紬「それで梓ちゃん、私のスレはどうかしら?」

梓「え、えっーと、そうですね…正直、伸びるかどうかって言われると、それほど伸びないと思います。」

紬「あら、そうなの…」

梓「1000とか行くようなスレは、パートスレの他は死刑改憲議論スレ、コンマスレ、IDスレとかで」

紬「ふんふん」

梓「あとはすごくインパクトの強いスレとか…むぎ先輩のスレは、まぁ本文に軽くインパクトありますけど…ある意味で…」

紬「2ちゃんねるって難しいのね…勉強になるわ」


紬「あ、でも梓ちゃん見て!18さんがとてもいいこと言ってるわ!」

梓「え…いいことなんですかこれ…」

澪「『澪ちゃんは想像力豊かだしHなことにも…』…ひっ!」

律「お、落ち着け澪!馬鹿な携帯厨が適当なこと言ってるだけだからさ!」

梓「律先輩、携帯だからって見下すのはどうかと思います。」

律「いや、今そんなことはどうでもいいんだよっ」

唯「携帯中~?」

律「あーもう!澪、大丈夫だから!何も心配しなくていいぞ!」

澪「あ、ああ。分かってる。掲示板の書き込みなんてこういうものなんだよな」

紬「…(うふふ、本当に二人は仲いいわね~♪)」

梓「あの、むぎ先輩、よだれ垂れてます。ふいてください。」



・ ・ ・ ・

律「ふぅ…。澪もやっと落ち着いたか。」

澪「…もう大丈夫だ。」

律「今までのところ…あたしのスレが61、梓が109、むぎが28レスだな…」

唯「すごいよあずにゃん!」ギュー スリスリ

梓「な!唯先輩…ひっつかないでください~!」

澪「まあ時間差を考えても梓が圧倒的だな…」

律「…で、次は誰が立てるんだ? 澪と唯が残ってるぞ。」

唯「りっちゃん隊長、あずにゃんを超えられる気がまったくしません…!」

澪「そうだな…」

梓「私のスレは…プークスクスwwwwマジレス多すぎwwwwここまで来ればもうあとは勝手に伸びていくですwwww」

澪「…。」

律「もう優勝は梓ってことでいいけどさ、でも一人一個ずつスレ立てようぜ!せっかくだし。」

澪「うーん…」


澪「よし、じゃあ私もむぎみたいに聞きたいこと聞いてみるか」

梓「それでいいと思います!VIPって楽しいですよ。」

澪「梓、やり方教えてくれるか?」

梓「はい!」

澪「えーっと、まずはここを開いて…」

梓「ここにタイトルと、ここに本文をいれて、あとはこの書き込みっていうのをクリックして…」

澪「なんだ、簡単なんだな…」

律「澪はどんなスレ立てるんだー?」

澪「…」 カタカタカタ





放課後ティータイムの曲って実際どう?

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 00:26:11.87 ID:tPbzE+S30

感想を教えてくれ 



律「どれどれ…なんだ、普通だな、澪」

唯「ふ、ふつうだ…ザ・ふつうだ…」

澪「な!い、いいだろ!バンドは評価されて伸びるんだよ!」

梓「…(うーん、みんなちゃんと本気で書き込んでくれるかな…澪先輩はマジレスを求めてるみたいだけど)」


梓「さて、澪先輩のスレにレスがつくのを待ってる間に私のスレを…」

梓「…」

梓「プークスクスwwwwwID真っ赤にして素人が議論してるですwwwww」

澪「なあ、梓にこのスレ見せるのやめないか?」

律「そうだな…」

唯「でもでも、200もレスがついてるってすごいよね!律ちゃんのスレなんてまだ72…」

律「うるさーい!!」

澪「お、私のスレにもレスがついたかな…」

澪「…『CD予約した』『U&Iはうまい作り』『HTT良いよね。』『カレーのちライスはすげー秀逸』」

澪「…す、すごいぞみんな!私たち、ちゃんと世間でも評価されてるみたいだ!」

律「えらいぞ澪、都合の悪いレスはちゃんとスルーできたな!それが正しい2ちゃんの楽しみ方だぜ!」


梓「プークスクスwww全然伸びないスレを立てておいて2ちゃんの楽しみ方を語ってるですwww」

律「なにー!」

唯「あ!でも他にも、いろいろいいこと書いてくれてるよー♪」

澪「うんうん…ちゃんと音楽を理解してくれる人がいるんだな…うんうん…」



律「で、あとは唯だけか」

唯「えー? 私も立てなきゃだめー?」

律「そうだぞ、澪だって立てたんだから…」

唯「うーん…でもどんなスレ立てればいいのかわからないよ」

律「そんなの適当でいいんだよ」

唯「それなら…」


唯「りっちゃん隊長!立てました!http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287503326/



しゃれこうべ

1 :平沢唯:2010/10/20(水) 00:48:46.33 ID:tPbzE+S30

しゃれこうべ? 



律「どれどれ…えっ」

澪「…な、なんだこれ。」

唯「しゃれこうべです!」

律「…」

澪「…」

梓「…伸びませんね、きっと運良く開いてもらったとしても、その瞬間ログ削除されるレベルです」

唯「そ、そんなぁ~!あずにゃん、ちょっと見ないうちに冷たくなったのねっ!」

梓「何を言ってるんですか…っていうか、名前欄に本名書いてどうするんですか!」

唯「名前欄って名前書くところじゃないの~?」

梓「あーもう!それに機種依存文字はちゃんと表示されません!」

唯「あ、あずにゃんが外国語をしゃべっている…」



3