憂「お姉ちゃんそれ100in1って書いてあるよ」



唯「本当だ!本体買うだけでゲームが100個も出来るなんて凄いねぇ、流石世界のソニーだよ!」

憂「AIWAって書いてあるよ?」

唯「あ・・・AIWAはソニーの子会社だよ!!セーフだよ!ギリギリセーフだよ・・・」

憂「よく見るとAIWAの前に小さいnが・・・」

唯「と、、とりあえずスイッチオン!!」

VITA「ブィィィン!・・・・・ピーッピッコーピー♪ピピッピップーポーーパパパパ~♪」

唯「・・・・・・・」

憂「お姉ちゃんこれいくらで買ったの?」

唯「8800円」

憂「何処で買ったの?」

唯「校門の横に座ってたおじさん」

憂「・・・とりあえずゲームやってみようよ」

唯「わかった、じゃあこのMARIOって書いてあるやつ」

VITA「デデッデッデデッデ!ッデ!ツッツクツッツクツッツク」

憂「レトロだね・・・」

唯「・・・わかった、本体に入ってるゲームはおまけなんだよ!なんかソフト買ってきます!」

憂「待って!その前に説明書読もうよ」

唯「そっかぁ、えーっと説明書説明書・・・これかな」

憂「え!紙一枚?」

唯「漢字ばっかりで読めないよ~」

憂「これ中国語・・・」

唯「やっぱりソフト買ってくる!」

憂「まって!本体よく見せて」

唯「はい」

憂「これソフト差し込むような所がないよ」

唯「ここは?」パカッ

憂「電池だね・・・」

唯「単三だね・・・」



ピンポーン

唯「あ、誰か来た」

律「遊びに来たぞー!」

唯「りっちゃ~ん!」

律「ジャーン!これなーんだ!!」

憂「あっ・・・!!」

唯「PS VITA!!(私のとちょっと違う・・・)」

律「へへっ買っちったー」

唯「あ!300in1って書いてある!!私のは100in1なのに!!」

律「ん?なんだ唯も買ったのか?ちぇっ、自慢してやろうとわざわざ持ってきたのに」

憂「・・・・・」


VITA「ブィィィン!・・・・・ピーッピッコーピー♪ピピッピップーポーーパパパパ~♪」

唯「画面は同じだ!何処でかったの?」

律「電気屋の横に座ってたおっさん、17000円ぐらいだったかなー」

唯「ずるい!私のは100なのに8800円だよ!50ぐらい足りないよ!」

律「あーもう!どうせ本体に入ってるゲームなんてオマケみたいなもんだろ?」

唯「あ、そうだ。これソフト入れる穴が無いんだよね~」

律「え?あるぞここに」

唯「やっぱり高いだけの事はあるよ!ちょっと抜き取って見せて!」

律「あー待て!電源OFFにしてからじゃないと壊れるだろ」

カシャ・・・

唯「ただのプラスチックの板にしか見えないね」

律「最新の技術は凄いなー」

唯「ほんとだねー光に透かしても、何処からどう見てもプラスチックの板だねえ」

憂「・・・・・」

唯「これなら私のよりゲームも期待できるよ!」

律「とりあえずなんかやってみっか」

VITA「ブィィィン!・・・・・ピーッピッコーピー♪ピピッピップーポーーパパパパ~♪」

唯「ここまでは同じ、本番はこれからだよ!」

憂「ちょっと私お買い物言ってくるからお留守番お願いね~」

唯「はーい」

律「いってらっしゃーい」


律「さあどれからやろうか、300もあるぜ」

唯「さっきはMARIOってやつやったんだよ」

律「フッフッフ、じゃあとりあえず同じゲームで
  3倍の実力の差ってやつを見せ付けてやろうか!」ポチッ

VITA「デデッデッデデッデ!ッデ!ツッツクツッツクツッツク」

唯「同じだね・・・」

律「こりゃまた懐かしい・・・」

唯「大丈夫!まだ299あるよ!!」

律「そうだな、とりあえずリセット・・・
  あれ?リセットボタン無いな。じゃあ一旦電源OFFにしてっと」

唯「あれ、そういえばソフト抜いたままだよ、ほら・・・」

律「あれ・・・おっかしーな、もしかしてこれ・・・」

唯「り、りっちゃん・・・?」

律「・・・・」

唯「・・・・」

律「これはもしかすると、100は本体内蔵でソフトに200入ってるんだな!」

唯「流石りっちゃん!名推理だよ!バッチリ辻褄が合うよ!!」

律「気を取り直して、ソフトをしっかり入れてスイッチオン!!」

VITA「ブィィィン!・・・・・ピーッピッコーピー♪ピピッピップーポーーパパパパ~♪」

唯「りっちゃん先生!私の推理ではゲームの名前の前にあるナンバーが
  100以上の物がソフトに入っている新しいゲームかと!」

律「なるほどそういう事か!」

唯「ナンバー300行って見ましょう!」

律「・・・・・」

唯「・・・・・」

律「画面切り替わるの時間かかるな」

唯「ボタン押すの疲れたら交代するよ300まで頑張ろう!」


ピンポーン

唯「はーい、あ澪ちゃん!りっちゃんも来てるよ!」

澪「ああ、唯んちに行くってメール来たからな」

唯「ささっ、上がって上がって」

澪「おじゃましまーす」

律「おー澪ー来たかー」

澪「さっそく自慢してるのか」

律「それが唯も買っててさ~」

唯「あれ、画面動いてないよ?」

律「・・・こりゃ完全にフリーズしてんなー」

唯「万事休す!!!」

澪「実は私も来る途中買ってきたんだけど・・・」

律「おおっ!絶対絶命のピンチに颯爽と登場するスーパーヒーロー!!」

唯「澪ちゃんこそこの物語の主人公!最後の希望だよ!!」

澪「律を悔しがらせようと思ってたのに何で頼られてるんだ・・・」

唯「因みにお値段はいかほどで・・・?」

澪「ん?24800円だろ?」

律「高っ!!」

唯「澪ちゃんぼったくられてるよ!」

澪「えっ!まさかそんな事ないだろ・・」

律「ま、まあとりあえず開けてみようぜ」

唯「私のと律ちゃんのはちょっと似てるけどこれはまただいぶ違うね・・・」

律「妙にスタイリッシュなデザインですな・・・」

唯「ボタンも沢山ありますなぁ・・・」

律「見れば見るほど違いますなあ」

澪「お、おい・・・なんだよ・・・やめろよ・・・不安になってきただろ!」



2