするのは容易い事ではない。またそれは表現するにはあまりにも滑稽であり、私如きが姿形にすることは許されないだろう。なので私は幾多の感情からこの言葉だけを発言する」

唯「下手」

律「ばっさりだー」



唯「でも かんどうしました」

唯「わたしは けいおんぶに はいります」

律「本当!?」

澪「ありがとう!これから一緒に頑張ろうねっ!」

唯「わたしは やればできるこです」

紬「お菓子やお茶は私が持ってくるから、楽しい部活にしましょうね」

唯「おしんこ おいしいです」

律「平沢さん、それはムギの眉毛だ」




すうじつご

唯「ぎたーを かいました」

澪「これで練習ができるな」

律「唯、何か弾いてみてくれよ」

唯「ちゃるめら たのしいです」

澪「おいおい、まだギター持ち始めて数日しか経ってないから幾らなんでも無理だろ」

律「あー、そういえばそっかー」

紬「おちゃが はいりました」

律「よっしゃー!休憩休憩~」

澪「こらっ!まだ練習始めてもないだろっ!」

律「腹が減っては練習はできないのですよ澪しゃん♪」

澪「あっこら!ひっつくな!」

唯「おれんじぺこ おいしいです」

紬「それは みりんです」




唯「ただいま かえりました」

憂「おねえちゃん おかえりなさい」

唯「きょうのごはんは なんですか」

憂「わ た し で す」

唯「貴女の身を捧げる勇気は高く評価したいと思う。しかし今はまだその時ではない。理想を現実にするためにはそれ相応の過程が必要であり、今の私にはそれを承る程の称号を残してはいないのである。」

唯「私が貴女を授かるに事に値しない、ただそれだけを貴女に理解して欲しいと私は切に願う」

憂「私は愚かだ。自分の願望を切実に叶えたいと願うばかりに、私の中の心宇宙(ハート・スペース)を見失っていた」

憂「不届きな妹を、どうか許して欲しい」

唯「私は許そう。そして貴女の願望がいつの日か現実になる事を心から願おう。この地球に君臨する数々の神に誓って。」



唯「きょうの ごはんは なんですか」

憂「きょうの ごはんは はんばーぐです」




すうじつご

澪「がっしゅくを やりましょう」

律「マジで!?山!?それとも海!?」

澪「あそびに いくのでは ありません」

澪「あさから ばんまで れんしゅうです」

唯「わたしは うみがいいです」

澪「それは きいてません」

律「でもさ、合宿するって言ってもどこに泊まるの?スタジオ付きの旅館とかあるのか?」

澪「」

律「ははーん、さては何も考えてなかったな?」

澪「ふかく でした」

澪「べっそうを もってるひとは いませんか」

紬「わたしです」

唯「うそです」

紬「ほんとうです」




がっしゅくのひ

律「きゃっほーい遊ぶぞーっ!」

澪「こらぁ!練習が先だーっ!」

唯「澪ちゃんも早くおいでよ~!うみがとっても綺麗だよ~」

澪「うっ、う~…」

紬「わたしも あそびたいです」

澪「裏切り者がいたっ!?」

律「あははー」

唯「あははー」

紬「あははー」


澪「…わ、私も遊びに行く~!」




すうじつご

唯「がっしゅくが おわりました」

紬「そろそろ文化祭だね。私達も演奏頑張りましょう」

律「そういえばまだ演奏する曲とか決めてないよな?どうするんだ澪?」

澪「わたしのかんがえた ぶんかさいのきょくです」

律「…うっわー、こりゃすごいな。見てるだけで肌寒いよ」

澪「ふかく きずつ きました もう たちな おれませ ん」

唯「こーひーおいしいです」

紬「唯ちゃん、それはイカ墨よ」


がらっ


さわ子「はなしは きかせてもらいました」

律「あっ!話には全然出てなかったけど軽音部の顧問さわちゃん先生!」



律「うーん、もう新しく作曲する時間もないし取り敢えずこの曲でいくか」

澪「かんどう しました」

律「それじゃあ澪がボーカルでいいよな?作者だし歌に対しての感情とかも出しやすいだろ」

澪「き が くるっと る」

澪「わたしは うたいません」

律「なんと」

唯「ぼーかる やりたいです」

律「えっ?唯もやりたいの?」

唯「わたしは できるこ? です」

律「うーん…澪はあんな感じだし、まぁ唯でいっか」

さわ子「くっきーおいしいです」

紬「それははなくそです」

さわ子「おげぇらべらべらwwwwwwwwあばばっばっばwwwwぶうぇえwwww」



2