中野家 洗面所

梓「あー…眠い」シャコシャコシャコ

梓「…うえっ、おえっ」

梓「…ふー」

梓「がらがらがらがら」

梓「ぺぇぇぇっ!!」

梓「さて、髪セットして早く学校…」

梓「……ん?」

梓「あれ?鏡にうつった私…」

梓「そんな!馬鹿な!」

梓「私がこんなに可愛いわけがない!!」




学校

梓(どういう事だろう…。なんであんなに可愛く見えたんだろう…)

梓「私なんてせいぜい上の中くらいのはずなのに…」ブツブツ

純「おはよー梓。なにブツブツ言ってんの?」

梓「あ、純。おはよう」

憂「純ちゃんおはよう。梓ちゃんさっきからずっとこの調子なんだよ」

純「ははーん、何か悩み事でもあるんだね?」ナデナデ

梓「撫でないでよもー」

純「梓見るとつい撫でたくなっちゃうんだよねー」

憂「梓ちゃん可愛いもんね」

梓「」ピク

梓(そうか…。なんだ、何のことは無い。そういうことだったんだ)

梓(私って実はめちゃくちゃ可愛い子だったんだ)


純「ほらほら、悩みがあるなら私達に言ってみなさい」ナデナデ

憂「相談に乗るよ?」

梓「大丈夫。もう解決したから」

純「えー?つまんない」ナデナデ

憂「解決して良かった~」

梓(ふ…ふふ…ふふふふ…)ニヤニヤ




昼休み

純「おーっ!?幻のゴールデンチョコパン!やった!今日はついてる!」

憂「記念撮影記念撮影!」

純「ふっふっふ!予告ホームランのポーズ!」キメ

憂「純ちゃんかわいー♪」

梓「……あ?」ピク


憂「ん、梓ちゃんどうしたの?」

純「花巻市鬼の館のお面みたいな顔してるよ?」

梓「あー…えぇ~?純ってそんなに可愛いかなぁ?」

純「へ?」

憂「え?純ちゃん可愛いよ~?」

梓「ふーん?いや、でもさぁ…」

梓(いや、待て私。純なんてどう贔屓目に見ても中の上。既に上の上々に位置する私が口を挟むなんて大人気ないよね)

梓「あ、あー…可愛いよね純は。掃除用具みたいで可愛いと思うよ」ニキキ

純「あ、ありがとう…」




教室

梓純憂「いただきまーす」

純「でもさー、ぶっちゃけゴールデンチョコパンって味は微妙だよね」モグモグ

憂「そうかな?私は美味しいと思うよ~」モグモグ

純「梓の弁当の方が美味しそうだなあ」ジー

梓(そうとも…。純なんて既に私とは天と地ほどの差があるんだ)チュー

梓(大体、純の事可愛いなんてふざけた事言ってるのは…)チュー

憂「パンおいしい~♪」モグモグ

梓(パンの味もろくにわからない憂だけじゃん。こんな子に可愛い可愛くないの審美眼があるわけないじゃん)チュー

純「梓ー、そのいちごミルク一口ちょーだい」

梓「やだ」チュー

純「ちぇ」


梓(フン。なんで私が下位ランクの子に献上しなきゃいけないのよ。純なんて低脂肪牛乳で十分じゃん)チュー

梓(あ、モップに牛乳あげたら臭くなっちゃうか)

梓「ぶふぉwwwww」ブーッ

純「うわっ!汚っ!?」

憂「あ、梓ちゃんどうしたの?」

梓「ひwwwwひーwwwwげほげほ…わ、笑わせないでよ純wwww」ゲホゴホ

純憂「……?」

梓(ふふふ…。全く、本当に不憫だなぁ純は…プスス…)フキフキ

純「はい、ティッシュ」

梓「ありがと」フキフキ

梓(憂しか可愛いって言ってくれる子がいないなんて、私だったら自殺するレベルだよ)

梓(そう、純の事を可愛いなんて言ってるのは憂だk……)


唯『純ちゃんかわいー!』ギュム


梓(…)

梓「チッ」

憂「あ…梓ちゃん、私も床拭くの手伝うから…舌打ちなんてしちゃだめだよ…」


梓(そう言えば唯先輩も純の事可愛いって言ってたっけ…)

梓(いや、でもそれはあくまでもあの部分の事だけだったはず)


       _ト、-―ァ'´: ̄ ¨¨'r‐-、
     </: : :/: : : : :ヽ: : l: : : :\ハ_...ィ
      /: /: :.イ/: : !ト 、:l: :|: : :l: /: : : :`丶、_
    /ィ: :/: :/ !|: / リ ∨!:::|: : :|:}//: : : : : く
   /|: : !::|:! ィ|: !: |`ヽ.!イ: :|!: : !{: : : : : : : : :「  ←この部分
     レ: :!: !|  ``丶  /\/! : 八: : : : : : : :rゝ
     ヽヘ | r.ミ  -;= 、 /: :ム:ハ、_: : : |,、ノ
       `'i ,,,`   '´`┘ `'´- } ノ `iv′
        !  ´   ""    _ン′
 .        \ ニゝ   イ¨ヽフ`ヽ-―-、   
 .        丶--<   / /    \
             ノ!`レ' / /      ',
           /  l ´ /  ∨ /     |
 .          |   `''´  .斗‐'´      ハ
            !. \     {  /     / !

梓(結局純はただの掃除用具って事だね。安心安心)

憂「はい!拭き終わったよー梓ちゃん」

純「憂はホントいい子だよねー」

梓「……あ?」ピク


純憂「え?」

梓「あ、いや…う、うん。憂はいい子だよねー」ニキッ

憂「えへへ~」


梓(フ…落ち着け私…。あくまでも、いい子ってだけの話じゃん。『いい子』なんてブスに対するフォローの常套句だし)

梓(大体、憂の事可愛いなんて言ってる人なんてどこにもいないし)

梓(憂かわいそー)プクク


純「ん?何笑ってんの梓?」

梓「いや、別に…」

純「ところで憂。もしかしてまた胸おっきくなった?」ジー

憂「ま、またって…。そんな事ないよー…」サッ


梓(フ…お、落ち着け私…)ニキキ

梓(とりあえず、この三人の中で私が一番可愛いのは疑いようもない事実)

梓(そしてこの三人は二年生の中でも美少女スリートップのはず。なんとなく今そう思った)

梓(つまり、二年生の中では私が一番可愛い)

梓「それもダントツで!!」

純「は?ダントツ?」

憂「何がダントツなの?」

梓「え?あぁ。うん。こっちの話、気にしないで」

純憂「??」

梓(この学年ではもう私がテッペン獲った。でも問題は……)




放課後 音楽室

梓「こんにちは」ガチャ

唯「あずにゃーん!」ギュム

律「遅いぞー梓」

澪「ほら、梓のぶんのケーキとっておいたぞ」

紬「今お茶淹れるね」

さわ子「ムギちゃん、私おかわりー」

唯律澪紬さわ子「キャイキャイ」




梓(くっ…!問題はこの美少女軍団…!)ピキキ




2